Git本 - 人気 / 新書 / 高評価 書籍一覧 | 技術書の本だな


Git 人気本 ランキング

人気 1位
本書の内容
この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

〈電子書籍版に関する注意事項〉
本書は固定レイアウト型の電子書籍です。リフロー型と異なりビューア機能が制限されるほか、端末によって見え方が異なりますので、ご購入前にお使いの端末にて「無料サンプル」をお試しください。

【大ヒット入門書が改訂! Gitの活用法が短時間で身につきます】

バージョン管理システム「Git」の初心者向け入門書の改訂版。コマンド操作が不要なGUIツール「Sourcetree」と、Gitのホスティングサービス「Bitbucket」を使った活用方法を解説しています。

本書の特長は、Gitの広範な機能のうち「これだけは押さえておきたい基本」に絞り込んで解説している点。前半では、GitおよびSourcetreeのインストールから、リポジトリの作成方法、コミット、プッシュとプルといった基本的な使い方をマスターします。後半では、Gitを活用すると便利な状況にフォーカスしながら、GitとSourcetreeの実践的な活用法を紹介しています。

初心者の方がGitやSourcetreeの活用シーンをイメージしやすいよう、イラストや図、実際の操作画面を豊富に掲載しており、実制作や業務の中に手軽にGitを取り入れ、生産性を向上したい方に最適です。

※本書で使用しているSourcetreeのバージョンはWindowsで3.1.3、macOSで3.1.2です。GitのバージョンはWindowsでは2.21.0、macOSでは2.20.1を使用しています。

〈本書の内容〉
Chapter 1 バージョン管理の基本
Chapter 2 Gitの基本的な使い方
Chapter 3 複数メンバーでの運用
Chapter 4 Gitを使った実践開発  
内容サンプル
 
User Voice
 
   
人気 2位
本書の内容
Git入門の決定版「サルGit」がついに書籍化! 圧倒的な分かりやすさでバージョン管理を使いこなそう
本書は、コレまでにGitを触ったことが無い方。もしくは一度勉強しようと思ったが、どうも手につかず普段はGitを利用していない。というような方々に向けたGitの操作を一から学べる内容となっています。無料のGitクライアントソフト「Sourcetree」と「Backlog」に含まれているGit機能を用いた手順を丁寧に解説しています。
わかりやすさはそのままに、コマンドラインの利用が苦手なユーザーにも親しみやすくGitの操作を紹介しています。さあ、一緒にGitを学んでいきましょう。そして皆さんの仕事がより良く、進められますように。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。  
内容サンプル
 
User Voice
 
   
人気 3位
本書の内容
近年、企業における迅速なソフトウェア開発において、DevOpsは必要不可欠な要素として認識されています。しかしその一方で、開発プロセス改善に関連する情報の飽和や、新しい開発支援ツールの乱立により、自社の開発チームにとってどれが最適な解なのかの見極めが難しくなっています。さらに、開発ツール導入後も、ツールやプラットフォームの運用に余計な時間を取られ、本来の目的であるコード開発に時間が割けないエンジニアが後を経ちません。このような開発現場の課題に取り組み、各企業にとって最適な開発スタイルを模索する中で、GitLabが注目を集め始めています。
 GitLabは、開発プロセスを支援する機能として、単なるリポジトリ管理だけにとどまらず、リポジトリの更新を起点とした継続的インテグレーションや継続的デプロイメントのジョブ機能や開発プロセス全体の改善サイクルを支援するプラットフォームを提供しています。さらに、組織文化の改革という点においても、GitLabではConversational Developmentという開発スタイルを提唱しており、チーム開発に不可欠なコミュニケーションの効率化を支援しています。これらの機能により、GitLabは、開発者における無駄なオペレーション工数を削減し、開発作業の効率化を実現します。
 本書はアプリケーション開発支援ツールであるGitLabの基礎から、実務の開発ワークフローの運用で使える機能までを網羅した実践ガイドです。まずGitLabが目指す開発スタイルを理解し、開発プロセスの改善を実践していただくことを目指しています。そのため、本書では単なるGitリポジトリ利用者に対する機能紹介ではなく、普段の開発プロセスの改善やデプロイオペレーションの効率化を図るために必要な情報を網羅しています。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。  
内容サンプル
 
