AWS本 - 人気 / 新書 / 高評価 書籍一覧 | 技術書の本だな


AWS 人気本 ランキング

人気 1位
本書の内容
合格への最短ルート!

AWS(Amazon Web Services)を活用・構築する知識を持っていることを証明するのがAWS認定です。「AWS認定 クラウドプラクティショナー」は、エンジニアだけでなくマネージャーや営業職など、さまざまなポジションを対象とした新しい試験で、AWSクラウドの知識とスキルを身に付け、全体的な理解を効果的に説明できるようになることが求められます。
本書はその「AWS認定 クラウドプラクティショナー」向けの試験対策教科書です。AWSを利用していくのに必要となる「クラウドの概念」「セキュリティ」「テクノロジー」「請求と料金」といったカテゴリを、しっかり丁寧に解説しています。
実際に豊富な構築経験と深い知識を持った著者が、試験の合格のポイントになる知識と解答の考え方が理解できるように構成しています。さらに、練習問題で知識を解答につなげる力がしっかりと身につきます。

目次

第1章 AWS認定資格
1-1 AWS認定資格とは
1-2 クラウドプラクティショナーについて
1-3 学習方法

第2章 AWSクラウドの概念
2-1 クラウドとは
2-2 AWSの長所と利点
2-3 クラウドアーキテクチャの設計原理
2-4 AWS Well-Architectedフレームワーク

第3章 AWSのセキュリティ
3-1 AWSの責任共有モデル
3-2 AWSクラウドのセキュリティ
3-3 IAM
3-4 セキュリティグループ
3-5 AWS ShieldとWAF
3-6 Inspector

第4章 AWSのテクノロジー
4-1 AWSのサービス
4-2 グローバルインフラストラクチャ

第5章 コンピューティングサービス
5-1 EC2
5-2 ELB
5-3 Auto Scaling
5-4 Lambda
5-5 その他のコンピューティングサービス

第6章 ストレージサービス
6-1 EBS
6-2 S3
6-3 その他のストレージサービス

第7章 ネットワークサービス
7-1 VPC
7-2 CloudFront
7-3 Route 53

第8章 データベースサービス
8-1 RDS
8-2 DynamoDB
8-3 その他のデータベースサービス

第9章 管理サービス
9-1 CloudWatch
9-2 Trusted Advisor
9-3 その他の管理ツール

第10章 請求と料金
10-1 AWS料金モデル
10-2 請求ダッシュボード
10-3 マルチアカウントの運用
10-4 AWSのサポートプラン
10-5 その他の請求サポートツール

 
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
まだ試験は受けておりませんのでなんとも言えませんが、他のレビューにもある通り試験をパスするには本書の内容で問題ないのかと思いました。
梱包も綺麗で特に問題なく届きました。 注文後もすぐ発送されましたので満足しております。 また機会があれば注文させていただきます
わかりやすいとは思いますが、これで合格できると言うほどでは、無いようです。必要な最低限の知識として考えると良いと思います。
 
   
人気 2位
本書の内容
【「ITエンジニア本大賞2021」技術書部門 入賞! 】

Amazon Web Servicesのしくみがすぐにわかる!

Amazon Web Services(AWS)のしくみや関連技術についてわかりやすく解説する図解本です。エンジニア1年生、IT業界などへの転職・就職を目指す人が、AWS関連の用語、しくみ、クラウドとネットワークの基礎技術などを一通り学ぶことのできる、1冊目の入門書としてふさわしい内容を目指します。本書では、クラウドやネットワークの基礎から解説し、AWSのサーバーサービス、ストレージサービス、ネットワークサービス、データベースサービスについて具体的なサービス名を挙げながら初心者向けにわかりやすく紹介します。今までのAWS解説書では用語がわからず難しかったという人も本書なら安心して学ぶことができます。  
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
Amazon Web Servicesを独学で勉強するために購入しました。無償のサービスを利用して実際に操作しながら、どのようなしくみになっているものかがわかるようになりました。
対象本を探していたところ中古で安価の商品があり購入。中古でもなんら問題ない程度の物で大変助かります。
AWSはなんでも出来るんですね、 と分かったものの 何から手を出していいのやらw
 
   
人気 3位
本書の内容
AWSを使って安全で堅牢なアプリケーションの設計およびデプロイできる知識をもっているかを証明するのが、「AWS認定 ソリューションアーキテクト - アソシエイト」試験です。
本書は、2020年に改訂された新しい「SAA-C02」試験に対応した改訂を行った試験対策教科書です。合格に必要な「レジリエントアーキテクチャの設計」「高パフォーマンスアーキテクチャの設計 」「セキュアなアプリケーションとアーキテクチャの設計」「コスト最適化アーキテクチャの設計」といったカテゴリの知識を、しっかり丁寧に解説しています。
実際のAWSを使ったシステムの豊富な構築経験と深い知識を持った著者が、合格のポイントになる知識と解答の考え方を理解できるように構成しています。
さらに、練習問題と模擬問題で知識を解答につなげる力がしっかりと身につきます。

第1章 AWS認定資格
1-1 AWS認定試験の概要
1-2 学習教材
1-3 学習の進め方
1-4 何に重きをおいて学習すべきか

第2章 グローバルインフラストラクチャとネットワーク
2-1 リージョンとアベイラビリティゾーン
2-2 VPC

第3章 ネットワーキングとコンテンツ配信
3-1 CloudFront
3-2 Route 53

第4章 コンピューティングサービス
4-1 AWSにおけるコンピューティングサービス
4-2 EC2
4-3 ELB
4-4 ECS
4-5 Lambda

第5章 運用支援サービス
5-1 AWSにおける運用支援サービス
5-2 CloudWatch
5-3 CloudTrail

第6章 ストレージサービス
6-1 AWSのストレージサービス
6-2 EBS
6-3 EFS
6-4 S3
6-5 S3 Glacier
6-6 Storage Gateway
6-7 FSx

第7章 データベースサービス
7-1 AWSのデータベースサービス
7-2 RDS
7-3 Redshift
7-4 DynamoDB
7-5 ElastiCache
7-6 その他のデータベース

第8章 セキュリティとアイデンティティ
8-1 セキュリティとアイデンティティ
8-2 KMSとCloudHSM
8-3 AWS Certificate Manager

第9章 アプリケーションサービス
9-1 AWSのアプリケーションサービス
9-2 SQS
9-3 SWFとStep Functions
9-4 SNSとSES

第10章 開発者ツール
10-1 AWSにおける継続的なアプリケーション開発の支援サービス
10-2 CodeCommit
10-3 CodeBuild
10-4 CodeDeploy
10-5 CodePipeline

第11章 プロビジョニングサービス
11-1 AWSにおけるプロビジョニングサービス
11-2 Elastic Beanstalk
11-3 OpsWorks
11-4 CloudFormation

第12章 分析サービス
12-1 EMR
12-2 ETLツール
12-3 その他の分析サービス

第13章 AWSのアーキテクチャ設計
13-1 AWSにおけるアーキテクチャ設計
13-2 回復性の高いアーキテクチャ
13-3 パフォーマンスに優れたアーキテクチャ
13-4 セキュアなアプリケーションおよびアーキテクチャ
13-5 コスト最適化アーキテクチャ
13-6 オペレーショナルエクセレンスを備えたアーキテクチャ

第14章 問題の解き方と模擬試験
14-1 問題の解き方
14-2 模擬試験
14-3 模擬試験の解答
 
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
広く浅く網羅的に問題形式に触れながら勉強できるので未経験者の方の最初の1冊にオススメできます。 章ごとの練習問題は少ないですが、巻末の45問分の模擬問題を含めて解説が選択肢aが~なので正解です。ではなく、全ての選択肢について解説しており消去法で正解を導けるほど丁寧です。 AWSの試験ではどの参考書でも同じですが未経験者が参考書1冊で合格するのは難しいです。 ネットの資料や練習問題、模擬試験も活用しましょう。
昨年クラウドプラクティショナーに合格したので、今年はSAAをと思い購入。各章とも少し突っ込んだ内容だがコレだけでは合格は難しいと思います。 問題集やウェビナーを駆使して対策を立てる必要があると思います。
大事なところを掻い摘んで書いているので、これだけで合格するのは厳しいかと思いますが、ポイントを理解して、その後ほかのツールで勉強するには適している参考書かと思います。
 
   
人気 4位
本書の内容
AWS認定資格の中で、クラウドオペレーションの役割を持つシステム管理者を対象に、管理・運用、デプロイ、セキュリティに関する知識やスキルを持っているかを証明するのが「AWS 認定SysOpsアドミニストレーター?アソシエイト」です。
本書は、2021年に改訂された新しい「SOA-C02」試験に対応した試験対策教科書です。合格に必要な「モニタリング、ロギング、修復」「信頼性と継続性」「デプロイ、プロビジョニング、オートメーション」「セキュリティとコンプライアンス」「ネットワークとコンテンツ配信」「コストとパフォーマンス最適化」といったカテゴリの知識を、しっかり丁寧に解説しています。
実際にAWSを使ったシステムの豊富な運用経験と深い知識を持った著者が、合格のポイントになる知識と解答の考え方を理解できるように構成しています。
さらに、練習問題と模擬問題で知識を解答につなげる力がしっかりと身につきます。
 
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
 
   
人気 5位
本書の内容
本書は、2020年に改定された「AWS認定 ソリューションアーキテクト – アソシエイト」の新試験[試験番号: SAA-C02]に対応した受験対策教科書です。
同試験の対策においては、「AWS Well-Architectedフレームワーク」の理解が非常に重要です。本書は、このフレームワークにある「運用上の優秀性」「セキュリティ」「信頼性」「パフォーマンス効率」「コスト最適化」の5つの柱を意識しながらAWSの各サービスやユースケースについて知識を深められるよう構成しています。
各解説では、受験する上で重要となるポイントを別枠「試験対策」にまとめているので、合格に直結する知識を効率良く身に付けることができます。
AWS設計と運用に関する豊富な知識と経験を持つ著者陣が、試験対策のみならず、現場で役立つAWSのクラウド活用についても解説しているので、実戦的な知識まで身に付きます。
試験を体験できる模擬問題1回分(ダウンロード版)付き。  
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
 
   
人気 6位
本書の内容
本書は、2020年に改定された「AWS認定 ソリューションアーキテクト – アソシエイト」の新試験[試験番号: SAA-C02]に対応した受験対策教科書です。
同試験の対策においては、「AWS Well-Architectedフレームワーク」の理解が非常に重要です。本書は、このフレームワークにある「運用上の優秀性」「セキュリティ」「信頼性」「パフォーマンス効率」「コスト最適化」の5つの柱を意識しながらAWSの各サービスやユースケースについて知識を深められるよう構成しています。
各解説では、受験する上で重要となるポイントを別枠「試験対策」にまとめているので、合格に直結する知識を効率良く身に付けることができます。
AWS設計と運用に関する豊富な知識と経験を持つ著者陣が、試験対策のみならず、現場で役立つAWSのクラウド活用についても解説しているので、実戦的な知識まで身に付きます。
試験を体験できる模擬問題1回分(ダウンロード版)付き。  
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
AWSの基礎を学ぶ、及びソリューションアーキテクトアソシエイト試験にチャレンジする導入としてはよいと思いますが、この本で学んだあと、udemyなどの模擬試験を繰り返して勉強しないと合格は厳しいと思います。
まとめて言うといい本と思います。 論理的な知識は多いですが、練習集別で用意した方が良さそうです。aws興味がありましたら不可欠な本です。
ま友達から進め商品でした。まだ読みません、新しい本です。この本だけで見ると、aws認定を合格 できると思います。
 
   
人気 7位
本書の内容
AWS(アマゾンウェブサービス)認定デベロッパーアソシエイトの試験対策テキストです。この資格を取得することで、自社やお客様の開発現場でアプリケーションを開発する人にとって有効なエビデンスとなり、お客様や担当者に安心して依頼してもらえるようになります。
AWSでは日々成長するサービスですが、本書では機能やサービスを身に付けることに注力しているので、資格取得の役に立つ構成となっています。

SECTION1 AWAS認定 デベロッパーアソシエイト
SECTION2 展開(デプロイ)
SECTION3 セキュリティ
SECTION4 開発
SECTION5 リファクタリング
SECTION6 モニタリングとトラブルシューティング
SECTION7 本試験想定問題集  
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
ホワイトを注文しました。 大事なのコンセントを横に抜いて良いものを縦に使用しています。 用途別でも差し分けることができるので便利です。 今のところ良く使えるので良い買い物でした。
試験内容について広く浅く纏まってます 元々AWSのSAA資格相当の知識がある方ならこの本だけでDVA合格できるとおもいます (私もこれだけで合格しました)
とてもわかりやすくてよかったです。 実際の設定画面のスクリーンショットなどもあり、参考になりました。 章末問題もよかったです。
 
   
人気 8位
本書の内容
本書は、AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト(SAA-C02)試験対策の問題集です。

AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト試験に合格するためには、AWSサービスの基礎知識を身に付けるとともに、基本的な要求仕様に対して最適な答えを導き出す訓練が必要です。試験対策として、できるだけ多くの演習問題に取り組み、解く力を高めることが重要になります。
本書は、試験の特徴を踏まえた演習問題を豊富に掲載し、丁寧に解説しています。また、巻末の模擬試験で実力チェックおよび知識の定着が可能です。さらに、押さえておきたいAWSのサービス・機能や、出題されるシナリオの特性もしっかり解説しています。

執筆・監修陣は、AWSでの豊富な経験を持つメンバー並びにAWSのプレミアコンサルティングパートナー企業に所属するエンジニア達で構成しており、確かな力が身に付く内容になっています。受験者必携の1冊です。


◆本書の構成◆
第1章 AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト試験の概要と特徴
第2章 各種サービスの概要
第3章 試験で問われるシナリオの特性
第4章 レジリエントアーキテクチャの設計
第5章 高パフォーマンスアーキテクチャの設計
第6章 セキュアなアプリケーションとアーキテクチャの設計
第7章 コスト最適化アーキテクチャの設計
第8章 模擬試験
 
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
本番同レベルの模擬問題が多いので知識の定着に助かりました。 こちらをつかって問題慣れして合格できました。
AWSの試験を受験しなくてはならくなったので、購入させて頂きました。内容は分かりやすいので勉強が捗ります。
 
   
人気 9位
本書の内容
 AWSが登場した当初は提供されるサービスもわずかで、ネットワーク構成も簡単でした。しかしいまでは、「たくさんのマネージドサービス」と「ネットワーク機能の高機能化」が、これからAWSを始めようとする人の出鼻をくじいてしまいます。このような事態を何とかしたい。そう思って書いたのが、本書です。本書では、AWSのもっとも基本的な構成となる「ネットワークとサーバー」を説明します。
 AWSにおいてネットワークは「VPC」、サーバーは「EC2インスタンス」で構成されます。本書では、この2つの機能を中心に解説します。
 本書では、Webサーバー1台とデータベースサーバー1台で構成されたオンプレミスのシステムをAWSで実現するには、AWSならではの決まりごとや罠がたくさんあります。たとえば、「最初に利用するIPアドレスの範囲を決めて、それを分割してネットワークを構築する」「インターネットに接続する場合でも、ネットワークの設計上はプライベートIPアドレスを使う」などです。本書では、こうしたAWSならではの勘所を説明しながら、最終的に、独自ドメインでWebサーバーを運用できるようにするところまでを説明します。  
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
 
   
人気 10位
本書の内容
本書は、AWS認定ソリューションアーキテクト-プロフェッショナル試験対策の問題集です。
プロフェッショナル試験では、具体的な業務要件や課題をもとにしたケース問題が長文で出題されます。試験時間も長く、知識だけではなく思考力や応用力が求められます。合格するためには、問題に示されたシナリオを熟読したうえで最適な答えを導き出す訓練が必要不可欠です。
本書は、このような試験の特徴を踏まえて演習問題とその解説に重点を置き、総仕上げとして模擬試験を掲載しています。さらに、AWSのサービス・機能を概説するとともに、出題されるシナリオの特性をしっかり解説。確かな実力が身に付く1冊です。

執筆・監修陣は、AWSでの豊富な経験を持つメンバー並びにAWSのプレミアコンサルティングパートナー企業に所属するエンジニア達で構成しており、ポイントを押さえながら一つ一つ丁寧に説明しています。


◆本書の構成◆
第1章 AWS認定ソリューションアーキテクト-プロフェッショナル試験の概要と特徴
第2章 各種サービスの概要
第3章 試験で問われるシナリオの特性
第4章 「組織の複雑さに対応する設計」分野におけるケース問題
第5章 「新しいソリューションの設計」分野におけるケース問題
第6章 「移行の計画」分野におけるケース問題
第7章 「コスト管理」分野におけるケース問題
第8章 「既存のソリューションの継続的な改善」分野におけるケース問題
第9章 模擬試験
 
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
ある程度のawsの知見がある人は、もしかしたらこれ一冊で合格出来る人もいるようです。 (実際自分の周りにも数人いました、特に模擬試験は参考になりました)
ソリューションアーキテクトアソシエイトの数少ない問題集です。日本語でも分かりやすく解説された唯一無二に近い、受験者必須の問題集です!
プロフェッショナルの初めての日本語対策本が出ましたので、購入しました。内容はこれから学習してからですが、読みやすそうな構成です。
 
   
人気 11位
本書の内容
AWS プラットフォームで分散型のアプリケーションやシステムを設計するための高度な技術スキルと経験が検証されるのが、「AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル」(SAP-C01)試験です。プロフェッショナル試験では、具体的な業務要件や課題をケース問題で出題されるため、基本知識をベースに、要件や課題の内容に対応した最適な回答を考える応用力が求められます。
本書はAWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナルに向けたテキスト&問題集になっています。出題範囲である「組織の複雑さに対応する設計」「新しいソリューションの設計」「移行の計画」「コスト管理」「継続的な改善」を網羅して、具体的な要件や課題を考えながらポイントとなるサービスの利用方法を紹介し、最適な解答につながるように丁寧に解説しています。
また、章末の確認テストや模擬試験で、合格に必要な応用力が確実につくようにしています。


■目次 第1章 AWS認定ソリューションアーキテクト–プロフェッショナル
1-1 試験の概要 2
AWS認定の全体像
AWS認定ソリューションアーキテクト–プロフェッショナル
検証される能力
推奨される知識と経験
試験分野
関連サービス
1-2 お勧めの学習方法
模擬試験
検証用のAWSアカウント
Well-Architected Framework
AWSブログ
ユーザーガイド、開発ガイド
デジタルトレーニング
その他お勧めの公式ソース
アウトプット
その他非公式ソース

第2章 組織の複雑さに対応する設計
2-1 組織の認証とアクセス戦略
クロスアカウントアクセス
AWS Directory Service
SSO
2-2 組織のネットワーク設計
VPCエンドポイント
クライアントVPN
AWS Site-to-Site VPN
AWS Direct Connect
VPCピア接続
AWS Transit Gateway
Route 53プライベートホストゾーンとRoute 53 Resolver
2-3 マルチアカウント環境
AWS Organizations
AWS CloudFormation StackSets
AWS CloudTrail
AWS Service Catalog
AWS Control Tower
2-4 確認テスト
問題
解答と解説

第3章 新しいソリューションの設計
3-1 セキュリティ
AWS KMS
AWS CloudHSM
AWS Certificate Manager
Amazon Cognito
3-2 信頼性
EC2 Auto Scaling
Route 53
Kinesis
3-3 事業継続性
RPOとRTO
バックアップ&リカバリー(バックアップと復元)
パイロットランプ
ウォームスタンバイ(最小構成のスタンバイ)
マルチサイトアクティブ/アクティブ
3-4 パフォーマンス
EC2のパフォーマンス
ジャンボフレーム
ストレージのパフォーマンス
3-5 導入戦略
デプロイサービス
デプロイメントパターン
3-6 確認テスト
問題
解答と解説

第4章 移行の計画
4-1 移行可能なワークロードの選択
AWS Cloud Adoption Readiness Tool
AWS Application Discovery Service
4-2 移行ツール、移行ソリューション
AWS Snowファミリー
AWS Server Migration Service(SMS)
AWS Database Migration Service(DMS)
4-3 移行後の設計
S3を中心としたデータレイク
Amazon Simple Email Service(SES)
AWS Transfer Family
IPアドレスに依存した設計
低遅延を実現するサービス
4-4 移行戦略
7つのR
4-5 確認テスト
問題
解答と解説

第5章 コスト管理
5-1 料金モデルの選択
Amazon EC2のコスト
Amazon S3のコスト
Amazon DynamoDBのコスト
その他リザーブドオプション
5-2 コスト管理、モニタリング
コスト配分タグ
AWS Cost Explorer
AWS Cost Anomaly Detection
AWS Budget
請求アラーム
5-3 コスト最適化
マネージドサービスの利用
データ転送料金の削減
AWS Compute Optimizer
5-4 確認テスト
問題
解答と解説

第6章 継続的な改善
6-1 トラブルシューティング
AWS Healthイベント
AWS X-Ray
Amazon VPCのモニタリング
6-2 運用の優秀性
AWS Systems Manager
S3バッチオペレーション
異常検出
6-3 信頼性の改善
EC2インスタンスをステートレスに
疎結合化による信頼性の改善
データベースへのリクエスト改善
6-4 パフォーマンスの改善
Amazon CloudFront
AWS Global Accelerator
Amazon ElastiCache
Amazon API Gateway
6-5 セキュリティの改善
AWS Secrets Manager
AWS WAF
AWS Shield
AWS Network Firewall
AWS Firewall Manager
6-6 デプロイメントの改善
AWS CDK
コンテナ
6-7 確認テスト
問題
解答と解説

第7章 模擬テスト
7-1 模擬テスト問題
7-2 解答と解説
 
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
AWS認定試験の中で最も難しい試験ですが、この対策本はとても読みやすいと思います。構成や書体もうまく考えられているので、お勧めです。
 
   
人気 12位
本書の内容
AWSの最初の一歩としての基本の知識を、1冊にぎゅっと凝縮した入門書。
誰もが確実に知識を身につけられるように、豊富な図解とわかりやすいテキストで、AWSの幅広い知識を体系的に解説していきます。

<本書の特徴>
● オールカラーの紙面に、図や画面を豊富に掲載。楽しく、直感的にわかりやすい内容を目指しました。
● 仮想サーバー、ストレージ、ネットワーク、データベース、セキュリティなどの根幹をなすサービスを、コストや利用イメージなども交えながら丁寧に解説。基本の知識がしっかり身につきます。
● ITシステムに馴染みのない人でもつまずかないよう、サーバーやネットワークなどの基礎知識もやさしく解説します。
● コンテナ、サーバーレスコンピューティング、機械学習などの新しいサービスもしっかり紹介。いまどきのシステム開発の基礎知識も身につきます。
● 定番のサービスだけでなく、知っておきたい便利なサービスも多数掲載。本書では60以上のサービスを紹介しています。


Chapter 1 Amazon Web Servicesの基礎知識

SECTION01 AWSを知るはじめの一歩
SECTION02 クラウド関連の用語を知っておこう
SECTION03 AWSを理解する6つのポイント
SECTION04 サービスの分類と代表的なサービス
SECTION05 日本国内の導入事例から利用イメージをつかもう


Chapter 2 Amazon Web Servicesの始め方

SECTION01 アカウントを作成してAWSの利用を始める
SECTION02 AWSサービスを操作する3つの方法
SECTION03 AWSサービスの利用料を可視化する
SECTION04 AWSのシステムが構築される場所を選ぶ


Chapter 3 コンピューティングサービス

SECTION01 押さえておきたいサーバーの基礎知識
SECTION02 EC2で仮想サーバーを手軽に作成できる
SECTION03 仮想サーバーを安全に外部に公開する
SECTION04 負荷に応じてサーバーを自動的に追加・削除する
SECTION05 サーバーを持たずにプログラムを実行する
SECTION06 サーバーレスの活用法をもっと理解する
SECTION07 コンテナの仕組みと特徴を理解する
SECTION08 ECSでコンテナのメリットを享受する
SECTION09 サーバー知識なしで使える代表的なサービス5選


Chapter 4 ストレージサービス

SECTION01 Amazon S3はデータの保存場所
SECTION02 Amazon S3の基本用語と基本操作
SECTION03 Amazon S3のデータを適切に保存する
SECTION04 Amazon S3のデータを安全に公開する
SECTION05 仮想サーバーのデータはEBSに保存する
SECITON06 データ共有・バックアップ・転送のためのサービス


Chapter 5 ネットワークとコンテンツ配信サービス

SECTION01 ネットワークの重要用語を覚えよう
SECTION02 Amazon VPCで仮想ネットワークを作る
SECTION03 Amazon VPCの主要機能の使い方
SECTION04 VPC同士や外部サービス、オンプレミスとの接続
SECTION05 他のAWSサービスと組み合わせた構成例
SECTION06 ELBで負荷分散して可用性を高める
SECTION07 高性能で手軽に使えるDNSサービス
SECTION08 CloudFrontで高速かつ落ちないネット配信を実現
SECTION09 多彩なネットワーク機能を提供するサービス7選


Chapter 6 データベースサービス

SECTION01 押さえておきたいデータベースの基礎知識
SECTION02 AWSでリレーショナルデータベースを使う
SECTION03 Auroraの高機能で便利な特徴を知っておこう
SECTION04 キーと値の組み合わせでデータを管理する
SECTION05 データ分析のために大量データを取り込む
SECTION06 データベース移行に役立つサービス2選
SECTION07 多種多様なデータベースに対応するサービス7選


Chapter 7 セキュリティ、アイデンティティサービス

SECTION01 AWSのセキュリティをしっかり理解しよう
SECTION02 IAMはAWS利用時のセキュリティの要
SECTION03 すべての操作を記録して証跡として残す
SECTION04 設定履歴や設定内容を自動で管理する
SECTION05 AWSの怪しい操作を検知して不正を防ぐ
SECTION06 Webアプリケーションのセキュリティを強化する
SECTION07 システムのセキュリティを強固にするサービス6選


Chapter 8 知っておきたいその他のサービス

SECTION01 溜めたデータを次に生かすサービス6選
SECTION02 お手軽に始める機械学習
SECTION03 システム自体を管理するサービス4選  
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
AWSを始めたくて購入しました 初心者でもわかりやすい内容となっているので 追いかけながら学習していこうと思います 難しい表現がすくなく細めのすっきりしたフォントが 目にやさしく読みやすいです
 
   
人気 13位
本書の内容
▼本書のポイント
・最新の「AWSサービス」をフル活用
・手順がしっかりわかる「ハンズオン」
・「ユースケース」から学ぶ最適な設計

AWSにおけるコンテナ環境の設計・構築のノウハウを凝縮、
基本から実践的な知識まで、しっかりと学べます。

▼対象読者
本書では、次のような読者の方々を想定しています。
・これからAWSを活用してコンテナを学習しようとしている方
・オンプレミスからクラウドネイティブなアプリケーションへの移行を検討
されている方
・Lift& Shiftに向けて、コンテナを活用しようとしている方
・プロダクション運用を念頭に置いたコンテナ設計を体系的に学習したい方
・自ら手を動かしながらAWSサービスを学びたい方

▼本書の構成
本書は全5章から構成されています。コンテナ技術の概要から、設計・構築・運用といった一連の流れについて、ハンズオンを交えながら触れていきます。
第1章では、Dockerを中心としたコンテナの概要について紹介します。コンテナを活用するメリットやユースケースを考察するとともに、コンテナの導入に向けて考えておくべきことを述べています。
第2章では、コンテナに関するAWSの各種サービスを紹介します。Amazon ECSやAWS Fargateに関するサービスの説明に加えて、これらサービスごとのメリットやデメリット、連携が可能な他のAWSサービスについて触れます。
第3章では、AWS上でコンテナを利用する際のアーキテクチャ設計について検討します。本書のメイントピックであり、AWS Well-Architectedフレームワークの方針に沿って最適なコンテナ設計を考えていきます。セキュリティ設計や信頼性に関する設計等だけではなく、検討したアーキテクチャに対する分析や考察も述べていきます。
第4章では、第3章で検討した設計ポイントを基にハンズオン形式でアーキテクチャを構築していきます。基本的なコンテナ関連のAWSサービス利用に重点を置き、AWS上でアプリケーションを稼働させることを目指します。
第5章では、第4章ハンズオンの実践編と位置づけ、運用、セキュリティ、最適なパフォーマンスに必要なアーキテクチャを構築していきます。CI/CDに必要なAWS Codeシリーズを始め、スケーリング戦略の実装方法等を紹

■目次
Chapter 01 コンテナの概要
1-1 コンテナという技術
1-2 Dockerとは
1-3 オーケストレータとは
1-4 コンテナ技術を導入するために考慮すべきこと

Chapter 02 コンテナ設計に必要なAWSの基礎知識
2-1 AWSが提供するコンテナサービス
2-2 アーキテクチャの構成例
2-3 各アーキテクチャに適応したユースケース
2-4 AWSでコンテナを利用する優位性

Chapter 03 コンテナを利用したAWSアーキテクチャ
3-1 本章を読み進める前に
3-2 Well-Architectedフレームワークの活用
3-3 設計対象とするアーキテクチャ
3-4 運用設計
3-5 セキュリティ設計
3-6 信頼性設計
3-7 パフォーマンス設計
3-8 コスト最適化設計

Chapter 04 コンテナを構築する(基礎編)
4-1 ハンズオンで作成するAWS構成
4-2 ネットワークの構築
4-3 アプリケーションの構築
4-4 コンテナレジストリの構築
4-5 オーケストレータの構築
4-6 データベースの構築
4-7 アプリケーション間の疎通確認

Chapter 05 コンテナを構築する(実践編)
5-1 ハンズオンで構築するAWS構成
5-2 運用設計:Codeシリーズを使ったCI/CD
5-3 運用設計&セキュリティ設計:アプリケーションイメージへの追加設定
5-4 パフォーマンス設計:水平スケールによる可用性向上
5-5 セキュリティ設計:アプリケーションへの不正アクセス防止
5-6 運用設計&セキュリティ設計:ログ収集基盤の構築
5-7 運用設計:FargateによるBastion(踏み台ホスト)の構築
5-8 セキュリティ設計:Trivy/Dockleによるセキュリティチェック  
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
内容がしっかりで、試験に受かったに非常に役に立った、今後仕事中にも参考書として引き続き読ませていただきます。ありがとうございます。
 
   
人気 14位
本書の内容
AWSで展開されている現行システムのほとんどは、開発したプログラムを動かすために、仮想サーバーとしてEC2インスタンスを利用しています。仮想サーバーという違いこそあれ、構成そのものは、オンプレミスのときと大きく変わっていません。
 この構成を大きく変えるのが、AWS Lambdaです。Lambdaは、サーバーを必要としないプログラムの実行環境です。開発者が処理したい内容を小さな関数として実装すると、必要に応じて、それが実行される仕組みです。
 サーバーを必要としないということは、運用の手間やコストを削減できるということです。この利点はとても大きいので、新規の開発案件では、Lambdaが採用されるケースが増えてきました。しかし、Lambdaに魅力があるからといって、すぐに移行できるほど話は簡単ではありません。従来のEC2インスタンスを使った開発とLambdaを使った開発とでは、プログラミングの方法はもちろん、設計の考え方も大きく異なるからです。Lambdaを使い始めるには、Lambdaの仕組みの理解と、その特性を活かした設計の考え方を習得することが不可欠です。
 本書では、従来のシステムをLambdaで構築するときの設計手法や具体的な事例の作成を通じてLambdaでのプログラミング手法を解説します。とくにLambdaを使った開発では、AWSサービスの操作に重きを置きます。Lambdaを活かせるかどうかは、AWSの各種サービス――ストレージのS3、プッシュサービスのSNS、メール送信のSESなど――を、いかに使いこなせるかに左右されます。そこで本書では、実例を通じて、そうしたAWSサービスの実際の使い方にも言及されています。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。  
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
 
   
人気 15位
本書の内容
「AWS 認定 データベース」に頻出する内容を1冊にまとめました!

■AWS認定とは
AWS 認定試験は、AWSに関する知識・スキルを測るための試験です。レベル別・カテゴリー別に認定され、基礎コース・アソシエイト・プロフェッショナルの3つのレベルと、ネットワークやセキュリティなど分野ごとの専門知識(スペシャリティ)があります。またアソシエイトとプロフェショナルは、アーキテクト・開発者・運用者の3つのカテゴリーを用意し、それぞれの専門にあった知識を問われます。基本的にはIT エンジニア向けの試験ですが、基礎コースにあたるクラウドプラクティショナーのように、営業職や経営者・管理職に推奨されている資格もあります。
クラウドプラクティショナーは、クラウドの定義や原理原則・メリットなど、これからAWSを学んでいく上で入門的な内容の試験となります。
本書の対象であるAWS認定データベースのような専門知識を問う認定試験は年々増えています。これはAWSのサービスが多岐にわたり、一人の人間ですべてをカバーする事が難しくなっているためでしょう。専門分野の認定をすることにより、個人の得意とすることを客観的に証明できます。今後、ますます重要になってくるのが、この専門分野、スペシャリティでしょう。

■本書の特徴
□特徴1:短期学習、読み飛ばしが可能な構成!
サービスごとに要点を整理しているため、得意な範囲は読み飛ばせるように工夫しました。
・項目ごとの確認問題で、まずはスキルチェック
・サービスごとの構成や特徴を理解しやすいように細かく図解
・複雑な項目はまとめで知識の整理

□特徴2:豊富な練習問題を解きながら学べる!
60問を超える練習問題を掲載しました。直近で出題が予想される内容にしてあります。
・章のおわりに関連する問題をまとめて掲出
・選択肢ごとに詳しく、丁寧に解説
・問題を解いたあとは対応する範囲を再確認できるように構成

□特徴3:実務者の知識のアップデートにも最適!
執筆時点で最新のサービス、技術を丁寧に解説してあります。
・最新のサービスやリージョンを踏まえて学習
・サービスごとの最新機能も網羅的に解説
・試験を受験しない方にとっても、知識のアップデートに最適

■目次
第1章AWS試験概要と学習方法
第2章RDBデータベースサービス
第3章NoSQLデータベースサービス
第4章その他のデータベースサービス
第5章展開および移行
第6章監視、トラブルシューティング、セキュリティ
第7章AWS Well-Architected
第8章練習問題  
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
 
   
人気 16位
本書の内容
AWSを実機代わりにインフラ技術が学べる!

「自分でネットワークやサーバーを構築できるようになる」。これが本書の目的です。
新しいものを学習するとき、実際にやってみるのが一番。従来は物理機器がないと学べませんでしたが、今はクラウドがあります。
本書は、代表的なクラウドサービス「Amazon Web Services」を実機代わりにネットワークを学び直す、をコンセプトにまとめた1冊です。
インフラを学びたい若手技術者にも、インフラを学び直したいアプリ開発者にもオススメです。

◆改訂3版における主な変更点は、以下の通りです。
----------------------------------
・「Amazon Linux」から「Amazon Linux 2」に変更
Amazon Linux 2はRHEL 7ベースになっており、Linuxサービスの起動や停止、自動起動の設定方法が大きく変わっています。その手順についての記載を修正しました。

・MySQLからMariaDBに変更
Amazon Linux 2にパッケージとして含まれるデータベースが、MySQLからMariaDBに変わりました。インストール方法が変わるので、その手順についての記載を修正しました。

・WordPressが要求するPHPのバージョンアップ手順追記
WordPressの最新版では、PHP 5.6.20以降を要するようになりました。Amazon Linux 2のパッケージに含まれるPHPは、この要件を満たさないため、PHPのバージョンアップをする手順を追加で記載しました。  
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
 
   
人気 17位
本書の内容
最短でAWSを学ぶ「情報のハブ」としての入門書!

最短最速で今必要な知識を⾝につけるために、「情報のハブ」というコンセプトで書き下ろした新しいAWS⼊⾨書です。

「情報が多すぎて何から⼿を付ければいいかわからない」
「ボリュームのある資料のうち今⾃分に必要な情報はどれかがわからない」
「そもそもこの資料でよいのか、ほかに読んでおくべき資料があるのかもわからない」

新しい技術を学ぼうとすると、こんなハードルにぶつかりがちです。
本書は、⽟⽯混交な情報リソースの中から、AWSエンジニアとして押さえておきたい情報源をふまえ、現場で活躍するエンジニアたちが必須の基礎知識を解説。AWSの根本にある考え方や最低限のAWSの構成、現場で必須となるセキュリティなどを知識が身につけられます。
AWSパートナー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたクラスメソッドのエンジニア陣が送る、AWS初学者必携の1冊です。  
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
 
   
人気 18位
本書の内容

AWSのネイティブ機能を組み合わせて
安全かつ堅牢なインフラを構築・運用

本書は、AWS(Amazon Web Services)を利用して、
インフラを構築/運用する方法を解説する入門書です。
クラウドでネットワーク&サーバー構築を行うために必要な基礎知識や、
AWSのネイティブ機能を組み合わせて安全かつ堅牢なインフラを構築/運用
するための設定方法やノウハウを解説します。

 ○Amazon VPCによるインフラ基盤の構築方法
 ○Amazon EC2による踏み台サーバー・Webサーバーの作り方
 ○Amazon RDSによるDBサーバーの作り方
 ○負荷分散のためのロードバランサーの構築
 ○独自ドメインやSSL証明書の取得
 ○メールサーバーやキャッシュサーバーの構築
 ○サービスの監視を組み込む方法
 ○月々のAWS利用料金の管理

など、現場のノウハウをあますところなく紹介/解説していきます。
「AWSを用いたインフラ構築/運用の方法が知りたい」方におすすめの一冊です。

▼対象読者
○AWSでインフラを構築したいエンジニア(AWSを使うのは初めて)

▼本書の特徴
○AWSによるインフラ構築・運用の方法がわかる
○インフラ構築の際に必要なネットワーク&サーバー構築の知識・手順を
 ステップバイステップ形式で学ぶことができる

▼扱う機能
○構築
 VPC、EC2、RDS、S3、Certification Manager、Route 53、SES、ElastiCache
○運用
 IAM、CloudWatch、請求

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

 
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
 
   
人気 19位
本書の内容
AWSではデータサイエンス分野で利用できるさまざまなサービスが提供されています。本書では、それらのサービスを有効に使って、データの収集、分析、モデルの訓練、テスト、デプロイまでの一連のプロセスを行う方法を紹介します。
対象とする事例は、ヘルスケアデータ、時系列データ、自然言語処理、画像分類、不正検出、需要予測、レコメンデーションシステムなど非常に多岐にわたります。
本書の目的は、Amazon SageMakerをはじめとしたAWSの機械学習サービスの詳細を説明するだけでなく、AWSのサービスを組み合わせることで、データサイエンスとアプリケーション開発の統合を図り、開発を効率化することであり、データサイエンティスト、データアナリスト、データエンジニア、MLエンジニアはもちろん、アプリケーション開発者や管理職にとっても役に立つ一冊です。  
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
 
   
人気 20位
本書の内容
「AWS 認定 高度なネットワーキング」に頻出する内容を1冊にまとめました!

本書はAWSのネットワークに関する知識を体系的に1冊にまとめました。AWS認定試験を受験される方はもちろん、AWSのネットワークについて学びたい方や、知識をアップデートしたい方にもおすすめの1冊です。  
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
 
   
人気 21位
本書の内容
本書では、従来のシステムをLambdaで構築するときの設計手法や具体的な事例の作成を通じてLambdaでのプログラミング手法を解説します。第2版では、2022年の最新情報にアップデート、SAM開発環境に対応しました。
 AWS Lambdaは、サーバーを必要としないプログラムの実行環境です。開発者が処理したい内容を小さな関数として実装すると、必要に応じて、それが実行される仕組みです。
 サーバーを必要としないということは、運用の手間やコストを削減できるということです。この利点はとても大きいため、新規の開発案件では、Lambdaが採用されるケースが増えています。しかし、Lambdaによる開発に大きなメリットがあるといっても、すぐに移行できるほど話は簡単ではありません。従来のEC2インスタンスを使った開発とLambdaを使った開発とでは、プログラミングの方法はもちろん、設計の考え方も大きく異なるからです。Lambdaを使い始めるには、Lambdaの仕組みの理解と、その特性を活かした設計の考え方を習得することが不可欠です。
 本書では、従来のシステムをLambdaで構築するときの設計手法や具体的な事例の作成を通じてLambdaでのプログラミング手法を解説します。とくにLambdaを使った開発では、AWSサービスの操作に重きを置きます。Lambdaを活かせるかどうかは、AWSの各種サービス――ストレージのS3、プッシュサービスのSNS、メール送信のSESなど――を、いかに使いこなせるかに左右されます。そこで本書では、実例を通じて、そうしたAWSサービスの実際の使い方にも言及されています。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。  
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
 
   
人気 22位
本書の内容
まったくの初心者でもクラウドとAWSの基礎から分かるから合格率100%!

クラウド技術者向けのベンダー資格として人気の高い「AWS認定資格」のうちでも、もっとも初級の資格である「クラウドプラクティショナー」の試験対策本が、最新情報に対応して改訂!
クラウド技術者を目指して、これからクラウドの勉強を始める人に最適の一冊です。

実際の試験内容に即した内容として好評の『一夜漬けAWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイト直前対策テキスト』の姉妹本。  
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
 
   
人気 23位
本書の内容
「データレイク」は、大量データ分析/生成データの活用を視野に入れた新しいデータストアのかたちです。従来のデータベース/データウェアハウスの範囲に収まらない多様なデータを大量に保管し、高度な統計分析や機械学習に役立つ情報基盤を作ることが可能です。
本書ではデータレイクの概念や特徴、必要とされる機能などを基本から解説し、さらにAmazonが運営するパブリッククラウドサービスAWS(Amazon Web Services)で実現する方法を解説します。
従来では想定しえなかった大量のデータを確実に保管するため、データレイクの世界ではクラウドのようなサービス型インフラストラクチャの活用が注目されます。さらにAWSではオブジェクトストレージS3上のデータを直接分析するAmazon Athena、データウェアハウスのAmazon Redshift、機械学習を実現するAmazon SageMakerなど、データレイクを支えるさまざまな仕組みが存在します。
本書ではそれらの活用の指針を解説するとともに、後半ではシステムの構築例を具体的に解説していきます。ビジネスデータ分析とログなどの生成データ分析を例に、システム構築の流れを詳しく紹介し、機械学習や統計分析をビジネスの現場で活かせる仕組みの技術的なヒントを数多く提供します。  
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
 
   
人気 24位
本書の内容
 
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
 
   
人気 25位
本書の内容
最新AWSサービス対応
新時代のアーキテクトを創る
Amazonクラウドのノウハウをこの1冊に凝縮

 本書は、クラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」を使って
システムを構築するための設計パターンを集めた実務書です。
改訂版では、最新のAWSに対応した57パターンを収録しています。
例えば、スケーラビリティーを活かすための設計やシステム全体で耐障害性を高める設計、
コストメリットを考慮した設計など、クラウド特有のメリットを活かした設計を支援します。

 クラウドでの典型的な問題とそれに対する解決策をこの1冊に凝縮。
クラウドで何ができるか知りたいといった初心者から、
これからの新時代を切り拓くITアーキテクトの方まで、幅広くお役立ていただける1冊です。  
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
 
   
人気 26位
本書の内容
AWSの使い方をハンズオンで学んでいろいろなものを作れるようになる、最近のエンジニアのための必須の書籍です。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。  
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
 
   
人気 27位
本書の内容
AWSの設計原則に従った確かな知識+最近の試験傾向を踏まえた重要ポイント+本番の形式に慣れる模擬問題=合格!

Amazon Web Services(AWS)を利用した適切な設計をできる技術、知識を証明する資格として、今クラウド系のエンジニアの間で注目の「AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト試験」。その短期集中対策として、85%という高い合格率を誇る勉強会のカリキュラムを書籍化!

2020年7月から全面切り替えされた新バージョン試験「SAA-C02」に対応した改訂版がいちはやく登場。受験者必携の一冊です。

【本書の内容】
Chapter 1 AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト試験の概要
Chapter 2 アソシエイト試験の解き方ガイド
Chapter 3 出題が予想される用語
Chapter 4 アーキテクチャベストプラクティスの設計原理
Chapter 5 「レジリエントアーキテクチャの設計」についてのベストプラクティス
Chapter 6 「高パフォーマンスアーキテクチャの設計」についてのベストプラクティス
Chapter 7 「セキュアなアプリケーションとアーキテクチャの設計」についてのベストプラクティス
Chapter 8 「コスト最適化アーキテクチャの設計」についてのベストプラクティス
Chapter 9 アソシエイト試験実践問題+AWSサービス用語集  
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
ゆるい言葉遣いで書かれていてビックリしましたが、かなりまとまった内容になっていて本当に総仕上げ用なのだなと思います。最初に読んでもさっぱりわからないので、実務経験のない人は他である程度勉強してから読むといいです。
 
   
人気 28位
本書の内容
 
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
 
   
人気 29位
本書の内容
 
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
 
   
人気 30位
本書の内容
合格への最短ルート!

AWS(Amazon Web Services)を活用・構築する知識を持っていることを証明するのがAWS認定です。
その中で、「AWS認定 ソリューションアーキテクト - アソシエイト」は、AWS のテクノロジーを使用して安全で堅牢なアプリケーションを構築およびデプロイできる知識をもっているソリューションアーキテクト担当者向けの資格です。
本書は、「AWS認定 ソリューションアーキテクト - アソシエイト」向けの試験対策教科書です。AWSアーキテクチャに求められる「高い回復性」「高パフォーマンス」「高いセキュリティ」「コスト最適化」「優れた運用・管理」といったカテゴリを、しっかり丁寧に解説しています。
実際に豊富な構築経験と深い知識を持った著者が、試験の合格のポイントになる知識と解答の考え方が理解できるように構成しています。さらに、練習問題で知識を解答につなげる力がしっかりと身につきます。


目次
第1章 AWS認定資格
1-1 AWS認定試験の概要
1-2 学習教材
1-3 学習の進め方
1-4 何に重きをおいて学習すべきか

第2章 グローバルインフラストラクチャとネットワーク
2-1 リージョンとアベイラビリティゾーン
2-2 VPC

第3章 ネットワーキングとコンテンツ配信
3-1 CloudFront
3-2 Route 53

第4章 コンピューティングサービス
4-1 AWSにおけるコンピューティングサービス
4-2 EC2
4-3 ELB
4-4 ECS
4-5 Lambda

第5章 運用支援サービス
5-1 AWSにおける運用支援サービス
5-2 CloudWatch
5-3 CloudTrail

第6章 ストレージサービス
6-1 AWSのストレージサービス
6-2 EBS
6-3 EFS
6-4 S3
6-5 Glacier
6-6 Storage Gateway

第7章 データベースサービス
7-1 AWSのデータベースサービス
7-2 RDS
7-3 Redshift
7-4 DynamoDB
7-5 ElastiCache

第8章 セキュリティとアイデンティティ
8-1 セキュリティとアイデンティティ
8-2 KMSとCloudHSM
8-3 AWS Certificate Manager

第9章 アプリケーションサービス
9-1 AWSのアプリケーションサービス
9-2 SQS
9-3 SWFとStep Functions
9-4 SNSとSES

第10章 開発者ツール
10-1 AWSにおける継続的なアプリケーション開発の支援サービス
10-2 CodeCommit
10-3 CodeBuild
10-4 CodeDeploy
10-5 CodePipeline 195

第11章 プロビジョニングサービス
11-1 AWSにおけるプロビジョニングサービス
11-2 Elastic Beanstalk
11-3 OpsWorks
11-4 CloudFormation

第12章 分析サービス
12-1 EMR
12-2 ETLツール

第13章 AWSのアーキテクチャ設計
13-1 AWSにおけるアーキテクチャ設計
13-2 回復性の高いアーキテクチャ
13-3 パフォーマンスに優れたアーキテクチャ
13-4 セキュアなアプリケーションおよびアーキテクチャ
13-5 コスト最適化アーキテクチャ
13-6 オペレーショナルエクセレンスを備えたアーキテクチャ

第14章 問題の解き方と模擬試験
14-1 問題の解き方
14-2 模擬試験
14-3 模擬試験の解答

 
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
AWSの表面的に理解するにはとても良い本だと思います。 資格も合格できました。
 
   
人気 31位
本書の内容
 
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
 
   
人気 32位
本書の内容
※当商品には動画は付きません。動画セットをご希望の方は紙版の<【Amazon特別セット】『かんたん理解 正しく選んで使うためのクラウドのきほん』動画講座付きセット>をご購入ください。


AWS、Azure、Google Cloudを一気に知りたい、欲張りなあなたへ!