User Voice
 
   
人気 4位
本書の内容
Web制作における「GitHub」(ギットハブ)の使い方を、
実際のワークフローをイメージしながら理解できる解説書です。

本書を読みながら具体的なシーンを疑似体験すれば、
GitHubの使い方の流れがスムーズに把握できます。

「そもそもどんなサービスなのかわからない」「どういうときにどの機能を使えばいいの?」
「これは正しい使い方なの?」といった使いはじめのころに感じる疑問はもちろん、
リポジトリの作成から複数デザインの提示、「Pull Request」を使った分担作業まで丁寧に解説。

無料のGitクライアント「SourceTree」を使った操作方法も掲載しているので、
コマンドラインでの操作が苦手な人も安心して読み進められます。

※本電子書籍は、2016年7月1日発行の紙書籍第1版第2刷を底本に作成しました。  
内容サンプル
 
User Voice
 
   
人気 5位
本書の内容
マンガと実践で学ぶGitの入門書が最新情報に対応して改訂しました!
Gitの概念はもちろん、GitHubについても丁寧に解説しています。これからGitを使い始める人にオススメの1冊です。
本書ではクリック操作でGitを使えるSourceTreeを中心に解説しているので、初心者でも安心です。

はじめにより抜粋
■せっかく学ぶなら、やっぱり楽しい方がいい

「Gitって難しそう」
「勉強しようとは思っているけど、なかなか一歩が踏み出せない」

そんな方のために、楽しくGitを理解できる本を作りました。

・個性的なキャラクターたちが登場するマンガ
・感覚的にわかる図解
・丁寧な実践パート

上記3つの特長で、Gitを無理なく学べます。
仕事に必要な基本の使い方はもちろん、サンプルデータが使えるので、プルリクエストの練習・GitHub PagesでのWebページ公開もできます!

■こんな人におすすめ
新入社員……Gitが使えて当たり前の会社に就職したので、勉強したい
Webデザイナー・コーダー……エンジニアと一緒に、Gitで共同作業したい
Gitに乗り換えたいエンジニア ……今まで使っていたバージョン管理システムから、Gitに乗り換えたい
小さな会社のWeb担当……そろそろ手動バックアップを卒業したい
企画・営業担当……制作側のことも知っておきたい

・プロローグ/キャラクター紹介/はじめに
●CHAPTER 1 Gitって何?
●CHAPTER 2 個人でGitを使ってみよう
●CHAPTER 3 複数人でGitを使ってみよう
●CHAPTER 4 実用Git ~ こんなときはどうすればいい?
●CHAPTER 5 Gitで広がる世界
・おわり  
内容サンプル
 
User Voice
 
   
人気 6位
本書の内容

【本電子書籍は固定レイアウトのため7インチ以上の端末での利用を推奨しております。文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ご購入前に、無料サンプルにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください】

これだけは知っておきたい、開発現場の本格スキル。

本書は、Gitが実践で使えるようになるための本です。基本的な使い方はもちろん、分散型バージョン管理システムの仕組みを理解するところから、ブランチの設計・運用、継続的インテグレーションといった実践的なチーム開発手法まで解説していきます。Gitは「どういうものか」から、具体的に「どう使うか」まで、しっかり学べるので、脱初心者に最適な一冊です。Gitコマンド早見表付き。

「古くならないGitの普遍的な部分、検索しても見つからない現場のノウハウを詰め込んだ一冊に仕上げました。Gitのバイブルとして長く使っていただけると幸いです」(著者前書より)