本書は、AWS(Amazon Web Services)、Azure、Google Cloudという、現在よく使われているクラウドサービスについて、横断的に学習できる書籍です。

「クラウドサービスの全体像を理解したい」
「3つの違いをしっかり把握してから、どれを使うか選びたい」
「Amazon Web Servicesのこのサービスについては知っているけれど、他のサービスではどうなっているのかな?」

そんな風に思っている方に、ぴったりの1冊です。


※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。
※本書内容はカラーで制作されているため、カラー表示可能な端末での閲覧を推奨いたします  
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
 
   
人気 33位
本書の内容
 
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
 
   
人気 34位
本書の内容
多種多様なクラウドサービスを展開し、市場を牽引する「AWS」。本書は、AWS認定プログラムにおけるアソシエイトレベルの3つの資格試験「ソリューションアーキテクト」「デベロッパー」「SysOpsアドミニストレーター」に対応した書籍です。
アソシエイトレベルの認定を受けるためには、AWSの幅広い機能について基本をしっかり押さえることが重要です。本書では各AWS機能がどの試験区分で重点的に出題されるかを示していますので、苦手分野を把握し、効率的に学習することができます。  
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
 
   
人気 35位
本書の内容
 
内容サンプル
 
ユーザーレビュー
 
   
人気 36位
本書の内容
(概要)

※この商品は固定レイアウトで作成されており,タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また,文字列のハイライトや検索,辞書の参照,引用などの機能が使用できません。
※PDF版をご希望の方は Gihyo Digital Publishing ( https://gihyo.jp/mk/dp/ebook/2019/978-4-297-10662-1 )も合わせてご覧ください。


Amazon Web Services(AWS)がはじめてでもわかる! AWSの入門書です。多数あるAWSのサービス(機能)の中から特に重要なものを厳選して解説。簡単なWebシステムの構築を通して基礎からしっかり身につきます。


(こんな方におすすめ)

・Amazon Web Services(アマゾン・ウェブ・サービス,AWS)を使ってみたい初心者の方


(目次)

CHAPTER1 Amazon Web Servicesとは何か

  • 1-1 クラウドサービスとは

  • 1-2 巨大クラウドプラットフォームAmazon Web Services

  • 1-3 本書の流れ

  • CHAPTER2 AWSをはじめよう

  • 2-1 AWSを使うには

  • 2-2 AWSアカウントの作成

  • 2-3 AWSマネジメントコンソールの基本

  • 2-4 各種サービスのダッシュボード

  • 2-5 ユーザーを追加する

  • 2-6 請求情報を管理する

  • CHAPTER3 Webサイトを公開しよう

  • 3-1 Webサーバーの仕組みと作り方

  • 3-2 S3の特徴と料金

  • 3-3 この章での操作の流れ

  • 3-4 S3バケットの作成

  • 3-5 Static website hosting機能

  • 3-6 バケットポリシーの設定

  • 3-7 ファイルをアップロードする

  • 3-8 ツールを使ってアップロードする

  • CHAPTER4 LAMPサーバーでWordPressを動かそう

  • 4-1 ブログサーバーの仕組みと作り方

  • 4-2 EC2の特徴と料金

  • 4-3 EC2の操作と通信

  • 4-4 この章での操作の流れ

  • 4-5 EC2インスタンスを作成する

  • 4-6 SSHで接続する

  • 4-7 Apacheのインストール

  • 4-8 PHPのインストール

  • 4-9 MariaDBのインストール

  • 4-10 WordPressをインストールして設定する

  • CHAPTER5 データベースを活用しよう

  • 5-1 マネージドのデータベースサービスRDS

  • 5-2 この章での操作の流れ

  • 5-3 RDSのDBインスタンスを作成する

  • 5-4 WordPressのデータベースをDBインスタンスに変更する

  • 5-5 DBインスタンスの管理

  • CHAPTER6 固定IPアドレスとドメイン名を使おう

  • 6-1 IP アドレス・ドメイン名を設定するには

  • 6-2 Elastic IPで固定IPを割り当てる

  • 6-3 ドメイン名を使えるようにするには

  • 6-4 Route 53でDNSサーバーを作る

  • 6-5 ドメイン名を申請する

  • 6-6 EC2にドメイン名でアクセスできるようにする

  • 6-7 S3バケットにドメイン名でアクセスできるようにする

  • CHAPTER7 安全な通信を使おう

  • 7-1 通信をSSL/TLSで暗号化するには

  • 7-2 この章での操作の流れ

  • 7-3 証明書の作成

  • 7-4 ロードバランサーを構成する

  • 7-5 CloudFrontを構成する
  •  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    人気 37位
    本書の内容
    AWSのサービスはこう組み合わせる!
    大事な業務システムの作り方

    “定番”ともいえる14パターンの業務システムについて、Amazon Web Servicesのサービスの選び方、組み合わせ方を解説します。業務システムのように複雑な仕組みを構築するには、AWSの特性を十分理解してインフラを設計する必要があります。そうしたAWSを使った業務システム設計の勘所を、パターン別に分かりやすく説明します。

    本書はWebシステム、ストレージシステム、データ分析システムといったテーマごとに、AWSのサービスを組み合わせて、特定の要求を満たすシステムを作るための「設計パターン」を解説します。2016年6月発行の「Amazon Web Services 定番業務システム12 パターン設計ガイド」を基に、「マイクロサービスの運用基盤」「AIとIoT」の2パターンを追加し、全体を通して加筆・修正・再構成しました。AWSの最新サービスに対応しています。

    基本的なパターンから入り、徐々に応用的なパターンへと深く説明していきます。例えばWebシステムでは、仮想サーバー1台の単純な構成のWebサイトの設計方法から、性能や可用性の要件が厳しい場合の設計パターンまで紹介します。

    後半では、仮想サーバーを使わない“クラウドネイティブ”なシステム、AWSをフル活用してアプリケーションの高速開発、オンプレミス環境と連携動作させる“ハイブリッドクラウド”など応用的な設計パターンも解説します。

    クラウド初心者からベテランまで、AWSを使ったインフラ設計のあらゆる局面に役立つ一冊です。  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    人気 38位
    本書の内容
    Kubernetes は、すべての機能を理解するのが難しい、と言われます。しかし実は、そのコア部分を理解し、利用するだけでも、従来のアプリケーション稼働環境をシンプルにできる、有用な製品です。また、AWS はパブリッククラウドとして最大のシェアを持つサービスですので、AWS 上で稼働するアプリケーションの開発や運用に携わっている方も多いのではないでしょうか。そんな話題のAWS上でKubernetes環境を構築し、アプリケーションを動かす! というのが本書です。AWS を使ったことがある方、あるいはAWS に関心のある方で、Kubernetes の基本を押さえたい方には最適の一冊となります。

    本書は、主に以下の方を対象としています。
    ● DevOps を実践するためのインフラ知識習得の一環
    として、コンテナベースの開発プロセスやKubernetes
    の基本的な使い方を理解したいアプリケーションエン
    ジニアの方
    ● 普段はEC2(Elastic Computing Cloud)を中心とし
    たサービスを使っており、コンテナやKubernetes などに触る機会がないが、近い将来避けて通れない技術であるため、しっかり体系だって知識習得したいと考えているAWS エンジニアの方

    本書の効用(ゴール)
    本書を読み終える頃には、以下ができるようになります。
    ● AWS 上にKubernetes 環境を構築し、その環境上で
    Web アプリケーション、バッチアプリケーションを動
    かすことできる
    ● Kubernetes 上でアプリケーションを動作させる仕
    組みが理解できる
    ● コンテナベースでアプリケーションを動かす場合に、アプリケーションとして考慮すべき事項が理解できる
    ● Kubernetes で本番運用する際に考慮しなければな
    らない点の概要を理解できる  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    人気 39位
    本書の内容
    本書は、2018年に試験改定された「AWS認定 ソリューションアーキテクト – アソシエイト」の新試験に対応した受験対策教科書です。豊富な知識と経験をもつ著者陣が、合格に必要な知識はもちろんのこと、現場で役立つAWSのクラウド活用についても解説しています。「AWSサービスの概要」「高可用性」「高パフォーマンス」「セキュリティ」「コスト最適化」「運用管理」の6章で構成され、しっかりと知識が身に付く解説のほか、各章末には練習問題を掲載。理解度の確認に最適です。また、解説では、受験する上で重要となるポイントを「試験対策」パーツにまとめているので、効率良く学習を進めることができます。さらに、本紙には掲載していない模擬問題1回分をWebよりダウンロード提供。基礎から実戦までの体系的な学習だけでなく受験に向けた総仕上げまで行える、受験者必携の一冊です。

    ※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
    購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    人気 40位
    本書の内容
    本書は、5つの章で構成されています。
    まず第1章でAIの基礎知識、第2章で機械学習のワークフローなどについて説明します。
    次章以降、Pythonで実際に操作していきます。第3章では、画像認識(Rekognition)、音声認識(Transcribe)、チャットボット作成(Lex)、予測モデル作成(Forecast)などを見てみます。AWS AIの世界はさらに広がります。第4章では、モデルの作成、トレーニング、デプロイといった、機械学習の一連のプロセスを実現する完全マネージド型サービス「SageMaker」にチャレンジします。
    そして最終章で、深層学習フレームワーク「AWS Deep Learning AMI」を紹介。より一層柔軟に環境を構築したいケースに便利なサービスです。

    AWS AIのサービスは多岐にわたっており、全貌をつかむのも一苦労です。本書のナビゲートに沿って操作し、何ができるのか、どのように進めればよいのかを体感しましょう!  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    人気 41位
    本書の内容
    社内システムのクラウド化を目指す人に!

    ※この電子書籍は、「固定レイアウト型」で配信されております。説明文の最後の「固定レイアウト型に関する注意事項」を必ずお読みください。

    オンプレミスからクラウドへ!

    ECサイトから基幹システムまで、
    企業のデータ・サーバをAWSへ移行するための
    ネットワーク設計・構築、運用・管理のノウハウを紹介

    オンプレミス上に構築された業務システムをAWS上に移行するための「サービスの選定」「ネットワーク設計・構築」「サーバとデータの移し方」「運用・監視体制の構築」など。これまで多くの企業にAWSを導入し、コンサルティングフェーズから実際の設計・開発、運用フェーズまでの全行程に携わってきた著者陣のノウハウを凝縮して、一般的な企業にAWSを導入する際のベストプラクティスをお届けします。

    ●目次
    Chapter1 AWSサービスの概要
     1-1 AWSとは
     1-2 AWSのサービスの全体像
     1-3 主なAWSサービス
    Chapter2 全体設計(管理方針と移行計画)
     2-1 アカウントの管理の考え方
     2-2 AWSと監査証跡
     2-3 AWSのネットワーク設計の考え方
     2-4 AWSへのシステム移行
     2-5 AWS上のシステムの監視・運用
    Chapter3 アカウント管理と権限付与
     3-1 AWSのアカウント管理
     3-2 AWSの環境分離
     3-3 AWSの権限管理
    Chapter4 ネットワーク接続の設計・構築・維持管理
     4-1 AWSネットワークの全体構成
     4-2 ネットワーク設計
    Chapter5 システム設計とサービスの導入
     5-1 AWSサービスを利用したシステム設計
     5-2 Web可用性向上パターン
     5-3 コンテンツキャッシュパターン
     5-4 DB可用性向上パターン
     5-5 インメモリキャッシュパターン
     5-6 ジョブサーバパターン
     5-7 ハイブリッド利用パターン
     5-8 ファイルサーバ利用パターン
     5-9 大規模データ分析パターン
     5-10 インフラ構築を自動化する
    Chapter6 移行テクニック
     6-1 移行する資産
     6-2 データの移行
     6-3 仮想サーバを移行する
     6-4 データベースを移行する
    Chapter7 運用監視の設計・実施
     7-1 システムを監視する
     7-2 システムを運用する
     7-3 システムの履歴を管理する

    固定レイアウト型に関する注意事項(必ずお読みください)
    この電子書籍は、全ページ画像の「固定レイアウト型」で配信されております。以下の点にご注意し、購入前にプレビュー表示をご確認の上、ご購入ください。

    ■使用できない機能
    ・文字拡大(ピンチイン・ピンチアウトは可能ですが、画面におさまらない場合は画面をスワイプ)/文字のコピー/マーク/ハイライト/文字列検索/辞書の参照/Web検索/引用

    ■推奨環境
    ・タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末
    ・Wi-Fiネットワーク経由でのダウンロード(Kindle端末の場合)
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    人気 42位
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    人気 43位
    本書の内容
    AWSを実機代わりにインフラ技術が学べる!
    「自分でネットワークやサーバーを構築できるようになる」。
    これが本書の目的です。
    新しいものを学習するとき、実際にやってみるのが一番。従来は物理機器がないと学べませんでしたが、今はクラウドがあります。
    本書は、代表的なクラウドサービス「Amazon Web Services」を実機代わりにネットワークを学び直す、をコンセプトにまとめた1冊です。

    改訂版では、初版のコンセプトをそのままに、画面を最新バージョンに差し替えたほか、CHAPTER 7「NAT」を書き直しました。
    初版では「NATインスタンス」を使って説明していましたが、今後AWSでは「NATゲートウエイ」が主流になることから、NATゲートウエイを使った内容に修正しています。

    インフラを学びたい若手技術者にも、インフラを学び直したいアプリ開発者にもオススメです。


    ◆目次◆
    【Contents】
    CHAPTER 1 システム構築をインフラから始めるには
    CHAPTER 2 ネットワークを構築する
    CHAPTER 3 サーバーを構築する
    CHAPTER 4 Webサーバーソフトをインストールする
    CHAPTER 5 HTTPの動きを確認する
    CHAPTER 6 プライベートサブネットを構築する
    CHAPTER 7 NATを構築する
    CHAPTER 8 DBを用いたブログシステムの構築
    CHAPTER 9 TCP/IPによる通信の仕組みを理解する
    Appendix A パケットキャプチャで通信をのぞいてみる
    Appendix B ネットワークの管理・運用とトラブルシューティング  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
    とても技術側のことを読者側にわかりやすく解説しています。
     
       
    人気 44位
    本書の内容
    ※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
    ※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。
    ※本書内容はカラー(2色)で制作されているため、カラー表示可能な端末での閲覧を推奨いたします。


    ゼロをイチにする、AWSではじめるLinuxサーバー構築の入門書

    本書はAWSクラウド上で、Linuxによるサーバー構築をゼロから学べる書籍です。
    ゼロ(やったことがないこと)をイチ(やったことがある)にすることを目的に、制作しました。

    これからクラウドやLinuxを学ぶ、次の方々を対象としています。
    ・ITエンジニア職を目指す学生
    ・ITエンジニア職への転職を予定している社会人
    ・内製化にシフトしようとしている情報システム部門
    ・情報システム部に異動になった非IT部門

    近年、システムを構築する手段としてクラウドは欠かせない技術となっております。
    Linuxサーバーも例に漏れず、マイクロサービス、サーバーレスアーキテクチャといった、サーバーを開発者や運用者が管理しないクラウド最適化された構成が増えてきています。しかし、これらはあくまでも最適な設計をするための一手段でしかありませんし、依然としてサーバーも有効な設計手段です。

    また、クラウドへの移行時には、いきなりすべての設計や運用を最適化するケースよりも、まずはそのままの設計、運用で移行するケースも多くあります。

    本書を通じて学ぶことで、そのような移行案件や新規案件、クラウド上でのサーバー運用、構築をこれから担当される方々に、実際に手を動かしながら、クラウド上でLinuxサーバーを構築することの、スピード、俊敏性、機動性に触れていただき、IT 技術の素晴らしさを知ることができます。

    ●目次
    第1章 環境の概要
    第2章 セキュアな環境を構築する
    第3章 AWSでのLinuxサーバーを起動しよう
    第4章 管理者を設定しよう
    第5章 インストールを実行してみよう
    第6章 ターミナルでコマンド操作してみよう
    第7章 ファイルを操作してみよう
    第8章 エディタを操作してみよう
    第9章 パーミッションで権限を設定しよう
    第10章 スクリプトを実行してみよう
    第11章 Linuxサーバーをモニタリングしてみよう
    第12章 Linuxのセキュリティを設定しよう
    第13章 ネットワークについて学ぼう
    第14章 バージョン管理もAWSで
    第15章 コンテナ環境を作ってみよう
    第16章 データーベースを操作してみよう
    第17章 WordPressサーバーを構築してみよう
    第18章 Redmineサーバーを構築してみよう
    第19章 EC2インスタンス もっと知りたいこと
    第20章 学習の終わりにAWSリソースを削除しよう

     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    人気 45位
    本書の内容
    クラウド基盤として広く利用されているAmazon Web Services(AWS)の活用技法について、初学者の方にもわかるようにわかりやすく解説します。AWSの概要や歴史、基礎知識、関連知識の学習方法に始まり、最近のAWS開発で求められるWebアプリケーション構築のポイント、サーバレスアプリケーション開発、さらにデータ収集、分析と可視化までを1冊で学ぶことができます。AWSの膨大な製品・ソリューション群の中でも読者が開発・運用でAWSを利用するために理解しておくべきポイントを、最新の技術トレンドを踏まて具体的に解説しました。  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
    丁寧な対応に感謝します 安心できる書店です
     
       
    人気 46位
    本書の内容
    AWSのサービスの概要と導入方法を徹底解説

    AWS(Amazon Web Services)によるクラウドシステム構築・運用のノウハウを紹介。

    AWSの主要サービスの概要から、サービスを活用したクラウド上でのシステムの構築手順と設定方法を詳細に解説します。目的に応じたサーバ構築方法と、サービスの選び方を徹底的に丁寧に解説します。

    AWSマネジメントコンソールからの設定に加えて、CLIやSDKを使った実践的な技術も掲載。企業などへのAWS導入の全ての工程に関わった著者陣による、現場で培った実践的なノウハウが凝縮された一冊です。

    Webサービスや自社サイトのシステム構築にAWSの導入を考えている人、WordPressを使ったサイトの公開を考えている人、とにかくAWSについて知りたい人、AWSに興味を持つ全ての人にお勧めです。

    ■本書で紹介するAWS活用例
    ・EC2を利用した動的サイトの構築
    ・Elastic Beanstalkによる構築レスな動的サイト
    ・S3による静的サイトの構築
    ・CloudFrontによるコンテンツ配信システムの構築
    ・Auto Scalingを利用した自動拡張構成
    ・Lambdaを利用したバックエンド処理の実装
    ・CloudFormationによる自動構築
    ・SESによるメール送信サービスの構築
    ・Cogniteによる認証
    ・開発環境の構築と継続的インテグレーション
    ・AWSにおけるセキュリティの考え方と強化方法
    ・AWSのアカウントを安全に設計運用する方法
    ・CloudWatchを利用した運用監視
    ・データのバックアップやアーカイブの方法
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
    AWS関連の書籍、いろいろ探した中でなんとなく買ったのがこれでした。とても、実用的な内容で、それでいて初心者向けでもあって、とってもわかりやすい書籍です。 また、納品までとって早くて大変助かりました。
     
       
    人気 47位
    本書の内容
    セキュリティ、拡張性、可用性、保守性を高める!
    AWSでの基盤構築・改善法を構成図で解説

     業務システムにAWSを本格導入するうえで必要な知識は多岐にわたります。どこから学んだらいいか分からない、AWSを触っているが体系的に理解したという手応えがない、といった悩みを抱える方が多いようです。
     そこで本書では、オンプレミス(自社所有)環境のシステムの開発・運用に携わってきたがクラウドについては知識も経験もまだ乏しいというエンジニアの方を対象に、AWSを基本から解説します。業務システムで必要なAWSの主要サービスの知識と、それを使ったインフラ設計について体系的に学びます。
     さらに、知識が身に付いたかどうかをチェックできるように問題を出します。「AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト」というミドルレベルのAWS認定資格を想定した問題なので、試験対策になります。本書を読むことで、この資格を取得するベースの知識が身に付くことを目標の一つとします。
     本書は単なる、AWSのサービスの解説書ではありません。AWSを実務で使いこなせるように、コーポレートサイトのシステムを題材にして、アーキテクチャー設計と基盤構築の実践的なノウハウも解説します。
     ロードバランサーと仮想マシン2台というシンプルな構成から始め、AWSの様々なサービスを使ってこのインフラを改修し、可用性、拡張性、セキュリティ、保守性を段階的に高めていきます。AWSの主要サービスを具体的にどのように活用するのかについて、コーポレートサイトのシステム改善を通じて学びます。
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    人気 48位
    本書の内容
    エキスパートが合格ポイントを徹底解説。オールインワンで対策は万全!

    ★エキスパートがAWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト合格に導きます! 対策書籍の決定版★

    世界トップのITコンサルティングファーム・アクセンチュアのクラウドコンサルタントが
    AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト(SAアソシエイト)合格へ効率的な学習法を提示します。

    テキスト+練習問題+模擬試験(65問)+用語集の【オールインワン】で、この1冊をマスターすれば試験対策は万全。
    再認定受験にも最適な1冊です。

    ●合格への確実な一歩が踏み出せる●

    SAアソシエイト試験では、AWSの膨大なサービスが出題範囲となります。そのため、慣れない用語が頻出し、
    適切なガイダンスなしでは合格が難しくなります。
    本書は、アクセンチュア内部でSAアソシエイト合格者を多数輩出しているAWSコンサルタント育成のための
    超効率的トレーニングメソッドを誌面で再現。合格のポイントが凝縮された1冊です。

    ●最短ルートの学習法で合格!●

    【その1】頻出の論点がマスターできる

    AWSトップエンジニア100にも選ばれ、サービスに精通した上級資格(プロフェッショナル級)保有者が出るところだけを徹底解説。

    【その2】オールインワンで詳細な問題解説が付属!

    解説と練習問題だけでなく、模擬試験(65問)と用語集が付属。模擬試験の答えを詳しく解説。1冊だけで合格できる。

    【その3】図解が豊富でわかりやすい

    理解しやすいよう数多くの図表を収録。複雑なサービスもスッとわかります。

    【その4】UDフォントを採用

    目にやさしいUD(ユニバーサルデザイン)フォントを採用。


     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
    AWSのサービスにあまり詳しくなく、どこから勉強を初めて良いか分かりませんでしたが、本書によりサービスの全体像をイメージ出来たのが良かったです。他の方が書かれているように試験対策としては、問題などが足りないような気がするため、他の書籍と合わせて勉強していこうと思います。
     
       
    人気 49位
    本書の内容
    AWSインフラ構築/管理の基礎と手法を網羅。アカウント作成から、システム規模の自動化(自動スケーリング)までカバーした格別の一冊! 無料枠での利用についても適宜示しています。多くの章で共通するテーマの1つが「自動化」。本書の内容を試せば、AWS CloudFormationを使いこなせるようになるでしょう―Part 1では、活用事例や長所、料金などを紹介した後、基本サンプルとしてWordPressシステムの構築法を示します。Part 2では、インフラ構築/管理の基礎事項を中心に説明。Part 3では、データを格納する6種類の方法を具体的に見ていきます。Part 4では、動的スケーリングが可能で、高可用性そして耐障害性を持つインフラアーキテクチャを重点的に見ていきます―[サーバー&ネットワーク]自動デプロイ、セキュリティ、サーバーレス開発…[データストア]オブジェクト、リレーショナル、共有、キャッシュ、NoSQL…[高信頼化]高可用性、耐障害性、オートスケーリング…AWSには、さまざまなメリット―最新機能の活用、自動化、スケーラビリティ、信頼性、より短期間での環境構築など―があります。本書の内容を把握すれば、こうしたメリットを享受できる準備が整うはずです。※本書は『Amazon Web Services in Action, Second Edition』の翻訳書です。掲載した画面や手順は、2019年8月上旬に確認したものを掲載していますが、今後変更される可能性があります。

    ※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
    購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    人気 50位
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    人気 51位
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
    すぐに届きました。
     
       
    人気 52位
    本書の内容
    AWSの基本操作からサイト構築まで
    本書の手順に沿うだけで実践できる!

    クラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」を活用してWebサイトやシステムを構築するための実践書です。
    AWSでアカウントを作成して仮想サーバーを立てるところから始め、Webサーバーをインストールしたり、
    IPアドレスを割り当てたり、操作画面を付けて丁寧に説明します。

    さらに、定型的な設計パターンを使って、画像動画配信サイトやEコマースサイトなどの構築まで実践します。
    手順に沿って進むだけで、インターネットストレージ、データベースサービス、DNSサービス、
    仮想ロードバランサーなど、AWSの各種サービスを使いこなせるようになります。

    初めてAWSを利用する人から、AWSのサービスを使いこなせるようになりたい人まで必見の書です。

    目次
    【1章】 Amazon EC2の基本操作
    【2章】 基本クラウドデザインパターン
    【3章】 画像動画配信サイトの構築
    【4章】 Eコマースサイトの構築
    【5章】 キャンペーンサイトの構築  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    人気 53位
    本書の内容

    AWS入門書の決定版

    アマゾン ウェブ サービス(AWS)社のプロダクトマーケティング エバンジェリスト 亀田治伸氏、およびテクニカルトレーナ 山田裕進氏の執筆による、AWSの利用を前提としたクラウド入門。

    一般的なクラウドコンピューティングの概要、AWSクラウドの基礎知識、概念、テクノロジー、セキュリティ、代表的なサービスなどについて理解できる。付録では、AWSの料金、セミナー・イベントおよびトレーニング、AWS認定、アカウント設定などについて解説。さらにAWSの主なサービスの一覧を掲載。

    クラウドコンピューティングおよびAWSについての実用的な情報を求める様々な方に最適。

    【対象読者】
    ・IT企業の新入社員
    ・情報システム部/経営企画部の方
    ・中小企業の経営者
    ・IT企業の営業担当
    ・AWSパートナー企業
    ・ITに意識高いビジネスパーソン
    ・他の分野からクラウド分野へ転身の開発者

    【目次】
    第1章 クラウドコンピューティングの特徴とメリット
     ―はじめてのAWS―
    第2章 ITシステムの使用例とAWSの主要サービス
     ―AWSはどんなときに使う?―
    第3章 AWS導入のメリットその1
     ―ネットワーク&コンピューティングを活用する―
    第4章 AWS導入のメリットその2
     ―ストレージを活用する―
    第5章 AWS導入のメリットその3
     ―データベースを活用する―
    第6章 AWS導入のメリットその4
     ―クラウドセキュリティの考え方―
    第7章 新しいテクノロジーへの取り組みとクラウドネイティブ開発
     ―これからの時代に求められるスキルと人材―
    付録A AWSのご利用にあたって
    付録B AWSサービス一覧

    ※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
    ※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
    ※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
    ※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    人気 54位
    本書の内容

    【本電子書籍は固定レイアウトのため7インチ以上の端末での利用を推奨しております。文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ご購入前に、無料サンプルにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください】

    クラウドコンピューティングの技術の中でも、昨今注目を集めているのがサーバーレスアーキテクチャです。

    FaaS(Function-As-A-Service)とも呼ばれるサーバーレスアーキテクチャは、ファンクション(関数)と呼ばれるマイクロサービスを実装し、組み合わせながら、サービスを構築していくアーキテクチャです。

    その際、実行環境となるサーバーのスケーリングや管理をクラウドプロバイダに任せることで、開発者はオンプレミスなサーバーを考えることなしに、開発時間の短縮と運用コストの削減を図ることができます。

    本書では、サーバーレスアーキテクチャに興味のある開発者がAmazon Web Services(AWS)上で新技術を実践・体験するための例として、

     ・マイクロサービスのコードを実行する「AWS Lambda」
     ・「Amazon S3」などのクラウドストレージ
     ・「Amazon DynamoDB」などのデータベース
     ・「Auth0」などの認証サービス

    といったサービスを組み合わせながら、実際に動かすことのできる動画シェアサイトを構築していきます。

    世界的な技術カンファレンス「Serverlessconf」の責任者である著者による、サーバーレスアーキテクチャの主要なデザインパターンを学べる1冊です。


    ※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
    ※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
    ※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
    ※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    人気 55位
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    人気 56位
    本書の内容
    AWSなら機械学習やディープラーニングの理論を学んだり、高性能なパソコンを購入しなくても、すぐに使える学習済みAIが提供されているので、手軽にAIソフトウェアの開発を体験できます。本書は、AWS(Amazon Web Services)のAIサービスを利用した実用的なAI構築の入門書です。画像に特定の人物が映っているかの判定、色々な言語で書かれた文章の翻訳、翻訳したテキストを音声で再生するソフトなどを作って、AI技術を体験してみましょう!

    ※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    人気 57位
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    人気 58位
    本書の内容
    (概要)
    本書は、AWS認定資格の中でもっともポピュラーな「AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト」試験の対策本です。2018年2月改訂の最新バージョンに対応しており、試験に役立つポイントをわかりやすく解説しています。また別冊に模擬試験とその解答・解説を掲載しています。受験の際にこの別冊を携帯すれば、直前まで自分の知識を確認することができ、認定資格取得に近づくことができるはずです。

    (こんな方におすすめ)
    ・AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイトを受験する人
    ・AWSの基本知識を学ぶたい人

    (目次)
    ■第1章AWS認定の概要
    1-1AWS認定資格
    1-2ソリューションアーキテクト アソシエイト
    1-3試験勉強の方法

    ■第2章クラウドでのアプリケーション設計の考え方
    2-1AWS Well-Architectedフレームワーク

    ■第3章リージョンとアベイラビリティーゾーン
    3-1リージョンとアベイラビリティゾーン
    3-2グローバルサービス

    ■第4章セキュリティ
    4-1責任共有モデル
    4-2AWSの権限管理
    4-3AWSのセキュリティ管理
    4-4AWSのサポート

    ■第5章ネットワーキング・コンテンツ配信
    5-1仮想ネットワーク
    5-2ネットワークセキュリティ
    5-3プライベート通信
    5-4DNS
    5-5CDN

    ■第6章コンピューティング
    6-1EC2インスタンス
    6-2EC2購入オプションによるコスト最適化
    6-3Lambda

    ■第7章ストレージ
    7-1S3(Amazon Simple Storage Service)
    7-2S3のストレージクラスとGlacierによるコスト最適化
    7-3S3のセキュリティ
    7-4S3 Webホスティング
    7-5EBSのボリュームタイプ
    7-6EFS(Elastic File System)

    ■第8章データベース
    8-1データベースサービス
    8-1RDS
    8-2DynamoDB
    8-3ElastiCache
    8-4Redshift
    8-5データベースサービスの比較

    ■第9章セキュアな複数階層アプリケーション
    9-1セキュアな複数階層サブネット
    9-2階層パターン
    9-3セキュリティ面でのメリット

    ■第10章高可用性構成
    10-1ロードバランサー
    10-2オートスケーリング
    10-3オートスケーリングによる耐障害性設計
    10-4オートスケールとインスタンス購入オプションによるコスト最適化
    10-5Queueによる負荷分散と動的スケーリング
    10-6キャッシュによる負荷分散
    10-7データベースの高可用性

    ■第11章モニタリング
    11-1CloudWatchによるモニタリング
    11-2カスタムメトリクス
    11-3アラート

    ■第12章プロビジョニング
    12-1コードを用いたインフラ構築の自動化
    12-2プロビジョニングツール

    ■別冊模擬試験(制限時間:130分間 問題数:65問)  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    人気 59位
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    人気 60位
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    人気 61位
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    人気 62位
    本書の内容
    ※このKindle本はプリント・レプリカ形式で、Kindle Paperwhiteなどの電子書籍 リーダーおよびKindle Cloud Readerではご利用いただけません。Fireなどの大 きいディスプレイを備えたタブレット端末や、Kindle無料アプリ (Kindle for iOS、Kindle for Android、Kindle for PC、Kindle for Mac) でのみご利用可能 です。また、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用については、一部機 能しない場合があります。文字だけを拡大することはできません。※プリント・レプリカ形式は見開き表示ができません。

    ※この電子書籍は紙版書籍のページデザインで制作した固定レイアウトです。

    APNプレミアティアコンサルティングパートナーの渾身の1冊
     企業情報システムではクラウドに構築するシーンが多くみられますが、オンプレミスとしているシステムも多数あります。本書は、現在オンプレミスで運用している情報システム担当者にむけ、クラウド移行のポイントをまとめたものです。クラウドとオンプレミスの連携や、移行の7Rなど、コンパクトにポイントを押さえた解説で、全体像が手にとるようにわかります。

    はじめに
    目次

    第1章 パブリッククラウドの利用
    1.1 クラウド利用のメリット・デメリット
    1.2 目標を定める
    1.3 2025年の崖
    1.4 Mode2という考え方
    1.5 クラウド導入の障壁
    1.6 クラウドへの移行の流れ

    第2章 コスト試算
    2.1 現在のTCOの算出
    2.2 利用サービスの検討
    2.3 AWS利用料の試算
    2.4 移行費用の試算

    第3章 移行方法の検討
    3.1 移行の7R
    3.2 リロケート・・・場所替え
    3.3 リホスト・・・ホスト替え
    3.4 リプラットフォーム・・・乗せ換え
    3.5 リパーチェス・・・買い替え
    3.6 リファクタ/リアーキテクチャ・・・再設計
    3.7 リテイン・・・現状維持
    3.8 リタイア・・・廃止

    第4章 クラウド化成功のためのガイドライン作成
    4.1 ガイドライン作成の範囲
    4.2 ガイドライン作成の体制
    4.3 ガイドライン作成の進め方

    第5章 AWSアカウントの開設のポイント
    5.1 AWSアカウントの開設方法
    5.2 AWSパートナーについて
    5.3 アカウント構成について

    第6章 クラウド利用の2大構成
    6.1 フルクラウド構成
    6.2 ハイブリッド構成
    6.3 先進的な構成例

    第7章 クラウドならではの可用性
    7.1 リージョンとアベイラビリティゾーン
    7.2 可用性
    7.3 負荷分散
    7.4 自動復旧

    第8章 責任範囲
    8.1 責任共有モデル
    8.2 AWSが担保する範囲
    8.3 ユーザが担保する範囲

    第9章 ネットワークの設計と構成
    9.1 AWSにおけるネットワーク設計
    9.2 アベイラビリティゾーン(AZ)を跨ぐ通信
    9.3 リージョン間の通信
    9.4 オンプレミスとの接続
    9.5 他のアカウントのAmazon VPCへの接続

    第10章 運用・保守の検討
    10.1 バックアップ
    10.2 監視
    10.3 監査
    10.4 標準化
    10.5 自動化
    10.6 コスト最適化

    第11章 教育
    11.1 目指すべきスキル
    11.2 おすすめの学習法
    11.3 AWSの資格制度

    第12章 AWSの各サービス解説
    12.1 AWS全体像
    12.2 移行計画・実施・マネジメント
    12.3 コンピューティング系サービス
    12.4 ネットワーキング系サービス
    12.5 ストレージ系サービス
    12.6 コンテンツ配信系サービス
    12.7 データベース系サービス
    12.8 分析系サービス
    12.9 データ転送系サービス
    12.10 コンテナ系サービス
    12.11 サーバレス系サービス
    12.12 デベロッパーツール系サービス
    12.13 セキュリティ、アイデンティティ、コンプライアンス
    12.14 機械学習系サービス
    12.15 カスタマーエンゲージメント系サービス
    12.16 VMware Cloud on AWSとAWS Outposts

    用語集

    索引
    執筆者紹介  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    人気 63位
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    人気 64位
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       

    AWS 新書一覧

    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    AWS認定資格の中で、クラウドオペレーションの役割を持つシステム管理者を対象に、管理・運用、デプロイ、セキュリティに関する知識やスキルを持っているかを証明するのが「AWS 認定SysOpsアドミニストレーター?アソシエイト」です。
    本書は、2021年に改訂された新しい「SOA-C02」試験に対応した試験対策教科書です。合格に必要な「モニタリング、ロギング、修復」「信頼性と継続性」「デプロイ、プロビジョニング、オートメーション」「セキュリティとコンプライアンス」「ネットワークとコンテンツ配信」「コストとパフォーマンス最適化」といったカテゴリの知識を、しっかり丁寧に解説しています。
    実際にAWSを使ったシステムの豊富な運用経験と深い知識を持った著者が、合格のポイントになる知識と解答の考え方を理解できるように構成しています。
    さらに、練習問題と模擬問題で知識を解答につなげる力がしっかりと身につきます。
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    最短でAWSを学ぶ「情報のハブ」としての入門書!

    最短最速で今必要な知識を⾝につけるために、「情報のハブ」というコンセプトで書き下ろした新しいAWS⼊⾨書です。

    「情報が多すぎて何から⼿を付ければいいかわからない」
    「ボリュームのある資料のうち今⾃分に必要な情報はどれかがわからない」
    「そもそもこの資料でよいのか、ほかに読んでおくべき資料があるのかもわからない」

    新しい技術を学ぼうとすると、こんなハードルにぶつかりがちです。
    本書は、⽟⽯混交な情報リソースの中から、AWSエンジニアとして押さえておきたい情報源をふまえ、現場で活躍するエンジニアたちが必須の基礎知識を解説。AWSの根本にある考え方や最低限のAWSの構成、現場で必須となるセキュリティなどを知識が身につけられます。
    AWSパートナー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたクラスメソッドのエンジニア陣が送る、AWS初学者必携の1冊です。  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    まったくの初心者でもクラウドとAWSの基礎から分かるから合格率100%!

    クラウド技術者向けのベンダー資格として人気の高い「AWS認定資格」のうちでも、もっとも初級の資格である「クラウドプラクティショナー」の試験対策本が、最新情報に対応して改訂!
    クラウド技術者を目指して、これからクラウドの勉強を始める人に最適の一冊です。

    実際の試験内容に即した内容として好評の『一夜漬けAWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイト直前対策テキスト』の姉妹本。  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    本書では、従来のシステムをLambdaで構築するときの設計手法や具体的な事例の作成を通じてLambdaでのプログラミング手法を解説します。第2版では、2022年の最新情報にアップデート、SAM開発環境に対応しました。
     AWS Lambdaは、サーバーを必要としないプログラムの実行環境です。開発者が処理したい内容を小さな関数として実装すると、必要に応じて、それが実行される仕組みです。
     サーバーを必要としないということは、運用の手間やコストを削減できるということです。この利点はとても大きいため、新規の開発案件では、Lambdaが採用されるケースが増えています。しかし、Lambdaによる開発に大きなメリットがあるといっても、すぐに移行できるほど話は簡単ではありません。従来のEC2インスタンスを使った開発とLambdaを使った開発とでは、プログラミングの方法はもちろん、設計の考え方も大きく異なるからです。Lambdaを使い始めるには、Lambdaの仕組みの理解と、その特性を活かした設計の考え方を習得することが不可欠です。
     本書では、従来のシステムをLambdaで構築するときの設計手法や具体的な事例の作成を通じてLambdaでのプログラミング手法を解説します。とくにLambdaを使った開発では、AWSサービスの操作に重きを置きます。Lambdaを活かせるかどうかは、AWSの各種サービス――ストレージのS3、プッシュサービスのSNS、メール送信のSESなど――を、いかに使いこなせるかに左右されます。そこで本書では、実例を通じて、そうしたAWSサービスの実際の使い方にも言及されています。

    ※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
    購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    「AWS 認定 高度なネットワーキング」に頻出する内容を1冊にまとめました!

    本書はAWSのネットワークに関する知識を体系的に1冊にまとめました。AWS認定試験を受験される方はもちろん、AWSのネットワークについて学びたい方や、知識をアップデートしたい方にもおすすめの1冊です。  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    AWSの最初の一歩としての基本の知識を、1冊にぎゅっと凝縮した入門書。
    誰もが確実に知識を身につけられるように、豊富な図解とわかりやすいテキストで、AWSの幅広い知識を体系的に解説していきます。

    <本書の特徴>
    ● オールカラーの紙面に、図や画面を豊富に掲載。楽しく、直感的にわかりやすい内容を目指しました。
    ● 仮想サーバー、ストレージ、ネットワーク、データベース、セキュリティなどの根幹をなすサービスを、コストや利用イメージなども交えながら丁寧に解説。基本の知識がしっかり身につきます。
    ● ITシステムに馴染みのない人でもつまずかないよう、サーバーやネットワークなどの基礎知識もやさしく解説します。
    ● コンテナ、サーバーレスコンピューティング、機械学習などの新しいサービスもしっかり紹介。いまどきのシステム開発の基礎知識も身につきます。
    ● 定番のサービスだけでなく、知っておきたい便利なサービスも多数掲載。本書では60以上のサービスを紹介しています。


    Chapter 1 Amazon Web Servicesの基礎知識

    SECTION01 AWSを知るはじめの一歩
    SECTION02 クラウド関連の用語を知っておこう
    SECTION03 AWSを理解する6つのポイント
    SECTION04 サービスの分類と代表的なサービス
    SECTION05 日本国内の導入事例から利用イメージをつかもう


    Chapter 2 Amazon Web Servicesの始め方

    SECTION01 アカウントを作成してAWSの利用を始める
    SECTION02 AWSサービスを操作する3つの方法
    SECTION03 AWSサービスの利用料を可視化する
    SECTION04 AWSのシステムが構築される場所を選ぶ


    Chapter 3 コンピューティングサービス

    SECTION01 押さえておきたいサーバーの基礎知識
    SECTION02 EC2で仮想サーバーを手軽に作成できる
    SECTION03 仮想サーバーを安全に外部に公開する
    SECTION04 負荷に応じてサーバーを自動的に追加・削除する
    SECTION05 サーバーを持たずにプログラムを実行する
    SECTION06 サーバーレスの活用法をもっと理解する
    SECTION07 コンテナの仕組みと特徴を理解する
    SECTION08 ECSでコンテナのメリットを享受する
    SECTION09 サーバー知識なしで使える代表的なサービス5選


    Chapter 4 ストレージサービス

    SECTION01 Amazon S3はデータの保存場所
    SECTION02 Amazon S3の基本用語と基本操作
    SECTION03 Amazon S3のデータを適切に保存する
    SECTION04 Amazon S3のデータを安全に公開する
    SECTION05 仮想サーバーのデータはEBSに保存する
    SECITON06 データ共有・バックアップ・転送のためのサービス


    Chapter 5 ネットワークとコンテンツ配信サービス

    SECTION01 ネットワークの重要用語を覚えよう
    SECTION02 Amazon VPCで仮想ネットワークを作る
    SECTION03 Amazon VPCの主要機能の使い方
    SECTION04 VPC同士や外部サービス、オンプレミスとの接続
    SECTION05 他のAWSサービスと組み合わせた構成例
    SECTION06 ELBで負荷分散して可用性を高める
    SECTION07 高性能で手軽に使えるDNSサービス
    SECTION08 CloudFrontで高速かつ落ちないネット配信を実現
    SECTION09 多彩なネットワーク機能を提供するサービス7選


    Chapter 6 データベースサービス

    SECTION01 押さえておきたいデータベースの基礎知識
    SECTION02 AWSでリレーショナルデータベースを使う
    SECTION03 Auroraの高機能で便利な特徴を知っておこう
    SECTION04 キーと値の組み合わせでデータを管理する
    SECTION05 データ分析のために大量データを取り込む
    SECTION06 データベース移行に役立つサービス2選
    SECTION07 多種多様なデータベースに対応するサービス7選


    Chapter 7 セキュリティ、アイデンティティサービス

    SECTION01 AWSのセキュリティをしっかり理解しよう
    SECTION02 IAMはAWS利用時のセキュリティの要
    SECTION03 すべての操作を記録して証跡として残す
    SECTION04 設定履歴や設定内容を自動で管理する
    SECTION05 AWSの怪しい操作を検知して不正を防ぐ
    SECTION06 Webアプリケーションのセキュリティを強化する
    SECTION07 システムのセキュリティを強固にするサービス6選


    Chapter 8 知っておきたいその他のサービス

    SECTION01 溜めたデータを次に生かすサービス6選
    SECTION02 お手軽に始める機械学習
    SECTION03 システム自体を管理するサービス4選  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
    AWSを始めたくて購入しました 初心者でもわかりやすい内容となっているので 追いかけながら学習していこうと思います 難しい表現がすくなく細めのすっきりしたフォントが 目にやさしく読みやすいです
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    ※当商品には動画は付きません。動画セットをご希望の方は紙版の<【Amazon特別セット】『かんたん理解 正しく選んで使うためのクラウドのきほん』動画講座付きセット>をご購入ください。


    AWS、Azure、Google Cloudを一気に知りたい、欲張りなあなたへ!