【こんな方に最適】
1. Git初学者で、開発の技術を学ぶのと同様に、必須のツールとして覚えておきたい、という方。
2. Gitは覚えはじめで挫折してしまったという人が、今度こそちゃんと覚えたいという方。
3. Gitを使いはじめて、もっと便利な使い方をしたい、問題の解決法がみつからない、あるいは、Gitの使い方は知っているが、チームでどのようにGit運用をしていくのかわからないといった方。

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

 
内容サンプル
 
User Voice
 
   
人気 7位
本書の内容
Git&GitHubのいちばんやさしい本

Git&GitHubの超入門書です。豊富な図と実際の操作手順を解説しているので、たった1日でひととおりGit&GitHubが使えるようになります。  
内容サンプル
 
User Voice
 
   
人気 8位
本書の内容
本電子書籍は2014年3月20日初版発行のものを、後日電子化し、発売したものです。
(概要)
GitHubの実践的な使い方を,実際に手を動かす形で解説する書籍です。初学者の方にもわかりやすいよう,基本的なGitやGitHubの使い方から,「ソーシャルコーディング」の目玉機能であるPull Requestの送り方・受け方まで解説します。また,外部ツールとの連携,GitHub FlowやGit Flowなど,GitHubを中心とした開発手法についてもしっかり解説しているので,中・上級者の方にも参考になるはずです。

(こんな方にオススメ)
・GitHubをこれから使いたい初学者の方
・GitHubをさらに使いこなしたい中級者の方

(目次)
第1章:GitHubの世界へようこそ

第2章:Gitの導入

第3章:GitHubを利用するための準備

第4章:Gitを操作しながら学ぶ

第5章:GitHubの機能を徹底解説

第6章:はじめてのPull Request

第7章:Pull Requestが送られてきたら

第8章:GitHubと連携するツールとサービス

第9章:GitHubを利用した開発フロー

第10章:会社でGitHubを使おう

Appendix A:GitHubをサポートするGUIクライアント

Appendix B:Gistで手軽にコードを共有  
内容サンプル
 
User Voice
 
   
人気 9位
本書の内容
本書は、マンガと実践で学ぶGitの入門書です。Gitの概念はもちろん、GitHubやBitbucketについても丁寧に解説しています。これからGitを使い始める人にオススメの1冊です。

<はじめにより抜粋>

■せっかく学ぶなら、やっぱり楽しい方がいい

「Gitって難しそう」
「勉強しようとは思っているけど、なかなか一歩が踏み出せない」

そんな方のために、楽しくGitを理解できる本を作りました。

・個性的なキャラクターたちが登場するマンガ
・感覚的にわかる図解
・丁寧な実践パート

上記3つの特長で、Gitを無理なく学べます。
仕事に必要な基本の使い方はもちろん、サンプルデータが使えるので、プルリクエストの練習・GitHub PagesでのWebページ公開もできます!

■こんな人におすすめ

新入社員……Gitが使えて当たり前の会社に就職したので、勉強したい
Webデザイナー・コーダー……エンジニアと一緒に、Gitで共同作業したい
Gitに乗り換えたいエンジニア ……今まで使っていたバージョン管理システムから、Gitに乗り換えたい
小さな会社のWeb担当……そろそろ手動バックアップを卒業したい
企画・営業担当……制作側のことも知っておきたい

クリックしていくだけでGitを使えるツールを中心に解説しているので、初心者でも安心です。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。  
内容サンプル
 
User Voice
 
   
人気 10位
本書の内容
実際のワークフローをイメージしながら実践的なGit/GitHubの使い方が身につく「いちばんやさしい」入門書です。前半は、手元のパソコンでファイルを実際にバージョン管理しながら、Gitの基本的な使い方を解説。後半では、実践的なワークフローに沿ってGitHubを使い、チームメンバーと一緒に開発を進めるための知識が身につきます。全体を通し、コマンドラインを使った操作が中心であることも大きな特徴です。難しそうに思えるかもしれませんが、未経験者でも理解できるように配慮しているので、心配することはありません。概念や操作方法を丁寧に解説するのみならず、「なぜそうするのか」といった疑問に答えられるような説明も多く入れています。また、コマンドラインでの操作に便利なコマンドリファレンスも用意しました(PDFでのダウンロード)。本書はこんな人(企業)におすすめです。これからGit/GitHubを使いはじめる入門者、チームでプログラミングやWeb制作に携わる人(エンジニア、デザイナー、ディレクター、プロデューサーなど)、コマンドラインでの操作をちゃんと学びたい人、Webサイトを運営しているWeb担当者。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。  
内容サンプル
 