    本書は、AWS(Amazon Web Services)、Azure、Google Cloudという、現在よく使われているクラウドサービスについて、横断的に学習できる書籍です。

    「クラウドサービスの全体像を理解したい」
    「3つの違いをしっかり把握してから、どれを使うか選びたい」
    「Amazon Web Servicesのこのサービスについては知っているけれど、他のサービスではどうなっているのかな?」

    そんな風に思っている方に、ぴったりの1冊です。


    ※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
    ※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。
    ※本書内容はカラーで制作されているため、カラー表示可能な端末での閲覧を推奨いたします  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    AWS プラットフォームで分散型のアプリケーションやシステムを設計するための高度な技術スキルと経験が検証されるのが、「AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル」(SAP-C01)試験です。プロフェッショナル試験では、具体的な業務要件や課題をケース問題で出題されるため、基本知識をベースに、要件や課題の内容に対応した最適な回答を考える応用力が求められます。
    本書はAWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナルに向けたテキスト&問題集になっています。出題範囲である「組織の複雑さに対応する設計」「新しいソリューションの設計」「移行の計画」「コスト管理」「継続的な改善」を網羅して、具体的な要件や課題を考えながらポイントとなるサービスの利用方法を紹介し、最適な解答につながるように丁寧に解説しています。
    また、章末の確認テストや模擬試験で、合格に必要な応用力が確実につくようにしています。


    ■目次 第1章 AWS認定ソリューションアーキテクト–プロフェッショナル
    1-1 試験の概要 2
    AWS認定の全体像
    AWS認定ソリューションアーキテクト–プロフェッショナル
    検証される能力
    推奨される知識と経験
    試験分野
    関連サービス
    1-2 お勧めの学習方法
    模擬試験
    検証用のAWSアカウント
    Well-Architected Framework
    AWSブログ
    ユーザーガイド、開発ガイド
    デジタルトレーニング
    その他お勧めの公式ソース
    アウトプット
    その他非公式ソース

    第2章 組織の複雑さに対応する設計
    2-1 組織の認証とアクセス戦略
    クロスアカウントアクセス
    AWS Directory Service
    SSO
    2-2 組織のネットワーク設計
    VPCエンドポイント
    クライアントVPN
    AWS Site-to-Site VPN
    AWS Direct Connect
    VPCピア接続
    AWS Transit Gateway
    Route 53プライベートホストゾーンとRoute 53 Resolver
    2-3 マルチアカウント環境
    AWS Organizations
    AWS CloudFormation StackSets
    AWS CloudTrail
    AWS Service Catalog
    AWS Control Tower
    2-4 確認テスト
    問題
    解答と解説

    第3章 新しいソリューションの設計
    3-1 セキュリティ
    AWS KMS
    AWS CloudHSM
    AWS Certificate Manager
    Amazon Cognito
    3-2 信頼性
    EC2 Auto Scaling
    Route 53
    Kinesis
    3-3 事業継続性
    RPOとRTO
    バックアップ&リカバリー(バックアップと復元)
    パイロットランプ
    ウォームスタンバイ(最小構成のスタンバイ)
    マルチサイトアクティブ/アクティブ
    3-4 パフォーマンス
    EC2のパフォーマンス
    ジャンボフレーム
    ストレージのパフォーマンス
    3-5 導入戦略
    デプロイサービス
    デプロイメントパターン
    3-6 確認テスト
    問題
    解答と解説

    第4章 移行の計画
    4-1 移行可能なワークロードの選択
    AWS Cloud Adoption Readiness Tool
    AWS Application Discovery Service
    4-2 移行ツール、移行ソリューション
    AWS Snowファミリー
    AWS Server Migration Service(SMS)
    AWS Database Migration Service(DMS)
    4-3 移行後の設計
    S3を中心としたデータレイク
    Amazon Simple Email Service(SES)
    AWS Transfer Family
    IPアドレスに依存した設計
    低遅延を実現するサービス
    4-4 移行戦略
    7つのR
    4-5 確認テスト
    問題
    解答と解説

    第5章 コスト管理
    5-1 料金モデルの選択
    Amazon EC2のコスト
    Amazon S3のコスト
    Amazon DynamoDBのコスト
    その他リザーブドオプション
    5-2 コスト管理、モニタリング
    コスト配分タグ
    AWS Cost Explorer
    AWS Cost Anomaly Detection
    AWS Budget
    請求アラーム
    5-3 コスト最適化
    マネージドサービスの利用
    データ転送料金の削減
    AWS Compute Optimizer
    5-4 確認テスト
    問題
    解答と解説

    第6章 継続的な改善
    6-1 トラブルシューティング
    AWS Healthイベント
    AWS X-Ray
    Amazon VPCのモニタリング
    6-2 運用の優秀性
    AWS Systems Manager
    S3バッチオペレーション
    異常検出
    6-3 信頼性の改善
    EC2インスタンスをステートレスに
    疎結合化による信頼性の改善
    データベースへのリクエスト改善
    6-4 パフォーマンスの改善
    Amazon CloudFront
    AWS Global Accelerator
    Amazon ElastiCache
    Amazon API Gateway
    6-5 セキュリティの改善
    AWS Secrets Manager
    AWS WAF
    AWS Shield
    AWS Network Firewall
    AWS Firewall Manager
    6-6 デプロイメントの改善
    AWS CDK
    コンテナ
    6-7 確認テスト
    問題
    解答と解説

    第7章 模擬テスト
    7-1 模擬テスト問題
    7-2 解答と解説
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
    AWS認定試験の中で最も難しい試験ですが、この対策本はとても読みやすいと思います。構成や書体もうまく考えられているので、お勧めです。
     
       
    本書の内容
    ▼本書のポイント
    ・最新の「AWSサービス」をフル活用
    ・手順がしっかりわかる「ハンズオン」
    ・「ユースケース」から学ぶ最適な設計

    AWSにおけるコンテナ環境の設計・構築のノウハウを凝縮、
    基本から実践的な知識まで、しっかりと学べます。

    ▼対象読者
    本書では、次のような読者の方々を想定しています。
    ・これからAWSを活用してコンテナを学習しようとしている方
    ・オンプレミスからクラウドネイティブなアプリケーションへの移行を検討
    されている方
    ・Lift& Shiftに向けて、コンテナを活用しようとしている方
    ・プロダクション運用を念頭に置いたコンテナ設計を体系的に学習したい方
    ・自ら手を動かしながらAWSサービスを学びたい方

    ▼本書の構成
    本書は全5章から構成されています。コンテナ技術の概要から、設計・構築・運用といった一連の流れについて、ハンズオンを交えながら触れていきます。
    第1章では、Dockerを中心としたコンテナの概要について紹介します。コンテナを活用するメリットやユースケースを考察するとともに、コンテナの導入に向けて考えておくべきことを述べています。
    第2章では、コンテナに関するAWSの各種サービスを紹介します。Amazon ECSやAWS Fargateに関するサービスの説明に加えて、これらサービスごとのメリットやデメリット、連携が可能な他のAWSサービスについて触れます。
    第3章では、AWS上でコンテナを利用する際のアーキテクチャ設計について検討します。本書のメイントピックであり、AWS Well-Architectedフレームワークの方針に沿って最適なコンテナ設計を考えていきます。セキュリティ設計や信頼性に関する設計等だけではなく、検討したアーキテクチャに対する分析や考察も述べていきます。
    第4章では、第3章で検討した設計ポイントを基にハンズオン形式でアーキテクチャを構築していきます。基本的なコンテナ関連のAWSサービス利用に重点を置き、AWS上でアプリケーションを稼働させることを目指します。
    第5章では、第4章ハンズオンの実践編と位置づけ、運用、セキュリティ、最適なパフォーマンスに必要なアーキテクチャを構築していきます。CI/CDに必要なAWS Codeシリーズを始め、スケーリング戦略の実装方法等を紹

    ■目次
    Chapter 01 コンテナの概要
    1-1 コンテナという技術
    1-2 Dockerとは
    1-3 オーケストレータとは
    1-4 コンテナ技術を導入するために考慮すべきこと

    Chapter 02 コンテナ設計に必要なAWSの基礎知識
    2-1 AWSが提供するコンテナサービス
    2-2 アーキテクチャの構成例
    2-3 各アーキテクチャに適応したユースケース
    2-4 AWSでコンテナを利用する優位性

    Chapter 03 コンテナを利用したAWSアーキテクチャ
    3-1 本章を読み進める前に
    3-2 Well-Architectedフレームワークの活用
    3-3 設計対象とするアーキテクチャ
    3-4 運用設計
    3-5 セキュリティ設計
    3-6 信頼性設計
    3-7 パフォーマンス設計
    3-8 コスト最適化設計

    Chapter 04 コンテナを構築する(基礎編)
    4-1 ハンズオンで作成するAWS構成
    4-2 ネットワークの構築
    4-3 アプリケーションの構築
    4-4 コンテナレジストリの構築
    4-5 オーケストレータの構築
    4-6 データベースの構築
    4-7 アプリケーション間の疎通確認

    Chapter 05 コンテナを構築する(実践編)
    5-1 ハンズオンで構築するAWS構成
    5-2 運用設計:Codeシリーズを使ったCI/CD
    5-3 運用設計&セキュリティ設計:アプリケーションイメージへの追加設定
    5-4 パフォーマンス設計:水平スケールによる可用性向上
    5-5 セキュリティ設計:アプリケーションへの不正アクセス防止
    5-6 運用設計&セキュリティ設計:ログ収集基盤の構築
    5-7 運用設計:FargateによるBastion(踏み台ホスト)の構築
    5-8 セキュリティ設計:Trivy/Dockleによるセキュリティチェック  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
    内容がしっかりで、試験に受かったに非常に役に立った、今後仕事中にも参考書として引き続き読ませていただきます。ありがとうございます。
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    AWSではデータサイエンス分野で利用できるさまざまなサービスが提供されています。本書では、それらのサービスを有効に使って、データの収集、分析、モデルの訓練、テスト、デプロイまでの一連のプロセスを行う方法を紹介します。
    対象とする事例は、ヘルスケアデータ、時系列データ、自然言語処理、画像分類、不正検出、需要予測、レコメンデーションシステムなど非常に多岐にわたります。
    本書の目的は、Amazon SageMakerをはじめとしたAWSの機械学習サービスの詳細を説明するだけでなく、AWSのサービスを組み合わせることで、データサイエンスとアプリケーション開発の統合を図り、開発を効率化することであり、データサイエンティスト、データアナリスト、データエンジニア、MLエンジニアはもちろん、アプリケーション開発者や管理職にとっても役に立つ一冊です。  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    本書は、AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト(SAA-C02)試験対策の問題集です。

    AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト試験に合格するためには、AWSサービスの基礎知識を身に付けるとともに、基本的な要求仕様に対して最適な答えを導き出す訓練が必要です。試験対策として、できるだけ多くの演習問題に取り組み、解く力を高めることが重要になります。
    本書は、試験の特徴を踏まえた演習問題を豊富に掲載し、丁寧に解説しています。また、巻末の模擬試験で実力チェックおよび知識の定着が可能です。さらに、押さえておきたいAWSのサービス・機能や、出題されるシナリオの特性もしっかり解説しています。

    執筆・監修陣は、AWSでの豊富な経験を持つメンバー並びにAWSのプレミアコンサルティングパートナー企業に所属するエンジニア達で構成しており、確かな力が身に付く内容になっています。受験者必携の1冊です。


    ◆本書の構成◆
    第1章 AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト試験の概要と特徴
    第2章 各種サービスの概要
    第3章 試験で問われるシナリオの特性
    第4章 レジリエントアーキテクチャの設計
    第5章 高パフォーマンスアーキテクチャの設計
    第6章 セキュアなアプリケーションとアーキテクチャの設計
    第7章 コスト最適化アーキテクチャの設計
    第8章 模擬試験
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
    本番同レベルの模擬問題が多いので知識の定着に助かりました。 こちらをつかって問題慣れして合格できました。
    AWSの試験を受験しなくてはならくなったので、購入させて頂きました。内容は分かりやすいので勉強が捗ります。
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    「AWS 認定 データベース」に頻出する内容を1冊にまとめました!

    ■AWS認定とは
    AWS 認定試験は、AWSに関する知識・スキルを測るための試験です。レベル別・カテゴリー別に認定され、基礎コース・アソシエイト・プロフェッショナルの3つのレベルと、ネットワークやセキュリティなど分野ごとの専門知識(スペシャリティ)があります。またアソシエイトとプロフェショナルは、アーキテクト・開発者・運用者の3つのカテゴリーを用意し、それぞれの専門にあった知識を問われます。基本的にはIT エンジニア向けの試験ですが、基礎コースにあたるクラウドプラクティショナーのように、営業職や経営者・管理職に推奨されている資格もあります。
    クラウドプラクティショナーは、クラウドの定義や原理原則・メリットなど、これからAWSを学んでいく上で入門的な内容の試験となります。
    本書の対象であるAWS認定データベースのような専門知識を問う認定試験は年々増えています。これはAWSのサービスが多岐にわたり、一人の人間ですべてをカバーする事が難しくなっているためでしょう。専門分野の認定をすることにより、個人の得意とすることを客観的に証明できます。今後、ますます重要になってくるのが、この専門分野、スペシャリティでしょう。

    ■本書の特徴
    □特徴1:短期学習、読み飛ばしが可能な構成!
    サービスごとに要点を整理しているため、得意な範囲は読み飛ばせるように工夫しました。
    ・項目ごとの確認問題で、まずはスキルチェック
    ・サービスごとの構成や特徴を理解しやすいように細かく図解
    ・複雑な項目はまとめで知識の整理

    □特徴2:豊富な練習問題を解きながら学べる!
    60問を超える練習問題を掲載しました。直近で出題が予想される内容にしてあります。
    ・章のおわりに関連する問題をまとめて掲出
    ・選択肢ごとに詳しく、丁寧に解説
    ・問題を解いたあとは対応する範囲を再確認できるように構成

    □特徴3:実務者の知識のアップデートにも最適!
    執筆時点で最新のサービス、技術を丁寧に解説してあります。
    ・最新のサービスやリージョンを踏まえて学習
    ・サービスごとの最新機能も網羅的に解説
    ・試験を受験しない方にとっても、知識のアップデートに最適

    ■目次
    第1章AWS試験概要と学習方法
    第2章RDBデータベースサービス
    第3章NoSQLデータベースサービス
    第4章その他のデータベースサービス
    第5章展開および移行
    第6章監視、トラブルシューティング、セキュリティ
    第7章AWS Well-Architected
    第8章練習問題  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    AWSの使い方をハンズオンで学んでいろいろなものを作れるようになる、最近のエンジニアのための必須の書籍です。

    ※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    ※このKindle本はプリント・レプリカ形式で、Kindle Paperwhiteなどの電子書籍 リーダーおよびKindle Cloud Readerではご利用いただけません。Fireなどの大 きいディスプレイを備えたタブレット端末や、Kindle無料アプリ (Kindle for iOS、Kindle for Android、Kindle for PC、Kindle for Mac) でのみご利用可能 です。また、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用については、一部機 能しない場合があります。文字だけを拡大することはできません。※プリント・レプリカ形式は見開き表示ができません。

    ※この電子書籍は紙版書籍のページデザインで制作した固定レイアウトです。

    APNプレミアティアコンサルティングパートナーの渾身の1冊
     企業情報システムではクラウドに構築するシーンが多くみられますが、オンプレミスとしているシステムも多数あります。本書は、現在オンプレミスで運用している情報システム担当者にむけ、クラウド移行のポイントをまとめたものです。クラウドとオンプレミスの連携や、移行の7Rなど、コンパクトにポイントを押さえた解説で、全体像が手にとるようにわかります。

    はじめに
    目次

    第1章 パブリッククラウドの利用
    1.1 クラウド利用のメリット・デメリット
    1.2 目標を定める
    1.3 2025年の崖
    1.4 Mode2という考え方
    1.5 クラウド導入の障壁
    1.6 クラウドへの移行の流れ

    第2章 コスト試算
    2.1 現在のTCOの算出
    2.2 利用サービスの検討
    2.3 AWS利用料の試算
    2.4 移行費用の試算

    第3章 移行方法の検討
    3.1 移行の7R
    3.2 リロケート・・・場所替え
    3.3 リホスト・・・ホスト替え
    3.4 リプラットフォーム・・・乗せ換え
    3.5 リパーチェス・・・買い替え
    3.6 リファクタ/リアーキテクチャ・・・再設計
    3.7 リテイン・・・現状維持
    3.8 リタイア・・・廃止

    第4章 クラウド化成功のためのガイドライン作成
    4.1 ガイドライン作成の範囲
    4.2 ガイドライン作成の体制
    4.3 ガイドライン作成の進め方

    第5章 AWSアカウントの開設のポイント
    5.1 AWSアカウントの開設方法
    5.2 AWSパートナーについて
    5.3 アカウント構成について

    第6章 クラウド利用の2大構成
    6.1 フルクラウド構成
    6.2 ハイブリッド構成
    6.3 先進的な構成例

    第7章 クラウドならではの可用性
    7.1 リージョンとアベイラビリティゾーン
    7.2 可用性
    7.3 負荷分散
    7.4 自動復旧

    第8章 責任範囲
    8.1 責任共有モデル
    8.2 AWSが担保する範囲
    8.3 ユーザが担保する範囲

    第9章 ネットワークの設計と構成
    9.1 AWSにおけるネットワーク設計
    9.2 アベイラビリティゾーン(AZ)を跨ぐ通信
    9.3 リージョン間の通信
    9.4 オンプレミスとの接続
    9.5 他のアカウントのAmazon VPCへの接続

    第10章 運用・保守の検討
    10.1 バックアップ
    10.2 監視
    10.3 監査
    10.4 標準化
    10.5 自動化
    10.6 コスト最適化

    第11章 教育
    11.1 目指すべきスキル
    11.2 おすすめの学習法
    11.3 AWSの資格制度

    第12章 AWSの各サービス解説
    12.1 AWS全体像
    12.2 移行計画・実施・マネジメント
    12.3 コンピューティング系サービス
    12.4 ネットワーキング系サービス
    12.5 ストレージ系サービス
    12.6 コンテンツ配信系サービス
    12.7 データベース系サービス
    12.8 分析系サービス
    12.9 データ転送系サービス
    12.10 コンテナ系サービス
    12.11 サーバレス系サービス
    12.12 デベロッパーツール系サービス
    12.13 セキュリティ、アイデンティティ、コンプライアンス
    12.14 機械学習系サービス
    12.15 カスタマーエンゲージメント系サービス
    12.16 VMware Cloud on AWSとAWS Outposts

    用語集

    索引
    執筆者紹介  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    AWS(アマゾンウェブサービス)認定デベロッパーアソシエイトの試験対策テキストです。この資格を取得することで、自社やお客様の開発現場でアプリケーションを開発する人にとって有効なエビデンスとなり、お客様や担当者に安心して依頼してもらえるようになります。
    AWSでは日々成長するサービスですが、本書では機能やサービスを身に付けることに注力しているので、資格取得の役に立つ構成となっています。

    SECTION1 AWAS認定 デベロッパーアソシエイト
    SECTION2 展開(デプロイ)
    SECTION3 セキュリティ
    SECTION4 開発
    SECTION5 リファクタリング
    SECTION6 モニタリングとトラブルシューティング
    SECTION7 本試験想定問題集  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
    ホワイトを注文しました。 大事なのコンセントを横に抜いて良いものを縦に使用しています。 用途別でも差し分けることができるので便利です。 今のところ良く使えるので良い買い物でした。
    試験内容について広く浅く纏まってます 元々AWSのSAA資格相当の知識がある方ならこの本だけでDVA合格できるとおもいます (私もこれだけで合格しました)
    とてもわかりやすくてよかったです。 実際の設定画面のスクリーンショットなどもあり、参考になりました。 章末問題もよかったです。
     
       
    本書の内容

    AWSのネイティブ機能を組み合わせて
    安全かつ堅牢なインフラを構築・運用

    本書は、AWS(Amazon Web Services)を利用して、
    インフラを構築/運用する方法を解説する入門書です。
    クラウドでネットワーク&サーバー構築を行うために必要な基礎知識や、
    AWSのネイティブ機能を組み合わせて安全かつ堅牢なインフラを構築/運用
    するための設定方法やノウハウを解説します。

     ○Amazon VPCによるインフラ基盤の構築方法
     ○Amazon EC2による踏み台サーバー・Webサーバーの作り方
     ○Amazon RDSによるDBサーバーの作り方
     ○負荷分散のためのロードバランサーの構築
     ○独自ドメインやSSL証明書の取得
     ○メールサーバーやキャッシュサーバーの構築
     ○サービスの監視を組み込む方法
     ○月々のAWS利用料金の管理

    など、現場のノウハウをあますところなく紹介/解説していきます。
    「AWSを用いたインフラ構築/運用の方法が知りたい」方におすすめの一冊です。

    ▼対象読者
    ○AWSでインフラを構築したいエンジニア(AWSを使うのは初めて)

    ▼本書の特徴
    ○AWSによるインフラ構築・運用の方法がわかる
    ○インフラ構築の際に必要なネットワーク&サーバー構築の知識・手順を
     ステップバイステップ形式で学ぶことができる

    ▼扱う機能
    ○構築
     VPC、EC2、RDS、S3、Certification Manager、Route 53、SES、ElastiCache
    ○運用
     IAM、CloudWatch、請求

    ※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
    ※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
    ※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
    ※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    AWSを使って安全で堅牢なアプリケーションの設計およびデプロイできる知識をもっているかを証明するのが、「AWS認定 ソリューションアーキテクト - アソシエイト」試験です。
    本書は、2020年に改訂された新しい「SAA-C02」試験に対応した改訂を行った試験対策教科書です。合格に必要な「レジリエントアーキテクチャの設計」「高パフォーマンスアーキテクチャの設計 」「セキュアなアプリケーションとアーキテクチャの設計」「コスト最適化アーキテクチャの設計」といったカテゴリの知識を、しっかり丁寧に解説しています。
    実際のAWSを使ったシステムの豊富な構築経験と深い知識を持った著者が、合格のポイントになる知識と解答の考え方を理解できるように構成しています。
    さらに、練習問題と模擬問題で知識を解答につなげる力がしっかりと身につきます。

    第1章 AWS認定資格
    1-1 AWS認定試験の概要
    1-2 学習教材
    1-3 学習の進め方
    1-4 何に重きをおいて学習すべきか

    第2章 グローバルインフラストラクチャとネットワーク
    2-1 リージョンとアベイラビリティゾーン
    2-2 VPC

    第3章 ネットワーキングとコンテンツ配信
    3-1 CloudFront
    3-2 Route 53

    第4章 コンピューティングサービス
    4-1 AWSにおけるコンピューティングサービス
    4-2 EC2
    4-3 ELB
    4-4 ECS
    4-5 Lambda

    第5章 運用支援サービス
    5-1 AWSにおける運用支援サービス
    5-2 CloudWatch
    5-3 CloudTrail

    第6章 ストレージサービス
    6-1 AWSのストレージサービス
    6-2 EBS
    6-3 EFS
    6-4 S3
    6-5 S3 Glacier
    6-6 Storage Gateway
    6-7 FSx

    第7章 データベースサービス
    7-1 AWSのデータベースサービス
    7-2 RDS
    7-3 Redshift
    7-4 DynamoDB
    7-5 ElastiCache
    7-6 その他のデータベース

    第8章 セキュリティとアイデンティティ
    8-1 セキュリティとアイデンティティ
    8-2 KMSとCloudHSM
    8-3 AWS Certificate Manager

    第9章 アプリケーションサービス
    9-1 AWSのアプリケーションサービス
    9-2 SQS
    9-3 SWFとStep Functions
    9-4 SNSとSES

    第10章 開発者ツール
    10-1 AWSにおける継続的なアプリケーション開発の支援サービス
    10-2 CodeCommit
    10-3 CodeBuild
    10-4 CodeDeploy
    10-5 CodePipeline

    第11章 プロビジョニングサービス
    11-1 AWSにおけるプロビジョニングサービス
    11-2 Elastic Beanstalk
    11-3 OpsWorks
    11-4 CloudFormation

    第12章 分析サービス
    12-1 EMR
    12-2 ETLツール
    12-3 その他の分析サービス

    第13章 AWSのアーキテクチャ設計
    13-1 AWSにおけるアーキテクチャ設計
    13-2 回復性の高いアーキテクチャ
    13-3 パフォーマンスに優れたアーキテクチャ
    13-4 セキュアなアプリケーションおよびアーキテクチャ
    13-5 コスト最適化アーキテクチャ
    13-6 オペレーショナルエクセレンスを備えたアーキテクチャ

    第14章 問題の解き方と模擬試験
    14-1 問題の解き方
    14-2 模擬試験
    14-3 模擬試験の解答
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
    広く浅く網羅的に問題形式に触れながら勉強できるので未経験者の方の最初の1冊にオススメできます。 章ごとの練習問題は少ないですが、巻末の45問分の模擬問題を含めて解説が選択肢aが~なので正解です。ではなく、全ての選択肢について解説しており消去法で正解を導けるほど丁寧です。 AWSの試験ではどの参考書でも同じですが未経験者が参考書1冊で合格するのは難しいです。 ネットの資料や練習問題、模擬試験も活用しましょう。
    昨年クラウドプラクティショナーに合格したので、今年はSAAをと思い購入。各章とも少し突っ込んだ内容だがコレだけでは合格は難しいと思います。 問題集やウェビナーを駆使して対策を立てる必要があると思います。
    大事なところを掻い摘んで書いているので、これだけで合格するのは厳しいかと思いますが、ポイントを理解して、その後ほかのツールで勉強するには適している参考書かと思います。
     
       
    本書の内容
    本書は、2020年に改定された「AWS認定 ソリューションアーキテクト – アソシエイト」の新試験[試験番号: SAA-C02]に対応した受験対策教科書です。
    同試験の対策においては、「AWS Well-Architectedフレームワーク」の理解が非常に重要です。本書は、このフレームワークにある「運用上の優秀性」「セキュリティ」「信頼性」「パフォーマンス効率」「コスト最適化」の5つの柱を意識しながらAWSの各サービスやユースケースについて知識を深められるよう構成しています。
    各解説では、受験する上で重要となるポイントを別枠「試験対策」にまとめているので、合格に直結する知識を効率良く身に付けることができます。
    AWS設計と運用に関する豊富な知識と経験を持つ著者陣が、試験対策のみならず、現場で役立つAWSのクラウド活用についても解説しているので、実戦的な知識まで身に付きます。
    試験を体験できる模擬問題1回分(ダウンロード版)付き。  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
    AWSの基礎を学ぶ、及びソリューションアーキテクトアソシエイト試験にチャレンジする導入としてはよいと思いますが、この本で学んだあと、udemyなどの模擬試験を繰り返して勉強しないと合格は厳しいと思います。
    まとめて言うといい本と思います。 論理的な知識は多いですが、練習集別で用意した方が良さそうです。aws興味がありましたら不可欠な本です。
    ま友達から進め商品でした。まだ読みません、新しい本です。この本だけで見ると、aws認定を合格 できると思います。
     
       
    本書の内容
    本書は、2020年に改定された「AWS認定 ソリューションアーキテクト – アソシエイト」の新試験[試験番号: SAA-C02]に対応した受験対策教科書です。
    同試験の対策においては、「AWS Well-Architectedフレームワーク」の理解が非常に重要です。本書は、このフレームワークにある「運用上の優秀性」「セキュリティ」「信頼性」「パフォーマンス効率」「コスト最適化」の5つの柱を意識しながらAWSの各サービスやユースケースについて知識を深められるよう構成しています。
    各解説では、受験する上で重要となるポイントを別枠「試験対策」にまとめているので、合格に直結する知識を効率良く身に付けることができます。
    AWS設計と運用に関する豊富な知識と経験を持つ著者陣が、試験対策のみならず、現場で役立つAWSのクラウド活用についても解説しているので、実戦的な知識まで身に付きます。
    試験を体験できる模擬問題1回分(ダウンロード版)付き。  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    本書は、2020年11月リリースの最新版、Spring Boot 2.4 の応用書です。
    Spring Bootアプリケーションをいくつか作成しながら、他ツールやクラウド(AWS)との連携について解説しています。ご興味がありましたら、是非一読ください。

    1 はじめに
     1.1 本書の対象者
     1.2 本書について
     1.3 ソースコードについて
     1.4 Spring Frameworkとは
     1.5 Spring Bootとは

    2 環境構築
     2.1 JDKをインストールする
     2.2 Spring Tools 4 をインストールする
     2.3 Spring Tools 4 を日本語化する
     2.4 Spring Tools 4 でJDKを設定する
     2.5 Lombokをインストールする

    3 REST API とは
     3.1 ドキュメントの作成方法を確認する
     3.2 学習方法について
     3.3 CRUD(クラッド)操作ができるようにする
     3.4 CRUDを自作する

    4 MyBatis
     4.1 データを取得して表示する
     4.2 データのCRUD操作ができるようにする
     4.3 SQLをXMLに記述する
     4.4 ページネーションを実装する

    5 AWS アカウントの作成方法

    6 AWS Elastic Beanstalk とは
     6.1 Elastic BeanstalkでWebアプリケーションを作成する

    7 Amazon Route 53 + Certificate Manager
     7.1 Route 53でドメインを取得する
     7.2 HTTPSでアクセスできるようにする

    8 付録:Amazon RDS
     8.1 Amazon RDSでWebアプリケーションを動作させる

    9 付録
     9.1 ソースコードのインポート

    10 参考資料&推薦書籍
     10.1 書籍
     10.2 サイト

    11 あとがき  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    AWSの設計原則に従った確かな知識+最近の試験傾向を踏まえた重要ポイント+本番の形式に慣れる模擬問題=合格!

    Amazon Web Services(AWS)を利用した適切な設計をできる技術、知識を証明する資格として、今クラウド系のエンジニアの間で注目の「AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト試験」。その短期集中対策として、85%という高い合格率を誇る勉強会のカリキュラムを書籍化!

    2020年7月から全面切り替えされた新バージョン試験「SAA-C02」に対応した改訂版がいちはやく登場。受験者必携の一冊です。

    【本書の内容】
    Chapter 1 AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト試験の概要
    Chapter 2 アソシエイト試験の解き方ガイド
    Chapter 3 出題が予想される用語
    Chapter 4 アーキテクチャベストプラクティスの設計原理
    Chapter 5 「レジリエントアーキテクチャの設計」についてのベストプラクティス
    Chapter 6 「高パフォーマンスアーキテクチャの設計」についてのベストプラクティス
    Chapter 7 「セキュアなアプリケーションとアーキテクチャの設計」についてのベストプラクティス
    Chapter 8 「コスト最適化アーキテクチャの設計」についてのベストプラクティス
    Chapter 9 アソシエイト試験実践問題+AWSサービス用語集  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
    ゆるい言葉遣いで書かれていてビックリしましたが、かなりまとまった内容になっていて本当に総仕上げ用なのだなと思います。最初に読んでもさっぱりわからないので、実務経験のない人は他である程度勉強してから読むといいです。
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    電子書籍の普及や技術同人誌の盛り上がりにより、PDFを以前より手にする機会はもちろん、配布する機会も多くなりました。その中で、再配布や加工を防止している書類はあまり多くないと思っています。そこで本書では、PDFをAWSのサーバレス環境を利用して、動的に保護する手段について解説しています。さらに、構築した環境を組み合わせ、最終的にAPI化する部分まで紹介します。
    【目次】
    第1章 基本的な準備をする
    第2章 開発周りの準備をする
    第3章 ウォーターマークを追加する
    第4章 文字列入りページを追加する
    第5章 カスタムプロパティーを追加する
    第6章 暗号化する
    第7章 API化する
    第8章 Webサイトに組み込む
    付録A Serverless Frameworkを利用してLambdaを管理する
    付録B CloudFormationを利用してAWSリソースを管理する  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    (序文より一部抜粋)
    本書は、AWSを実務において利用するにあたり、
    インフラ担当者として現場で触れることの多いサービスをピックアップし、
    シンプルかつ明瞭に、その概念や操作方法を理解して構築・運用できるよう、
    その手順・マニュアルをまとめたものです。

    対象読者は、タイトルの通り、AWS実務入門者向けの本です。
    AWSに触れて日が浅い方や、これからAWSを導入しようとしている方、または、AWSのインフラの基本を学びたい開発者、といった方々を想定しています。

    本書を読み進めるうえでの前提としては、AWSアカウントを取得し、AWSマネジメントコンソールへのアクセスができる状態にしておいてください。

    ぜひ、「習うより慣れよ」で、実際にご自身で操作しながら読み進めてください。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    目次
    序文
    第1章 VPC
    1.1 概要
    1.2 命名規則
    1.3 IP設計(IPv4)の考え方と注意点
    1.4 VPCの操作
    1.4.1 VPCを作成する
    1.4.2 (参考)デフォルトのVPC
    1.4.3 (参考)リージョン
    1.5 サブネットの操作
    1.5.1 サブネットの作成
    1.6 インターネットゲートウェイの操作
    1.6.1 インターネットゲートウェイの作成
    1.7 ルートテーブルの操作
    1.7.1 VPC用ルートテーブルの確認
    1.7.2 パブリックサブネット用ルートテーブルの作成と関連付け
    1.7.3 プライベートサブネット用ルートテーブルの作成と関連付け
    1.7.4 (参考)メインのルートテーブルについて
    第2章 IAM
    2.1 概要
    2.2 命名規則
    2.3 IAMユーザー・グループの操作
    2.3.1 IAMグループを作成し、ポリシーをアタッチする
    2.3.2 IAMユーザーを作成し、グループに所属させる
    2.4 IAMロールの操作
    2.4.1 IAMロールを作成し、ポリシーをアタッチする
    2.4.2 (参考)カスタムポリシーの作成方法
    第3章 セキュリティグループ
    3.1 概要
    3.2 命名規則
    3.3 SGの操作
    3.3.1 共通操作
    3.3.2 SGの設定変更
    3.3.3 SGの新規作成
    3.3.4 SGの削除
    第4章 EC2
    4.1 概要
    4.2 命名規則
    4.3 EC2の操作
    4.3.1 EC2の作成
    4.3.2 SSH接続(CentOSのケース)
    4.3.3 RDP接続(Windowsのケース)
    4.3.4 グローバルIPを固定にしたい場合(ElasticIP)
    4.4 AMI取得と削除
    4.4.1 AMIの取得
    4.4.2 AMIの削除
    4.5 インターネットとの通信
    4.5.1 IGWの作成とVPCへのアタッチ
    4.5.2 ルーティング設定
    4.6 DNSへの登録(Route53)
    4.7 プライベートサブネットからインターネットへの通信
    4.7.1 NAT gatewayの作成とサブネットへのアタッチ
    4.7.2 ルーティング設定
    4.8 EBSボリュームの追加と拡張
    4.8.1 単純にボリュームを拡張するケース
    4.8.2 EBSを追加するケース
    小ネタ&便利技 1
    プライベートIPを引き継いでEC2インスタンスを復元する
    第5章 ELB・AutoScaling
    5.1 概要
    5.2 命名規則
    5.3 ELBの操作
    5.3.1 ターゲットグループの作成
    5.3.2 ロードバランサーの作成
    5.3.3 ELBのヘルスチェックの確認
    5.3.4 ターゲットの登録
    5.3.5 ターゲットの登録解除
    5.4 AutoScalingの操作
    5.4.1 起動テンプレートの作成
    5.4.2 AutoScalingグループの作成
    5.4.3 AutoScaling起動インスタンスの確認
    5.5 ELBとAutoScalingの連携
    5.6 (参考)スケールインの保護について
    5.7 (参考)AutoScaling環境下でのAMI差し替えと起動方法の一例
    5.7.1 起動テンプレートのAMI差し替え
    5.7.2 AutoScaling環境下で起動中のEC2インスタンスを入れ替え
    小ネタ&便利技 2
    S3の使い方
    小ネタ&便利技 3
    CodeDeployの使い方とAutoScalingとの連携
    第6章 CloudFront
    6.1 概要
    6.2 用語の意味
    6.3 ディストリビューションの作成
    6.3.1 ディストリビューションのGeneral設定
    6.3.2 Origin(オリジン)の編集と追加
    6.3.3 Behaviorの設定
    6.3.4 Errorページの設定
    6.4 (参考)AWS WAF Web ACLの作成方法
    6.4.1 IP setsの設定
    6.4.2 Web ACLsの作成
    6.5 (参考)Certificate Managerの使い方
    6.6 (参考) Origin Access Identityについて
    6.6.1 OAIの作成
    小ネタ&便利技 4
    SNSでのメール通知
    第7章 CloudWatch
    7.1 概要
    7.2 CloudWatch
    7.2.1 EC2インスタンスにアラームをセットしてみよう
    7.2.2 一般的なアラームの作成手順
    7.3 CloudWatch Logs
    7.3.1 IAMロールの割り当て
    7.3.2 エージェントインストールと設定
    7.3.3 ロググループ
    7.3.4 メトリクスフィルターの作成
    7.3.5 アラームの作成
    7.4 CloudWatch Events
    小ネタ&便利技 5
    awscliでのCW Logsへの連携
    小ネタ&便利技 6
    CWeventsとSSM連携による自動化
    小ネタ&便利技 7
    CWeventsとLambda連携による自動化  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    本書は、5つの章で構成されています。
    まず第1章でAIの基礎知識、第2章で機械学習のワークフローなどについて説明します。
    次章以降、Pythonで実際に操作していきます。第3章では、画像認識(Rekognition)、音声認識(Transcribe)、チャットボット作成(Lex)、予測モデル作成(Forecast)などを見てみます。AWS AIの世界はさらに広がります。第4章では、モデルの作成、トレーニング、デプロイといった、機械学習の一連のプロセスを実現する完全マネージド型サービス「SageMaker」にチャレンジします。
    そして最終章で、深層学習フレームワーク「AWS Deep Learning AMI」を紹介。より一層柔軟に環境を構築したいケースに便利なサービスです。

    AWS AIのサービスは多岐にわたっており、全貌をつかむのも一苦労です。本書のナビゲートに沿って操作し、何ができるのか、どのように進めればよいのかを体感しましょう!  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    「データレイク」は、大量データ分析/生成データの活用を視野に入れた新しいデータストアのかたちです。従来のデータベース/データウェアハウスの範囲に収まらない多様なデータを大量に保管し、高度な統計分析や機械学習に役立つ情報基盤を作ることが可能です。
    本書ではデータレイクの概念や特徴、必要とされる機能などを基本から解説し、さらにAmazonが運営するパブリッククラウドサービスAWS(Amazon Web Services)で実現する方法を解説します。
    従来では想定しえなかった大量のデータを確実に保管するため、データレイクの世界ではクラウドのようなサービス型インフラストラクチャの活用が注目されます。さらにAWSではオブジェクトストレージS3上のデータを直接分析するAmazon Athena、データウェアハウスのAmazon Redshift、機械学習を実現するAmazon SageMakerなど、データレイクを支えるさまざまな仕組みが存在します。
    本書ではそれらの活用の指針を解説するとともに、後半ではシステムの構築例を具体的に解説していきます。ビジネスデータ分析とログなどの生成データ分析を例に、システム構築の流れを詳しく紹介し、機械学習や統計分析をビジネスの現場で活かせる仕組みの技術的なヒントを数多く提供します。  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    本書は、AWS認定ソリューションアーキテクト-プロフェッショナル試験対策の問題集です。
    プロフェッショナル試験では、具体的な業務要件や課題をもとにしたケース問題が長文で出題されます。試験時間も長く、知識だけではなく思考力や応用力が求められます。合格するためには、問題に示されたシナリオを熟読したうえで最適な答えを導き出す訓練が必要不可欠です。
    本書は、このような試験の特徴を踏まえて演習問題とその解説に重点を置き、総仕上げとして模擬試験を掲載しています。さらに、AWSのサービス・機能を概説するとともに、出題されるシナリオの特性をしっかり解説。確かな実力が身に付く1冊です。

    執筆・監修陣は、AWSでの豊富な経験を持つメンバー並びにAWSのプレミアコンサルティングパートナー企業に所属するエンジニア達で構成しており、ポイントを押さえながら一つ一つ丁寧に説明しています。


    ◆本書の構成◆
    第1章 AWS認定ソリューションアーキテクト-プロフェッショナル試験の概要と特徴
    第2章 各種サービスの概要
    第3章 試験で問われるシナリオの特性
    第4章 「組織の複雑さに対応する設計」分野におけるケース問題
    第5章 「新しいソリューションの設計」分野におけるケース問題
    第6章 「移行の計画」分野におけるケース問題
    第7章 「コスト管理」分野におけるケース問題
    第8章 「既存のソリューションの継続的な改善」分野におけるケース問題
    第9章 模擬試験
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
    ある程度のawsの知見がある人は、もしかしたらこれ一冊で合格出来る人もいるようです。 (実際自分の周りにも数人いました、特に模擬試験は参考になりました)
    ソリューションアーキテクトアソシエイトの数少ない問題集です。日本語でも分かりやすく解説された唯一無二に近い、受験者必須の問題集です!
    プロフェッショナルの初めての日本語対策本が出ましたので、購入しました。内容はこれから学習してからですが、読みやすそうな構成です。
     
       
    本書の内容
    AWSのAmazon Connectでは、電話番号をもらってコンタクトセンターというサービスを開始することができます。本書ではその中でも通話音声の活用法についてまとめました。読み進めることで、AWS上でリアルタイムに通話音声を活用することが可能となります。

    【目次】
    第1章 何について書いているの?
    第2章 高速かもしれないスタートアップ
    第3章 盗聴?いえ、モニタリングです
    第4章 CCP改造計画
    第5章 Real Time Streaming
    第6章 おかたづけ  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    Kubernetes は、すべての機能を理解するのが難しい、と言われます。しかし実は、そのコア部分を理解し、利用するだけでも、従来のアプリケーション稼働環境をシンプルにできる、有用な製品です。また、AWS はパブリッククラウドとして最大のシェアを持つサービスですので、AWS 上で稼働するアプリケーションの開発や運用に携わっている方も多いのではないでしょうか。そんな話題のAWS上でKubernetes環境を構築し、アプリケーションを動かす! というのが本書です。AWS を使ったことがある方、あるいはAWS に関心のある方で、Kubernetes の基本を押さえたい方には最適の一冊となります。

    本書は、主に以下の方を対象としています。
    ● DevOps を実践するためのインフラ知識習得の一環
    として、コンテナベースの開発プロセスやKubernetes
    の基本的な使い方を理解したいアプリケーションエン
    ジニアの方
    ● 普段はEC2(Elastic Computing Cloud)を中心とし
    たサービスを使っており、コンテナやKubernetes などに触る機会がないが、近い将来避けて通れない技術であるため、しっかり体系だって知識習得したいと考えているAWS エンジニアの方

    本書の効用(ゴール)
    本書を読み終える頃には、以下ができるようになります。
    ● AWS 上にKubernetes 環境を構築し、その環境上で
    Web アプリケーション、バッチアプリケーションを動
    かすことできる
    ● Kubernetes 上でアプリケーションを動作させる仕
    組みが理解できる
    ● コンテナベースでアプリケーションを動かす場合に、アプリケーションとして考慮すべき事項が理解できる
    ● Kubernetes で本番運用する際に考慮しなければな
    らない点の概要を理解できる  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    ※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
    ※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。
    ※本書内容はカラー(2色)で制作されているため、カラー表示可能な端末での閲覧を推奨いたします。


    ゼロをイチにする、AWSではじめるLinuxサーバー構築の入門書

    本書はAWSクラウド上で、Linuxによるサーバー構築をゼロから学べる書籍です。
    ゼロ(やったことがないこと)をイチ(やったことがある)にすることを目的に、制作しました。

    これからクラウドやLinuxを学ぶ、次の方々を対象としています。
    ・ITエンジニア職を目指す学生
    ・ITエンジニア職への転職を予定している社会人
    ・内製化にシフトしようとしている情報システム部門
    ・情報システム部に異動になった非IT部門

    近年、システムを構築する手段としてクラウドは欠かせない技術となっております。
    Linuxサーバーも例に漏れず、マイクロサービス、サーバーレスアーキテクチャといった、サーバーを開発者や運用者が管理しないクラウド最適化された構成が増えてきています。しかし、これらはあくまでも最適な設計をするための一手段でしかありませんし、依然としてサーバーも有効な設計手段です。

    また、クラウドへの移行時には、いきなりすべての設計や運用を最適化するケースよりも、まずはそのままの設計、運用で移行するケースも多くあります。

    本書を通じて学ぶことで、そのような移行案件や新規案件、クラウド上でのサーバー運用、構築をこれから担当される方々に、実際に手を動かしながら、クラウド上でLinuxサーバーを構築することの、スピード、俊敏性、機動性に触れていただき、IT 技術の素晴らしさを知ることができます。

    ●目次
    第1章 環境の概要
    第2章 セキュアな環境を構築する
    第3章 AWSでのLinuxサーバーを起動しよう
    第4章 管理者を設定しよう
    第5章 インストールを実行してみよう
    第6章 ターミナルでコマンド操作してみよう
    第7章 ファイルを操作してみよう
    第8章 エディタを操作してみよう
    第9章 パーミッションで権限を設定しよう
    第10章 スクリプトを実行してみよう
    第11章 Linuxサーバーをモニタリングしてみよう
    第12章 Linuxのセキュリティを設定しよう
    第13章 ネットワークについて学ぼう
    第14章 バージョン管理もAWSで
    第15章 コンテナ環境を作ってみよう
    第16章 データーベースを操作してみよう
    第17章 WordPressサーバーを構築してみよう
    第18章 Redmineサーバーを構築してみよう
    第19章 EC2インスタンス もっと知りたいこと
    第20章 学習の終わりにAWSリソースを削除しよう

     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    クラウド基盤として広く利用されているAmazon Web Services(AWS)の活用技法について、初学者の方にもわかるようにわかりやすく解説します。AWSの概要や歴史、基礎知識、関連知識の学習方法に始まり、最近のAWS開発で求められるWebアプリケーション構築のポイント、サーバレスアプリケーション開発、さらにデータ収集、分析と可視化までを1冊で学ぶことができます。AWSの膨大な製品・ソリューション群の中でも読者が開発・運用でAWSを利用するために理解しておくべきポイントを、最新の技術トレンドを踏まて具体的に解説しました。  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
    丁寧な対応に感謝します 安心できる書店です
     
       
    本書の内容
    AWSなら機械学習やディープラーニングの理論を学んだり、高性能なパソコンを購入しなくても、すぐに使える学習済みAIが提供されているので、手軽にAIソフトウェアの開発を体験できます。本書は、AWS(Amazon Web Services)のAIサービスを利用した実用的なAI構築の入門書です。画像に特定の人物が映っているかの判定、色々な言語で書かれた文章の翻訳、翻訳したテキストを音声で再生するソフトなどを作って、AI技術を体験してみましょう!

    ※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    AWSを実機代わりにインフラ技術が学べる!

    「自分でネットワークやサーバーを構築できるようになる」。これが本書の目的です。
    新しいものを学習するとき、実際にやってみるのが一番。従来は物理機器がないと学べませんでしたが、今はクラウドがあります。
    本書は、代表的なクラウドサービス「Amazon Web Services」を実機代わりにネットワークを学び直す、をコンセプトにまとめた1冊です。
    インフラを学びたい若手技術者にも、インフラを学び直したいアプリ開発者にもオススメです。

    ◆改訂3版における主な変更点は、以下の通りです。
    ----------------------------------
    ・「Amazon Linux」から「Amazon Linux 2」に変更
    Amazon Linux 2はRHEL 7ベースになっており、Linuxサービスの起動や停止、自動起動の設定方法が大きく変わっています。その手順についての記載を修正しました。

    ・MySQLからMariaDBに変更
    Amazon Linux 2にパッケージとして含まれるデータベースが、MySQLからMariaDBに変わりました。インストール方法が変わるので、その手順についての記載を修正しました。

    ・WordPressが要求するPHPのバージョンアップ手順追記
    WordPressの最新版では、PHP 5.6.20以降を要するようになりました。Amazon Linux 2のパッケージに含まれるPHPは、この要件を満たさないため、PHPのバージョンアップをする手順を追加で記載しました。  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    第1版2020年2月15日 初版発行
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    サーバレスアーキテクチャを使ってどのようにBotサービスを展開できるか、マイクロサービスの代表的なクラウドサービスAWS Lambdaについて学びたい方向けに執筆しました。前書「AWSlambda、DynamoDB、API GatewayでTwitterボット作成」ですとTwitter開発者アカウントの取得が非常に厳しくなっていることから、TwitterボットではなくLINEボットで作成する方法をまとめました。したがって、Twitter開発者アカウントを持っていないが実際に手を動かして学びたい方に本書はお役に立てるものと思います。実務経験者の方であれば目を通すだけでもほぼ理解できるようにAWSコンソールの画面図やアーキテクチャ図も豊富にしてあります。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    本書読者対象としましては、node.jsについて理解していること。また、REST APIについて理解または使用経験があることです。
    Node.jsについては前前書「Node.js+Express+MySQLとAzure App ServiceでTwitterボット作成 第2版」でいちから学べるようになっています。そちらをご覧になってみてください。

    目次
    改訂履歴
    はじめに
    環境
    免責事項
    サンプルコード
    Lesson1 LambdaでLINEボットを動かす
    Section1: 開発環境構築
    1.1. Ubuntuの場
    1.2. Windowsの場合
    1.2. Macの場合
    Section2 : AWS lambdaのアーキテクチャ
    Section3 : まずはAWS lambdaでLINEボットを作ってみる
    3.1 LINE開発アカウントを準備
    3.3 AWS環境下ごしらえ
    3.4 LINEボットをプログラミングしてLambdaにアップロード
    3.5 API Gatewayの作成
    3.5 CloudWatch Eventsでauto_talkを定期的に実行
    Lesson2 DynamoDB
    Section4: DynamoDBを利用する
    4.1 DynamoDBにテーブルを作成
    4.2 DynamoDBを利用したLambdaへ!
    Lesson3:複数の友達にマルチキャスト
    Lesson3:複数の友達にマルチキャスト
    Section5.1 FollowerのIDを取得するLambdaを作成
    Section5.2 FollowerのUserIDをDynamoDBに保存
    Section5.3 友達全員へトーク文をマルチキャスト
    あとがき
    書籍紹介
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    【「ITエンジニア本大賞2021」技術書部門 入賞! 】

    Amazon Web Servicesのしくみがすぐにわかる!