User Voice
 
   
人気 11位
発売日 2016/02/26
(4)
Amazon 3,608円 Kindle 3,247円
本書の内容
分散型バージョン管理システム「Git」は、現代のプログラム開発では必須の技術となってきました。現在のソフトウェア開発は多人数のプロジェクトとなり、バグフィックス、バージョンアップ、異なるエディション(Windows版/Macintosh版など)への分岐が生じます。Gitは、プログラムの開発の履歴を管理し、以前のバージョンへ戻したり、改編箇所の衝突を回避したりといったソースコードの管理が可能です。本書は、いままでGitを使っていなかった方でもしっかりとした知識が身に付くように執筆された入門書です。バージョン管理システムは以前からありましたが、Gitは分散開発への対応が充実しており、「決定版」として普及しています。また、インターネットのGit Hubと組み合わせたオープンなソフトウェア開発も実現可能です。本書を読むことで、Gitの基礎が身につくのはもちろん、さまざまな使いこなし、プロジェクトへの適用方法、開発支援サービスの利用についての知識が得られます。たんなるGit解説書としてではなく、一から学べる入門書としてお読みいただけます。丁寧かつ充実した内容で、現場で応用可能な技術がしっかりと身に付く一冊です。  
内容サンプル
 
User Voice
 
   
人気 12位
本書の内容

クラウド時代に適合した
新インフラ管理のベストプラクティス!

構成自動化ツールや仮想化/クラウドなどの技術が普及し、Infrastructure as Code(コードとしてのインフラ)が現実になりつつあります。インフラの定義をコード化できるようになると、今度はそれらを適切に管理し、最新状態を保持し、確実に本番システムに適用できる手法が求められるようになります。
本書では、こうしたインフラの管理のためにCI(Continuous Integration:継続的インテグレーション)の技術を適応させる方法を紹介します。これにより、システムの変更を継続的に維持できる管理サイクルの実現を目指します。

【本書の特長】
・新しいタイプのシステムインフラと、旧来のインフラ管理の問題点
・インフラ管理にCI手法を応用するメリットと適用のためのポイント
・実際のシステムを前提としたベストプラクティスをサンプルとして紹介
・AnsibleとGitLabをはじめとしたさまざまなOSSを活用
・インフラのための設定の管理と本番システムへの適用までをサイクルとして実現
・システムテストを自動化
・現場のシステムに組み込むためのさまざまなTIPSを紹介

本書では、全体を通じて一貫したサンプルを紹介し、実際にダウンロードして試せることを目指しました。現場のさまざま条件や背景を越え、ツールとして広く使えるような手法の提供を目指しています。
新しいシステムインフラに関わる知識とノウハウを手に入れられる解説書です。

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

 
内容サンプル
 
User Voice
 
   
人気 13位
本書の内容
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。


はじめてチーム開発する人向け!
Gitのいちばんやさしい入門書

年々、Git を導入する開発チームは増えてきており、そうした現場で仕事をするデザイナーやプログラマーがGitを使えなければ仕事になりません。
本書は、そうした「もうGitから逃れられない人たち」のための入門書です。

【読者対象】
・そもそもGitって何?という方
・自分の操作がどんな影響を及ぼすか不安な方
・ブランチの動きが分からず不安という方
・プルとフェッチの違いって何?という方
・コミットやマージのタイミングが不安な方
・Gitで小規模なチームを立ち上げる予定の開発者
・進捗管理を効率化したい開発リーダー&マネージャー