    Amazon Web Services(AWS)のしくみや関連技術についてわかりやすく解説する図解本です。エンジニア1年生、IT業界などへの転職・就職を目指す人が、AWS関連の用語、しくみ、クラウドとネットワークの基礎技術などを一通り学ぶことのできる、1冊目の入門書としてふさわしい内容を目指します。本書では、クラウドやネットワークの基礎から解説し、AWSのサーバーサービス、ストレージサービス、ネットワークサービス、データベースサービスについて具体的なサービス名を挙げながら初心者向けにわかりやすく紹介します。今までのAWS解説書では用語がわからず難しかったという人も本書なら安心して学ぶことができます。  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
    Amazon Web Servicesを独学で勉強するために購入しました。無償のサービスを利用して実際に操作しながら、どのようなしくみになっているものかがわかるようになりました。
    対象本を探していたところ中古で安価の商品があり購入。中古でもなんら問題ない程度の物で大変助かります。
    AWSはなんでも出来るんですね、 と分かったものの 何から手を出していいのやらw
     
       
    本書の内容

    AWS入門書の決定版

    アマゾン ウェブ サービス(AWS)社のプロダクトマーケティング エバンジェリスト 亀田治伸氏、およびテクニカルトレーナ 山田裕進氏の執筆による、AWSの利用を前提としたクラウド入門。

    一般的なクラウドコンピューティングの概要、AWSクラウドの基礎知識、概念、テクノロジー、セキュリティ、代表的なサービスなどについて理解できる。付録では、AWSの料金、セミナー・イベントおよびトレーニング、AWS認定、アカウント設定などについて解説。さらにAWSの主なサービスの一覧を掲載。

    クラウドコンピューティングおよびAWSについての実用的な情報を求める様々な方に最適。

    【対象読者】
    ・IT企業の新入社員
    ・情報システム部/経営企画部の方
    ・中小企業の経営者
    ・IT企業の営業担当
    ・AWSパートナー企業
    ・ITに意識高いビジネスパーソン
    ・他の分野からクラウド分野へ転身の開発者

    【目次】
    第1章 クラウドコンピューティングの特徴とメリット
     ―はじめてのAWS―
    第2章 ITシステムの使用例とAWSの主要サービス
     ―AWSはどんなときに使う?―
    第3章 AWS導入のメリットその1
     ―ネットワーク&コンピューティングを活用する―
    第4章 AWS導入のメリットその2
     ―ストレージを活用する―
    第5章 AWS導入のメリットその3
     ―データベースを活用する―
    第6章 AWS導入のメリットその4
     ―クラウドセキュリティの考え方―
    第7章 新しいテクノロジーへの取り組みとクラウドネイティブ開発
     ―これからの時代に求められるスキルと人材―
    付録A AWSのご利用にあたって
    付録B AWSサービス一覧

    ※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
    ※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
    ※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
    ※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    AWS Lambdaの新しい機能として、好きな言語でサーバーレス関数を実行できるカスタムランタイム(Lambda Custom Runtime)が追加されました。本書は、このカスタムランタイムをPHPで使うための解説書です。基本的な実行方法から独自のランタイムを作成し利用する方法まで紹介し、さらにいくつかのPHPフレームワークを実際にLambda上で動かすまでの流れも解説しています。PHP以外の言語でカスタムランタイムを実行する際にも役に立つ一冊です。

    【目次】
    第1章 必要なものをそろえよう
    1.1 Docker
    1.2 AWSアカウント
    1.3 AWS CLI
    1.4 SAM CLI
    第2章 早速使ってみよう
    2.1 Lambdaの設定をする
    2.2 API Gatewayの設定をする
    2.3 呼び出してみる
    第3章 応用して使ってみよう
    3.1 必要なものを用意する
    3.2 PHP7.1をビルドする
    3.3 ビルドした実行環境に差し替える
    3.4 boorstrapとphp.iniの変更
    3.5 再アップロードして新バージョンの作成
    3.6 Amazon S3からレイヤーをアップロードする方法
    3.7 拡張を追加してみる
    3.8 PHP5.6をビルドする
    第4章 コマンドでデプロイしよう
    4.1 AWS CLIで操作してみる
    4.2 SAM CLIで操作する
    4.3 デプロイしたアプリケーションを削除する
    第5章 フレームワークを使ってみよう
    5.1 前提条件
    5.2 Slim Framework 3
    5.3 CodeIgniter
    5.4 CakePHP3
    5.5 Yii Framework
    5.6 Laravel
    5.7 Phalcon
    5.8 所感
    第6章 サンプル的なアプリケーションを構築してみよう
    6.1 前提条件
    6.2 アプリケーション構築
    6.3 SAMテンプレートの構築
    6.4 デプロイ&動作確認する
    6.5 ローカルで実行する  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    【 2020年5月4日更新 】
    一部「httpsブラウザ表示設定」「EC2サーバー設定」の追加を行いました。
    ※Login機能のコマンドを修正

    【 オススメ:コマンド集を使い素早く体験可能!! 】
    コマンド集が3, 29ページにリンクが記載されています。
    コマンド集は、全て読まなくても、進めるようにコマンド順&サンプルコードを記載してますので、使って見てください。
    早くLaravelフレームワークの体験が可能です。

    【 読者ターゲット】
    「PHP初心者本が終わって、次に何を学ぶか?を考えている人」、「フレームワークを学んでみたい人」、「Laravelって何?」など、PHPの初心者〜中級者の人向けに書いています。特に「フレームワークを勉強しようとしたけど難しかった」という人、勉強の仕方がわからない人にはぴったりかと思います。「フレームワーク」を勉強したい!そんな人にはぜひ「読みながら=作って」ほしいと思います。レッスンブックですので、作りながら学ぶ内容です。特に「コマンド」は何回も出てきますが、慣れていきましょう。
    ※AWSのアカウント登録は済ませてください。
    ※AWS+Cloud9の課金想定:1ヶ月想定( 20日 x 4時間 = 2.05 USD )とAWS Cloud9サイトに記載されています。また本書の初期設定レベル(デフォルトの最低限のスペックが推奨)での計算です。https://aws.amazon.com/jp/cloud9/pricing/ を参考にしてみてください。
    https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/aws-cloud9-tokyo/


    【開発環境】
    「AWS Cloud9」というクラウド開発環境を使います。「AWS Cloud9」サービスに登録していただければ、自分のパソコンに環境をインストールする必要なく、クラウド上の管理画面ボタンを押していくだけで「クラウド上に開発環境」が作れるからです。失敗したらすぐに削除し、新規で「プロジェクト」を作り直せる(複数同時進行での作成も可能です)ので、フレームワーク初心者には失敗しても打撃がない、丁度よい環境です。開発では、環境準備で「あきらめる」人が多いので、本書では「AWS Cloud9」で進めることにしています。  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    AWSインフラ構築/管理の基礎と手法を網羅。アカウント作成から、システム規模の自動化(自動スケーリング)までカバーした格別の一冊! 無料枠での利用についても適宜示しています。多くの章で共通するテーマの1つが「自動化」。本書の内容を試せば、AWS CloudFormationを使いこなせるようになるでしょう―Part 1では、活用事例や長所、料金などを紹介した後、基本サンプルとしてWordPressシステムの構築法を示します。Part 2では、インフラ構築/管理の基礎事項を中心に説明。Part 3では、データを格納する6種類の方法を具体的に見ていきます。Part 4では、動的スケーリングが可能で、高可用性そして耐障害性を持つインフラアーキテクチャを重点的に見ていきます―[サーバー&ネットワーク]自動デプロイ、セキュリティ、サーバーレス開発…[データストア]オブジェクト、リレーショナル、共有、キャッシュ、NoSQL…[高信頼化]高可用性、耐障害性、オートスケーリング…AWSには、さまざまなメリット―最新機能の活用、自動化、スケーラビリティ、信頼性、より短期間での環境構築など―があります。本書の内容を把握すれば、こうしたメリットを享受できる準備が整うはずです。※本書は『Amazon Web Services in Action, Second Edition』の翻訳書です。掲載した画面や手順は、2019年8月上旬に確認したものを掲載していますが、今後変更される可能性があります。

    ※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
    購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    エキスパートが合格ポイントを徹底解説。オールインワンで対策は万全!

    ★エキスパートがAWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト合格に導きます! 対策書籍の決定版★

    世界トップのITコンサルティングファーム・アクセンチュアのクラウドコンサルタントが
    AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト(SAアソシエイト)合格へ効率的な学習法を提示します。

    テキスト+練習問題+模擬試験(65問)+用語集の【オールインワン】で、この1冊をマスターすれば試験対策は万全。
    再認定受験にも最適な1冊です。

    ●合格への確実な一歩が踏み出せる●

    SAアソシエイト試験では、AWSの膨大なサービスが出題範囲となります。そのため、慣れない用語が頻出し、
    適切なガイダンスなしでは合格が難しくなります。
    本書は、アクセンチュア内部でSAアソシエイト合格者を多数輩出しているAWSコンサルタント育成のための
    超効率的トレーニングメソッドを誌面で再現。合格のポイントが凝縮された1冊です。

    ●最短ルートの学習法で合格!●

    【その1】頻出の論点がマスターできる

    AWSトップエンジニア100にも選ばれ、サービスに精通した上級資格(プロフェッショナル級)保有者が出るところだけを徹底解説。

    【その2】オールインワンで詳細な問題解説が付属!

    解説と練習問題だけでなく、模擬試験(65問)と用語集が付属。模擬試験の答えを詳しく解説。1冊だけで合格できる。

    【その3】図解が豊富でわかりやすい

    理解しやすいよう数多くの図表を収録。複雑なサービスもスッとわかります。

    【その4】UDフォントを採用

    目にやさしいUD(ユニバーサルデザイン)フォントを採用。


     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
    AWSのサービスにあまり詳しくなく、どこから勉強を初めて良いか分かりませんでしたが、本書によりサービスの全体像をイメージ出来たのが良かったです。他の方が書かれているように試験対策としては、問題などが足りないような気がするため、他の書籍と合わせて勉強していこうと思います。
     
       
    本書の内容
    多種多様なクラウドサービスを展開し、市場を牽引する「AWS」。本書は、AWS認定プログラムにおけるアソシエイトレベルの3つの資格試験「ソリューションアーキテクト」「デベロッパー」「SysOpsアドミニストレーター」に対応した書籍です。
    アソシエイトレベルの認定を受けるためには、AWSの幅広い機能について基本をしっかり押さえることが重要です。本書では各AWS機能がどの試験区分で重点的に出題されるかを示していますので、苦手分野を把握し、効率的に学習することができます。  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    (概要)

    ※この商品は固定レイアウトで作成されており,タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また,文字列のハイライトや検索,辞書の参照,引用などの機能が使用できません。
    ※PDF版をご希望の方は Gihyo Digital Publishing ( https://gihyo.jp/mk/dp/ebook/2019/978-4-297-10662-1 )も合わせてご覧ください。


    Amazon Web Services(AWS)がはじめてでもわかる! AWSの入門書です。多数あるAWSのサービス(機能)の中から特に重要なものを厳選して解説。簡単なWebシステムの構築を通して基礎からしっかり身につきます。


    (こんな方におすすめ)

    ・Amazon Web Services(アマゾン・ウェブ・サービス,AWS)を使ってみたい初心者の方


    (目次)

    CHAPTER1 Amazon Web Servicesとは何か

  • 1-1 クラウドサービスとは

  • 1-2 巨大クラウドプラットフォームAmazon Web Services

  • 1-3 本書の流れ

  • CHAPTER2 AWSをはじめよう

  • 2-1 AWSを使うには

  • 2-2 AWSアカウントの作成

  • 2-3 AWSマネジメントコンソールの基本

  • 2-4 各種サービスのダッシュボード

  • 2-5 ユーザーを追加する

  • 2-6 請求情報を管理する

  • CHAPTER3 Webサイトを公開しよう

  • 3-1 Webサーバーの仕組みと作り方

  • 3-2 S3の特徴と料金

  • 3-3 この章での操作の流れ

  • 3-4 S3バケットの作成

  • 3-5 Static website hosting機能

  • 3-6 バケットポリシーの設定

  • 3-7 ファイルをアップロードする

  • 3-8 ツールを使ってアップロードする

  • CHAPTER4 LAMPサーバーでWordPressを動かそう

  • 4-1 ブログサーバーの仕組みと作り方

  • 4-2 EC2の特徴と料金

  • 4-3 EC2の操作と通信

  • 4-4 この章での操作の流れ

  • 4-5 EC2インスタンスを作成する

  • 4-6 SSHで接続する

  • 4-7 Apacheのインストール

  • 4-8 PHPのインストール

  • 4-9 MariaDBのインストール

  • 4-10 WordPressをインストールして設定する

  • CHAPTER5 データベースを活用しよう

  • 5-1 マネージドのデータベースサービスRDS

  • 5-2 この章での操作の流れ

  • 5-3 RDSのDBインスタンスを作成する

  • 5-4 WordPressのデータベースをDBインスタンスに変更する

  • 5-5 DBインスタンスの管理

  • CHAPTER6 固定IPアドレスとドメイン名を使おう

  • 6-1 IP アドレス・ドメイン名を設定するには

  • 6-2 Elastic IPで固定IPを割り当てる

  • 6-3 ドメイン名を使えるようにするには

  • 6-4 Route 53でDNSサーバーを作る

  • 6-5 ドメイン名を申請する

  • 6-6 EC2にドメイン名でアクセスできるようにする

  • 6-7 S3バケットにドメイン名でアクセスできるようにする

  • CHAPTER7 安全な通信を使おう

  • 7-1 通信をSSL/TLSで暗号化するには

  • 7-2 この章での操作の流れ

  • 7-3 証明書の作成

  • 7-4 ロードバランサーを構成する

  • 7-5 CloudFrontを構成する
  •  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    合格への最短ルート!

    AWS(Amazon Web Services)を活用・構築する知識を持っていることを証明するのがAWS認定です。
    その中で、「AWS認定 ソリューションアーキテクト - アソシエイト」は、AWS のテクノロジーを使用して安全で堅牢なアプリケーションを構築およびデプロイできる知識をもっているソリューションアーキテクト担当者向けの資格です。
    本書は、「AWS認定 ソリューションアーキテクト - アソシエイト」向けの試験対策教科書です。AWSアーキテクチャに求められる「高い回復性」「高パフォーマンス」「高いセキュリティ」「コスト最適化」「優れた運用・管理」といったカテゴリを、しっかり丁寧に解説しています。
    実際に豊富な構築経験と深い知識を持った著者が、試験の合格のポイントになる知識と解答の考え方が理解できるように構成しています。さらに、練習問題で知識を解答につなげる力がしっかりと身につきます。


    目次
    第1章 AWS認定資格
    1-1 AWS認定試験の概要
    1-2 学習教材
    1-3 学習の進め方
    1-4 何に重きをおいて学習すべきか

    第2章 グローバルインフラストラクチャとネットワーク
    2-1 リージョンとアベイラビリティゾーン
    2-2 VPC

    第3章 ネットワーキングとコンテンツ配信
    3-1 CloudFront
    3-2 Route 53

    第4章 コンピューティングサービス
    4-1 AWSにおけるコンピューティングサービス
    4-2 EC2
    4-3 ELB
    4-4 ECS
    4-5 Lambda

    第5章 運用支援サービス
    5-1 AWSにおける運用支援サービス
    5-2 CloudWatch
    5-3 CloudTrail

    第6章 ストレージサービス
    6-1 AWSのストレージサービス
    6-2 EBS
    6-3 EFS
    6-4 S3
    6-5 Glacier
    6-6 Storage Gateway

    第7章 データベースサービス
    7-1 AWSのデータベースサービス
    7-2 RDS
    7-3 Redshift
    7-4 DynamoDB
    7-5 ElastiCache

    第8章 セキュリティとアイデンティティ
    8-1 セキュリティとアイデンティティ
    8-2 KMSとCloudHSM
    8-3 AWS Certificate Manager

    第9章 アプリケーションサービス
    9-1 AWSのアプリケーションサービス
    9-2 SQS
    9-3 SWFとStep Functions
    9-4 SNSとSES

    第10章 開発者ツール
    10-1 AWSにおける継続的なアプリケーション開発の支援サービス
    10-2 CodeCommit
    10-3 CodeBuild
    10-4 CodeDeploy
    10-5 CodePipeline 195

    第11章 プロビジョニングサービス
    11-1 AWSにおけるプロビジョニングサービス
    11-2 Elastic Beanstalk
    11-3 OpsWorks
    11-4 CloudFormation

    第12章 分析サービス
    12-1 EMR
    12-2 ETLツール

    第13章 AWSのアーキテクチャ設計
    13-1 AWSにおけるアーキテクチャ設計
    13-2 回復性の高いアーキテクチャ
    13-3 パフォーマンスに優れたアーキテクチャ
    13-4 セキュアなアプリケーションおよびアーキテクチャ
    13-5 コスト最適化アーキテクチャ
    13-6 オペレーショナルエクセレンスを備えたアーキテクチャ

    第14章 問題の解き方と模擬試験
    14-1 問題の解き方
    14-2 模擬試験
    14-3 模擬試験の解答

     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
    AWSの表面的に理解するにはとても良い本だと思います。 資格も合格できました。
     
       
    本書の内容
    合格への最短ルート!

    AWS(Amazon Web Services)を活用・構築する知識を持っていることを証明するのがAWS認定です。「AWS認定 クラウドプラクティショナー」は、エンジニアだけでなくマネージャーや営業職など、さまざまなポジションを対象とした新しい試験で、AWSクラウドの知識とスキルを身に付け、全体的な理解を効果的に説明できるようになることが求められます。
    本書はその「AWS認定 クラウドプラクティショナー」向けの試験対策教科書です。AWSを利用していくのに必要となる「クラウドの概念」「セキュリティ」「テクノロジー」「請求と料金」といったカテゴリを、しっかり丁寧に解説しています。
    実際に豊富な構築経験と深い知識を持った著者が、試験の合格のポイントになる知識と解答の考え方が理解できるように構成しています。さらに、練習問題で知識を解答につなげる力がしっかりと身につきます。

    目次

    第1章 AWS認定資格
    1-1 AWS認定資格とは
    1-2 クラウドプラクティショナーについて
    1-3 学習方法

    第2章 AWSクラウドの概念
    2-1 クラウドとは
    2-2 AWSの長所と利点
    2-3 クラウドアーキテクチャの設計原理
    2-4 AWS Well-Architectedフレームワーク

    第3章 AWSのセキュリティ
    3-1 AWSの責任共有モデル
    3-2 AWSクラウドのセキュリティ
    3-3 IAM
    3-4 セキュリティグループ
    3-5 AWS ShieldとWAF
    3-6 Inspector

    第4章 AWSのテクノロジー
    4-1 AWSのサービス
    4-2 グローバルインフラストラクチャ

    第5章 コンピューティングサービス
    5-1 EC2
    5-2 ELB
    5-3 Auto Scaling
    5-4 Lambda
    5-5 その他のコンピューティングサービス

    第6章 ストレージサービス
    6-1 EBS
    6-2 S3
    6-3 その他のストレージサービス

    第7章 ネットワークサービス
    7-1 VPC
    7-2 CloudFront
    7-3 Route 53

    第8章 データベースサービス
    8-1 RDS
    8-2 DynamoDB
    8-3 その他のデータベースサービス

    第9章 管理サービス
    9-1 CloudWatch
    9-2 Trusted Advisor
    9-3 その他の管理ツール

    第10章 請求と料金
    10-1 AWS料金モデル
    10-2 請求ダッシュボード
    10-3 マルチアカウントの運用
    10-4 AWSのサポートプラン
    10-5 その他の請求サポートツール

     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
    まだ試験は受けておりませんのでなんとも言えませんが、他のレビューにもある通り試験をパスするには本書の内容で問題ないのかと思いました。
    梱包も綺麗で特に問題なく届きました。 注文後もすぐ発送されましたので満足しております。 また機会があれば注文させていただきます
    わかりやすいとは思いますが、これで合格できると言うほどでは、無いようです。必要な最低限の知識として考えると良いと思います。
     
       
    本書の内容
    [本書の特徴]
    DockerインストールからAWS ECSを使った基本的なオーケストレーションツールの使い方を紹介

    本書は、最初から読み進めていくことで基本的なDockerの使用方法が理解できるように構成しています。
    手を動かして理解することを主眼としていますので、理論的な構造などの話などは省いています。

    [本書のターゲット]
    ・Dockerを使いたいがどのようなシュツエーションで使っていいかわからない
    ・Linuxの基本的な操作ができる
    ・AWS ECSの基本的な使い方を学びたい

    [本書の構成]
    第1版 初版発行

    第1章 はじめに
    1.1 概要
    1.2 Dockerとは
    1.3 Dockerを使う流れ
    1.4 MACへのインストール
    1.5 Windowsへのインストール

    第2章 Dockerの基本設定
    2.1 Dockerコマンドでコンテナを起動する
    2.2 なぜDockerが軽いのか?

    第3章 Dockerの便利な使い方
    3.1 ワンライナーでDockerを起動
    3.2 データの永続化
    3.3 一時的にDockerコンテナで確認を行いたい

    第4章 Dockerfileを作る
    4.1 Dockerfileって簡単
    4.2 Dockerfileを作ってみる
    4.3 1コンテナ内で複数プロセスを稼働させたい

    第5章 Docker imageについて
    5.1 Dockerのイメージのレイヤーって?
    5.2 コンテナからイメージを作成する

    第6章 docker-composerを使ったコンテナ構築
    6.1 複数のコンテナを管理する
    6.2 1コンテナ1プロセスでDocker Composerで構築してみる

    第7章 Docker HUBを使ってみる

    第8章 AWS ECSを使用したオーケストレーション
    8.1 コンテナオーケストレーションツールとは
    8.2 AWSにおけるコンテナサービスについて
    8.3 AWS ECSの構成
    8.4 AWSの準備
    8.5 AWS ECSを構築する
    8.6 AWS ECS環境の削除


     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    (概要)
    本書は、AWS認定資格の中でもっともポピュラーな「AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト」試験の対策本です。2018年2月改訂の最新バージョンに対応しており、試験に役立つポイントをわかりやすく解説しています。また別冊に模擬試験とその解答・解説を掲載しています。受験の際にこの別冊を携帯すれば、直前まで自分の知識を確認することができ、認定資格取得に近づくことができるはずです。

    (こんな方におすすめ)
    ・AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイトを受験する人
    ・AWSの基本知識を学ぶたい人

    (目次)
    ■第1章AWS認定の概要
    1-1AWS認定資格
    1-2ソリューションアーキテクト アソシエイト
    1-3試験勉強の方法

    ■第2章クラウドでのアプリケーション設計の考え方
    2-1AWS Well-Architectedフレームワーク

    ■第3章リージョンとアベイラビリティーゾーン
    3-1リージョンとアベイラビリティゾーン
    3-2グローバルサービス

    ■第4章セキュリティ
    4-1責任共有モデル
    4-2AWSの権限管理
    4-3AWSのセキュリティ管理
    4-4AWSのサポート

    ■第5章ネットワーキング・コンテンツ配信
    5-1仮想ネットワーク
    5-2ネットワークセキュリティ
    5-3プライベート通信
    5-4DNS
    5-5CDN

    ■第6章コンピューティング
    6-1EC2インスタンス
    6-2EC2購入オプションによるコスト最適化
    6-3Lambda

    ■第7章ストレージ
    7-1S3(Amazon Simple Storage Service)
    7-2S3のストレージクラスとGlacierによるコスト最適化
    7-3S3のセキュリティ
    7-4S3 Webホスティング
    7-5EBSのボリュームタイプ
    7-6EFS(Elastic File System)

    ■第8章データベース
    8-1データベースサービス
    8-1RDS
    8-2DynamoDB
    8-3ElastiCache
    8-4Redshift
    8-5データベースサービスの比較

    ■第9章セキュアな複数階層アプリケーション
    9-1セキュアな複数階層サブネット
    9-2階層パターン
    9-3セキュリティ面でのメリット

    ■第10章高可用性構成
    10-1ロードバランサー
    10-2オートスケーリング
    10-3オートスケーリングによる耐障害性設計
    10-4オートスケールとインスタンス購入オプションによるコスト最適化
    10-5Queueによる負荷分散と動的スケーリング
    10-6キャッシュによる負荷分散
    10-7データベースの高可用性

    ■第11章モニタリング
    11-1CloudWatchによるモニタリング
    11-2カスタムメトリクス
    11-3アラート

    ■第12章プロビジョニング
    12-1コードを用いたインフラ構築の自動化
    12-2プロビジョニングツール

    ■別冊模擬試験(制限時間:130分間 問題数:65問)  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    本書は、2018年に試験改定された「AWS認定 ソリューションアーキテクト – アソシエイト」の新試験に対応した受験対策教科書です。豊富な知識と経験をもつ著者陣が、合格に必要な知識はもちろんのこと、現場で役立つAWSのクラウド活用についても解説しています。「AWSサービスの概要」「高可用性」「高パフォーマンス」「セキュリティ」「コスト最適化」「運用管理」の6章で構成され、しっかりと知識が身に付く解説のほか、各章末には練習問題を掲載。理解度の確認に最適です。また、解説では、受験する上で重要となるポイントを「試験対策」パーツにまとめているので、効率良く学習を進めることができます。さらに、本紙には掲載していない模擬問題1回分をWebよりダウンロード提供。基礎から実戦までの体系的な学習だけでなく受験に向けた総仕上げまで行える、受験者必携の一冊です。