【特長】
・プログラマー、デザイナー、開発リーダーごとの役割分担が分かる
・操作によるデータの流れをすべて図解によってビジュアル化
・実務でよく使う機能を厳選、徹底的に分かりやすく解説
・実務でぶつかりがちなエラーへの解決策をパターン別に解説
・メンバーへの配慮・マナー・ルールなど「運用のコツ」を解説
・GitホスティングサービスはGitHubを例に解説

プログラマーとして活躍する著者が、その豊富な経験を踏まえた上で、「現場で必要となる操作・機能」を厳選し、やさしく解説。トラブルシューティングも多数用意しました。

もはや、Gitはチーム開発には欠かせません。

本書で解説する操作はすべて1人で試し、学習できますので、Gitがはじめての方はここからスタートしてみてはいかがでしょうか。

最速で基礎固めを行いたいプログラマーやデザイナー、開発リーダー、開発マネージャーの方におすすめです!  
内容サンプル
 
User Voice
 
   
人気 14位
本書の内容
(概要)

Webサービス開発を中心にGitHubを使用する企業が増えてきています。GitHubは使いやすいサービスですが,開発チームなどで活用していこうという場合は,あらゆる知識やノウハウが必要となります。
本書はGitHubを初めて利用する,もしくは使い始めているが操作に慣れていない方を主な対象読者とし,第1部でGitとGitHubの概要,第2部はリファレンス形式でGitHubの実践的な使い方や知っておくとよいノウハウなどを解説しています。


(こんな方におすすめ)

・GitHubを使い始めた人

・GitHubを開発で利用したい人


(目次)

Part 1 GitHubの基本

  • Gitの基本知識

  • GitHubの基本知識

  • GitHubを使う前の準備

  • Part 2 GitHub実践編

  • 利用設定

  • 履歴の記録

  • ファイルの管理

  • リポジトリの管理

  • Issueの管理

  • Pull Request

  • Project

  • グループでの利用

  • 公開

  • 検索

  • 通知

  • 外部サービス連携

  • GitHubの関連サービス
  •  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    人気 15位
    本書の内容
    〈電子書籍版に関する注意事項〉
    本書は固定レイアウト型の電子書籍です。リフロー型と異なりビューア機能が制限されるほか、端末によって見え方が異なりますので、ご購入前にお使いの端末にて「無料サンプル」をお試しください。

    【必ず押さえておきたいGitの活用法が、短時間で身につく!】

    本書は、バージョン管理システム「Git」の初心者向け入門書です。Web制作者やWebディレクターなど、Gitをはじめて使う方でも実際の業務に取り入れやすいよう、CUIからのコマンド操作ではなく、SourceTree(GUIツール)を使った利用方法を掲載しています。また、主にクライアントワークにGitを活用することを想定し、非公開プロジェクトの管理が可能なホスティングサービス・Bitbucketを用いた解説内容になっています。

    本書の特長は、Gitの広範な機能のうち「これだけは覚えておきたい機能」に絞り込んで解説している点です。4章構成で、前半(1・2章)ではGitおよびSourceTreeのインストールから、基本的な使い方を紹介しています。後半(3・4章)はGitを活用すると便利な状況にフォーカスしながら、GitとSourceTreeの機能を紹介しています。初心者の方でもGitやSourceTreeを活用する状況をイメージしやすいように、イラストや図、実際のツール画面を豊富に掲載しており、実制作や業務の中に手軽にGitを取り入れ、生産性を向上したいという方に最適の1冊です。  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    人気 16位
    本書の内容
    (概要)
    Gitを活用するためのバイブルとして読み継がれてきた「Gitポケットリファレンス」改訂新版が登場! 現場でGitを活用するための必携書として,「Gitコマンドのリファレンスと共に,エラーメッセージが出たときのトラブルシューティングも解説」というコンセプトはそのままに,GitリポジトリとSlackの連携や,GitBucket,GitLab,SourceTreeの紹介など,最新のチーム開発に対応!これからGitを利用する方に対しては導入部分から優しく解説し,Gitをすでに習熟している方に向けては最新動向をキャッチアップした懇切丁寧な書籍です!