    ※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
    購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    【ユースケース集を通じてAWS Lambdaを学ぼう!】

    本書はGo言語での実装を通して、入門から中級程度のAWS Lambdaの扱い方や、サーバーレスアーキテクチャの構成に不可欠なPaaS(API Gateway、S3、Dynamo DBなど)やツール(SAM、direnv)の扱い方を学ぶ、AWS Lambdaのユースケース集です。
    【目次】
    第1章 環境構築
    1.1 anyenv
    1.2 anyenvupdate
    1.3 goenvとGo
    1.4 pyenvとPython
    1.5 aws-cli
    1.6 aws-sam-cli
    1.7 saw
    1.8 direnv
    1.9 dep
    1.10 gig
    第2章 S3イベントの活用
    2.1 S3
    2.2 シーケンス
    2.3 フォルダー構成
    2.4 ソースコード
    2.5 テスト
    2.6 デプロイ
    2.7 削除
    第3章 SNSとSQSによるファンアウト
    3.1 概要
    3.2 SQS
    3.3 SNS
    3.4 シーケンス
    3.5 フォルダー構成
    3.6 ソースコード
    3.7 テスト
    3.8 デプロイ
    3.9 削除
    第4章 API GatewayとDynamoDBを使ったURL短縮サービス
    4.1 概要
    4.2 API Gateway
    4.3 DynamoDB
    4.4 シーケンス
    4.5 フォルダー構成
    4.6 ソースコード
    4.7 テスト
    4.8 デプロイ
    4.9 削除  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    更新履歴
    第1.1版 2020年1月27日Twitter開発者アカウント申請画面更新
    第1.2版 2020年2月13日 IAMロールの作成の説明をわかりやすく変更
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    (注意)
    Twitter開発者アカウントの新規取得が難しくなっていることから、Twitter開発者アカウントをお持ちではなく、手を動かして学びたい方は「サーバーレスを学ぼう。AWS LambdaとLINE Messaging APIでLINEボット作成」をオススメします。2020年2月15日出版予定です。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    最近注目を浴びているサーバレスアーキテクチャ、その代表的なクラウドサービスAWS Lambdaについて学びたい方向けに執筆してみようと思いました。
    この本に興味を持っていただけるということはある程度それが何なのか、漠然とでも把握しているかと思います。しかし、まだ実際に手を動かしていないという方のため執筆しました。実務経験者の方であれば目を通すだけでもほぼ理解できるようにAWSコンソールの画面図やアーキテクチャ図も豊富にしてあります。

    また、実際の開発現場をある程度模倣し、IAMというアクセス権限を管理する機能を利用して、開発者であるみなさんの権限を絞って開発を進めていくような手順にしました。

    本書読者対象としましては、node.jsについて理解していること。また、REST APIについて理解または使用経験があることです。
    Node.jsについては前書「Node.js+Express+MySQLとAzure App ServiceでTwitterボット作成 第2版」でいちから学べるようになっています。そちらをご覧になってみてください。
    また、Twitter APIの仕組みとそれを理解するためのコードやテストケースも前書でかなり紙面を割いているのでそちらをご覧になってみてください。

    本書ではローカル環境で試すことなく、コードをいきなりAWS lambdaにアップしていきます。


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    目次
    改訂履歴
    はじめに
    環境
    免責事項
    サンプルコード
    Lesson1 LambdaでTwitterボットを動かす
     Section1: 開発環境構築
      1.1. Ubuntuの場合
      1.2. Windowsの場合
      1.2. Macの場合
     Section2 : AWS lambdaのアーキテクチャ
     Section3 : まずはAWS lambdaでTwtterボットを作ってみる
      3.1 Twitter開発アカウントを申請
      3.2 Twitterアプリケーションの登録
      3.3 AWS環境下ごしらえ
      3.4 TwitterボットをプログラミングしてLambdaにアップロード
     3.5 CloudWatch Eventsでauto_Tweetを定期的に実行
    Lesson2 DynamoDB
     Section4: DynamoDBを利用する
      4.1 DynamoDBにテーブルを作成
      4.2 DynamoDBを利用したLambdaへ!
    Lesson3: Account Activity API
     Section 5: Account Activity APIを利用したTwitterアプリケーション
      5.1 Amazon API Gateway作成
      5.2 Webhook URLの準備
      5.3 Webhook登録作業
     Section6: Account Activity APIで自動フォロー返し
      6.1自動フォロー返しをプログラム
    あとがき
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    セキュリティ、拡張性、可用性、保守性を高める!
    AWSでの基盤構築・改善法を構成図で解説

     業務システムにAWSを本格導入するうえで必要な知識は多岐にわたります。どこから学んだらいいか分からない、AWSを触っているが体系的に理解したという手応えがない、といった悩みを抱える方が多いようです。
     そこで本書では、オンプレミス(自社所有)環境のシステムの開発・運用に携わってきたがクラウドについては知識も経験もまだ乏しいというエンジニアの方を対象に、AWSを基本から解説します。業務システムで必要なAWSの主要サービスの知識と、それを使ったインフラ設計について体系的に学びます。
     さらに、知識が身に付いたかどうかをチェックできるように問題を出します。「AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト」というミドルレベルのAWS認定資格を想定した問題なので、試験対策になります。本書を読むことで、この資格を取得するベースの知識が身に付くことを目標の一つとします。
     本書は単なる、AWSのサービスの解説書ではありません。AWSを実務で使いこなせるように、コーポレートサイトのシステムを題材にして、アーキテクチャー設計と基盤構築の実践的なノウハウも解説します。
     ロードバランサーと仮想マシン2台というシンプルな構成から始め、AWSの様々なサービスを使ってこのインフラを改修し、可用性、拡張性、セキュリティ、保守性を段階的に高めていきます。AWSの主要サービスを具体的にどのように活用するのかについて、コーポレートサイトのシステム改善を通じて学びます。
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    AWSのサービスはこう組み合わせる!
    大事な業務システムの作り方

    “定番”ともいえる14パターンの業務システムについて、Amazon Web Servicesのサービスの選び方、組み合わせ方を解説します。業務システムのように複雑な仕組みを構築するには、AWSの特性を十分理解してインフラを設計する必要があります。そうしたAWSを使った業務システム設計の勘所を、パターン別に分かりやすく説明します。

    本書はWebシステム、ストレージシステム、データ分析システムといったテーマごとに、AWSのサービスを組み合わせて、特定の要求を満たすシステムを作るための「設計パターン」を解説します。2016年6月発行の「Amazon Web Services 定番業務システム12 パターン設計ガイド」を基に、「マイクロサービスの運用基盤」「AIとIoT」の2パターンを追加し、全体を通して加筆・修正・再構成しました。AWSの最新サービスに対応しています。

    基本的なパターンから入り、徐々に応用的なパターンへと深く説明していきます。例えばWebシステムでは、仮想サーバー1台の単純な構成のWebサイトの設計方法から、性能や可用性の要件が厳しい場合の設計パターンまで紹介します。

    後半では、仮想サーバーを使わない“クラウドネイティブ”なシステム、AWSをフル活用してアプリケーションの高速開発、オンプレミス環境と連携動作させる“ハイブリッドクラウド”など応用的な設計パターンも解説します。

    クラウド初心者からベテランまで、AWSを使ったインフラ設計のあらゆる局面に役立つ一冊です。  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    AWSのサービスの概要と導入方法を徹底解説

    AWS(Amazon Web Services)によるクラウドシステム構築・運用のノウハウを紹介。

    AWSの主要サービスの概要から、サービスを活用したクラウド上でのシステムの構築手順と設定方法を詳細に解説します。目的に応じたサーバ構築方法と、サービスの選び方を徹底的に丁寧に解説します。

    AWSマネジメントコンソールからの設定に加えて、CLIやSDKを使った実践的な技術も掲載。企業などへのAWS導入の全ての工程に関わった著者陣による、現場で培った実践的なノウハウが凝縮された一冊です。

    Webサービスや自社サイトのシステム構築にAWSの導入を考えている人、WordPressを使ったサイトの公開を考えている人、とにかくAWSについて知りたい人、AWSに興味を持つ全ての人にお勧めです。

    ■本書で紹介するAWS活用例
    ・EC2を利用した動的サイトの構築
    ・Elastic Beanstalkによる構築レスな動的サイト
    ・S3による静的サイトの構築
    ・CloudFrontによるコンテンツ配信システムの構築
    ・Auto Scalingを利用した自動拡張構成
    ・Lambdaを利用したバックエンド処理の実装
    ・CloudFormationによる自動構築
    ・SESによるメール送信サービスの構築
    ・Cogniteによる認証
    ・開発環境の構築と継続的インテグレーション
    ・AWSにおけるセキュリティの考え方と強化方法
    ・AWSのアカウントを安全に設計運用する方法
    ・CloudWatchを利用した運用監視
    ・データのバックアップやアーカイブの方法
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
    AWS関連の書籍、いろいろ探した中でなんとなく買ったのがこれでした。とても、実用的な内容で、それでいて初心者向けでもあって、とってもわかりやすい書籍です。 また、納品までとって早くて大変助かりました。
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容

    【本電子書籍は固定レイアウトのため7インチ以上の端末での利用を推奨しております。文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ご購入前に、無料サンプルにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください】

    クラウドコンピューティングの技術の中でも、昨今注目を集めているのがサーバーレスアーキテクチャです。

    FaaS(Function-As-A-Service)とも呼ばれるサーバーレスアーキテクチャは、ファンクション(関数)と呼ばれるマイクロサービスを実装し、組み合わせながら、サービスを構築していくアーキテクチャです。

    その際、実行環境となるサーバーのスケーリングや管理をクラウドプロバイダに任せることで、開発者はオンプレミスなサーバーを考えることなしに、開発時間の短縮と運用コストの削減を図ることができます。

    本書では、サーバーレスアーキテクチャに興味のある開発者がAmazon Web Services(AWS)上で新技術を実践・体験するための例として、

     ・マイクロサービスのコードを実行する「AWS Lambda」
     ・「Amazon S3」などのクラウドストレージ
     ・「Amazon DynamoDB」などのデータベース
     ・「Auth0」などの認証サービス

    といったサービスを組み合わせながら、実際に動かすことのできる動画シェアサイトを構築していきます。

    世界的な技術カンファレンス「Serverlessconf」の責任者である著者による、サーバーレスアーキテクチャの主要なデザインパターンを学べる1冊です。


    ※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
    ※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
    ※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
    ※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    社内システムのクラウド化を目指す人に!

    ※この電子書籍は、「固定レイアウト型」で配信されております。説明文の最後の「固定レイアウト型に関する注意事項」を必ずお読みください。

    オンプレミスからクラウドへ!

    ECサイトから基幹システムまで、
    企業のデータ・サーバをAWSへ移行するための
    ネットワーク設計・構築、運用・管理のノウハウを紹介

    オンプレミス上に構築された業務システムをAWS上に移行するための「サービスの選定」「ネットワーク設計・構築」「サーバとデータの移し方」「運用・監視体制の構築」など。これまで多くの企業にAWSを導入し、コンサルティングフェーズから実際の設計・開発、運用フェーズまでの全行程に携わってきた著者陣のノウハウを凝縮して、一般的な企業にAWSを導入する際のベストプラクティスをお届けします。

    ●目次
    Chapter1 AWSサービスの概要
     1-1 AWSとは
     1-2 AWSのサービスの全体像
     1-3 主なAWSサービス
    Chapter2 全体設計(管理方針と移行計画)
     2-1 アカウントの管理の考え方
     2-2 AWSと監査証跡
     2-3 AWSのネットワーク設計の考え方
     2-4 AWSへのシステム移行
     2-5 AWS上のシステムの監視・運用
    Chapter3 アカウント管理と権限付与
     3-1 AWSのアカウント管理
     3-2 AWSの環境分離
     3-3 AWSの権限管理
    Chapter4 ネットワーク接続の設計・構築・維持管理
     4-1 AWSネットワークの全体構成
     4-2 ネットワーク設計
    Chapter5 システム設計とサービスの導入
     5-1 AWSサービスを利用したシステム設計
     5-2 Web可用性向上パターン
     5-3 コンテンツキャッシュパターン
     5-4 DB可用性向上パターン
     5-5 インメモリキャッシュパターン
     5-6 ジョブサーバパターン
     5-7 ハイブリッド利用パターン
     5-8 ファイルサーバ利用パターン
     5-9 大規模データ分析パターン
     5-10 インフラ構築を自動化する
    Chapter6 移行テクニック
     6-1 移行する資産
     6-2 データの移行
     6-3 仮想サーバを移行する
     6-4 データベースを移行する
    Chapter7 運用監視の設計・実施
     7-1 システムを監視する
     7-2 システムを運用する
     7-3 システムの履歴を管理する

    固定レイアウト型に関する注意事項(必ずお読みください)
    この電子書籍は、全ページ画像の「固定レイアウト型」で配信されております。以下の点にご注意し、購入前にプレビュー表示をご確認の上、ご購入ください。

    ■使用できない機能
    ・文字拡大(ピンチイン・ピンチアウトは可能ですが、画面におさまらない場合は画面をスワイプ)/文字のコピー/マーク/ハイライト/文字列検索/辞書の参照/Web検索/引用

    ■推奨環境
    ・タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末
    ・Wi-Fiネットワーク経由でのダウンロード(Kindle端末の場合)
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    AWSで展開されている現行システムのほとんどは、開発したプログラムを動かすために、仮想サーバーとしてEC2インスタンスを利用しています。仮想サーバーという違いこそあれ、構成そのものは、オンプレミスのときと大きく変わっていません。
     この構成を大きく変えるのが、AWS Lambdaです。Lambdaは、サーバーを必要としないプログラムの実行環境です。開発者が処理したい内容を小さな関数として実装すると、必要に応じて、それが実行される仕組みです。
     サーバーを必要としないということは、運用の手間やコストを削減できるということです。この利点はとても大きいので、新規の開発案件では、Lambdaが採用されるケースが増えてきました。しかし、Lambdaに魅力があるからといって、すぐに移行できるほど話は簡単ではありません。従来のEC2インスタンスを使った開発とLambdaを使った開発とでは、プログラミングの方法はもちろん、設計の考え方も大きく異なるからです。Lambdaを使い始めるには、Lambdaの仕組みの理解と、その特性を活かした設計の考え方を習得することが不可欠です。
     本書では、従来のシステムをLambdaで構築するときの設計手法や具体的な事例の作成を通じてLambdaでのプログラミング手法を解説します。とくにLambdaを使った開発では、AWSサービスの操作に重きを置きます。Lambdaを活かせるかどうかは、AWSの各種サービス――ストレージのS3、プッシュサービスのSNS、メール送信のSESなど――を、いかに使いこなせるかに左右されます。そこで本書では、実例を通じて、そうしたAWSサービスの実際の使い方にも言及されています。

    ※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
    購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    本書の内容
    AWSを実機代わりにインフラ技術が学べる!
    「自分でネットワークやサーバーを構築できるようになる」。
    これが本書の目的です。
    新しいものを学習するとき、実際にやってみるのが一番。従来は物理機器がないと学べませんでしたが、今はクラウドがあります。
    本書は、代表的なクラウドサービス「Amazon Web Services」を実機代わりにネットワークを学び直す、をコンセプトにまとめた1冊です。

    改訂版では、初版のコンセプトをそのままに、画面を最新バージョンに差し替えたほか、CHAPTER 7「NAT」を書き直しました。
    初版では「NATインスタンス」を使って説明していましたが、今後AWSでは「NATゲートウエイ」が主流になることから、NATゲートウエイを使った内容に修正しています。

    インフラを学びたい若手技術者にも、インフラを学び直したいアプリ開発者にもオススメです。


    ◆目次◆
    【Contents】
    CHAPTER 1 システム構築をインフラから始めるには
    CHAPTER 2 ネットワークを構築する
    CHAPTER 3 サーバーを構築する
    CHAPTER 4 Webサーバーソフトをインストールする
    CHAPTER 5 HTTPの動きを確認する
    CHAPTER 6 プライベートサブネットを構築する
    CHAPTER 7 NATを構築する
    CHAPTER 8 DBを用いたブログシステムの構築
    CHAPTER 9 TCP/IPによる通信の仕組みを理解する
    Appendix A パケットキャプチャで通信をのぞいてみる
    Appendix B ネットワークの管理・運用とトラブルシューティング  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
    とても技術側のことを読者側にわかりやすく解説しています。
     
       
    本書の内容
     AWSが登場した当初は提供されるサービスもわずかで、ネットワーク構成も簡単でした。しかしいまでは、「たくさんのマネージドサービス」と「ネットワーク機能の高機能化」が、これからAWSを始めようとする人の出鼻をくじいてしまいます。このような事態を何とかしたい。そう思って書いたのが、本書です。本書では、AWSのもっとも基本的な構成となる「ネットワークとサーバー」を説明します。
     AWSにおいてネットワークは「VPC」、サーバーは「EC2インスタンス」で構成されます。本書では、この2つの機能を中心に解説します。
     本書では、Webサーバー1台とデータベースサーバー1台で構成されたオンプレミスのシステムをAWSで実現するには、AWSならではの決まりごとや罠がたくさんあります。たとえば、「最初に利用するIPアドレスの範囲を決めて、それを分割してネットワークを構築する」「インターネットに接続する場合でも、ネットワークの設計上はプライベートIPアドレスを使う」などです。本書では、こうしたAWSならではの勘所を説明しながら、最終的に、独自ドメインでWebサーバーを運用できるようにするところまでを説明します。  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       

    AWS 高評価のおすすめ本 ランキング

    人気 1位
    本書の内容
    「AWS 認定 高度なネットワーキング」に頻出する内容を1冊にまとめました!

    本書はAWSのネットワークに関する知識を体系的に1冊にまとめました。AWS認定試験を受験される方はもちろん、AWSのネットワークについて学びたい方や、知識をアップデートしたい方にもおすすめの1冊です。  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
     
       
    人気 2位
    本書の内容
    ▼本書のポイント
    ・最新の「AWSサービス」をフル活用
    ・手順がしっかりわかる「ハンズオン」
    ・「ユースケース」から学ぶ最適な設計

    AWSにおけるコンテナ環境の設計・構築のノウハウを凝縮、
    基本から実践的な知識まで、しっかりと学べます。

    ▼対象読者
    本書では、次のような読者の方々を想定しています。
    ・これからAWSを活用してコンテナを学習しようとしている方
    ・オンプレミスからクラウドネイティブなアプリケーションへの移行を検討
    されている方
    ・Lift& Shiftに向けて、コンテナを活用しようとしている方
    ・プロダクション運用を念頭に置いたコンテナ設計を体系的に学習したい方
    ・自ら手を動かしながらAWSサービスを学びたい方

    ▼本書の構成
    本書は全5章から構成されています。コンテナ技術の概要から、設計・構築・運用といった一連の流れについて、ハンズオンを交えながら触れていきます。
    第1章では、Dockerを中心としたコンテナの概要について紹介します。コンテナを活用するメリットやユースケースを考察するとともに、コンテナの導入に向けて考えておくべきことを述べています。
    第2章では、コンテナに関するAWSの各種サービスを紹介します。Amazon ECSやAWS Fargateに関するサービスの説明に加えて、これらサービスごとのメリットやデメリット、連携が可能な他のAWSサービスについて触れます。
    第3章では、AWS上でコンテナを利用する際のアーキテクチャ設計について検討します。本書のメイントピックであり、AWS Well-Architectedフレームワークの方針に沿って最適なコンテナ設計を考えていきます。セキュリティ設計や信頼性に関する設計等だけではなく、検討したアーキテクチャに対する分析や考察も述べていきます。
    第4章では、第3章で検討した設計ポイントを基にハンズオン形式でアーキテクチャを構築していきます。基本的なコンテナ関連のAWSサービス利用に重点を置き、AWS上でアプリケーションを稼働させることを目指します。
    第5章では、第4章ハンズオンの実践編と位置づけ、運用、セキュリティ、最適なパフォーマンスに必要なアーキテクチャを構築していきます。CI/CDに必要なAWS Codeシリーズを始め、スケーリング戦略の実装方法等を紹

    ■目次
    Chapter 01 コンテナの概要
    1-1 コンテナという技術
    1-2 Dockerとは
    1-3 オーケストレータとは
    1-4 コンテナ技術を導入するために考慮すべきこと

    Chapter 02 コンテナ設計に必要なAWSの基礎知識
    2-1 AWSが提供するコンテナサービス
    2-2 アーキテクチャの構成例
    2-3 各アーキテクチャに適応したユースケース
    2-4 AWSでコンテナを利用する優位性

    Chapter 03 コンテナを利用したAWSアーキテクチャ
    3-1 本章を読み進める前に
    3-2 Well-Architectedフレームワークの活用
    3-3 設計対象とするアーキテクチャ
    3-4 運用設計
    3-5 セキュリティ設計
    3-6 信頼性設計
    3-7 パフォーマンス設計
    3-8 コスト最適化設計

    Chapter 04 コンテナを構築する(基礎編)
    4-1 ハンズオンで作成するAWS構成
    4-2 ネットワークの構築
    4-3 アプリケーションの構築
    4-4 コンテナレジストリの構築
    4-5 オーケストレータの構築
    4-6 データベースの構築
    4-7 アプリケーション間の疎通確認

    Chapter 05 コンテナを構築する(実践編)
    5-1 ハンズオンで構築するAWS構成
    5-2 運用設計:Codeシリーズを使ったCI/CD
    5-3 運用設計&セキュリティ設計:アプリケーションイメージへの追加設定
    5-4 パフォーマンス設計:水平スケールによる可用性向上
    5-5 セキュリティ設計:アプリケーションへの不正アクセス防止
    5-6 運用設計&セキュリティ設計:ログ収集基盤の構築
    5-7 運用設計:FargateによるBastion(踏み台ホスト)の構築
    5-8 セキュリティ設計:Trivy/Dockleによるセキュリティチェック  
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
    内容がしっかりで、試験に受かったに非常に役に立った、今後仕事中にも参考書として引き続き読ませていただきます。ありがとうございます。
     
       
    人気 3位
    本書の内容
    本書は、AWS認定ソリューションアーキテクト-プロフェッショナル試験対策の問題集です。
    プロフェッショナル試験では、具体的な業務要件や課題をもとにしたケース問題が長文で出題されます。試験時間も長く、知識だけではなく思考力や応用力が求められます。合格するためには、問題に示されたシナリオを熟読したうえで最適な答えを導き出す訓練が必要不可欠です。
    本書は、このような試験の特徴を踏まえて演習問題とその解説に重点を置き、総仕上げとして模擬試験を掲載しています。さらに、AWSのサービス・機能を概説するとともに、出題されるシナリオの特性をしっかり解説。確かな実力が身に付く1冊です。

    執筆・監修陣は、AWSでの豊富な経験を持つメンバー並びにAWSのプレミアコンサルティングパートナー企業に所属するエンジニア達で構成しており、ポイントを押さえながら一つ一つ丁寧に説明しています。


    ◆本書の構成◆
    第1章 AWS認定ソリューションアーキテクト-プロフェッショナル試験の概要と特徴
    第2章 各種サービスの概要
    第3章 試験で問われるシナリオの特性
    第4章 「組織の複雑さに対応する設計」分野におけるケース問題
    第5章 「新しいソリューションの設計」分野におけるケース問題
    第6章 「移行の計画」分野におけるケース問題
    第7章 「コスト管理」分野におけるケース問題
    第8章 「既存のソリューションの継続的な改善」分野におけるケース問題
    第9章 模擬試験
     
    内容サンプル
     
    ユーザーレビュー
    ある程度のawsの知見がある人は、もしかしたらこれ一冊で合格出来る人もいるようです。 (実際自分の周りにも数人いました、特に模擬試験は参考になりました)
    ソリューションアーキテクトアソシエイトの数少ない問題集です。日本語でも分かりやすく解説された唯一無二に近い、受験者必須の問題集です!
    プロフェッショナルの初めての日本語対策本が出ました