    (こんな方におすすめ)
    ・Git を使い始めたが,初歩的な使い方しかしていない開発者
    ・Git ユーザ

    (目次)
    Chapter 1 まずはGitを使ってみよう

    Chapter 2 Gitリファレンス55

    Chapter 3 活用編311

    Column  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    人気 17位
    発売日 2010/02/19
    (4)
    Amazon 3,080円
    本書の内容
    オープンソースの分散バージョン管理システム「Git」の解説書。
    Gitには、開発および共同作業を進めるうえで便利な機能が数多く実装されています。しかし、その柔軟性の高さが原因でGitをどのように使うのが最も効率的か十分に理解していないユーザーが多いのも事実です。
    本書ではGitを使ってソフトウェアの開発プロジェクトを追跡、マージ、管理する方法をステップバイステップで明解かつ丁寧に解説します。読者はGitが持つ多くの機能を効率よく使えるようになるでしょう。
    日本語版では、Gitで日本語を利用する方法、Gitベースの開発プロジェクト用ホスティングサービスであるGitHubについての解説を加筆しました。  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    人気 18位
    本書の内容
    Gitの使いこなしテクニックを完全網羅

    ※この電子書籍は、「固定レイアウト型」で配信されております。説明文の最後の「固定レイアウト型に関する注意事項」を必ずお読みください。

    Gitの基本操作からGUIツールの使い方まで、Gitのすべてを解説。Webデザイナーやプログラマーなど、Gitの実践的な活用法を知りたい人に最適な一冊です。

    近年のソフトウェア開発やWeb開発において、欠かすことのできないバージョン管理システム。中でもオープンソースのGitは、デザイナーからプログラマーまで多くのユーザーに利用されている注目のツールです。
    本書では、Gitを使い始めた初中級者を対象に、基本操作から実践的な活用法、Git関連ツール/サービスまでを詳しく解説します。また、gitコマンドのリファレンスも掲載するため、突然のトラブルにも対処可能。作業時に必ず手元に置いておきたい一冊です。

    ●目次
    第1章 Gitの基礎知識と準備
    第2章 バージョン管理はじめの一歩
    第3章 Gitにおける分散型バージョン管理
    第4章 リポジトリホスティングサービスGitHub
    第5章 gitコマンドの利用
    第6章 Gitリポジトリの管理
    第7章 さまざまなGit関連サービス/ツール
    第8章 覚えておきたいGit応用操作
    第9章 gitコマンドリファレンス

    固定レイアウト型に関する注意事項(必ずお読みください)
    この電子書籍は、全ページ画像の「固定レイアウト型」で配信されております。以下の点にご注意し、購入前にプレビュー表示をご確認の上、ご購入ください。

    ■使用できない機能
    ・文字拡大(ピンチイン・ピンチアウトは可能ですが、画面におさまらない場合は画面をスワイプ)/文字のコピー/マーク/ハイライト/文字列検索/辞書の参照/Web検索/引用

    ■推奨環境
    ・タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末
    ・Wi-Fiネットワーク経由でのダウンロード(Kindle端末の場合)
     
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    人気 19位
    本書の内容

    【本電子書籍は固定レイアウトのため7インチ以上の端末での利用を推奨しております。文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ご購入前に、無料サンプルにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください】

    わかった“つもり”では対処できないGitを使うときの強い味方!

    もともとLinuxOSの大規模プロジェクトの、ソースコード管理ツールとして生まれたGit(ギット)は、いまや開発者にとどまらず、デジタルコンテンツを操作するプロジェクトなら、デザインやエディトリアルの現場でも導入されるほどポピュラーなものになりました。とはいえ、開発者目線のツールですから、その考え方や操作方法、テクニカルタームなどはなかなか理解しにくく、難解なイメージを与えます。とくに、日々の業務で同じようにGitを使用するだけならいいのですが、イレギュラーな操作が必要になったり、いつもどおりやったつもりでミスをしてエラーを吐かれたりすると、一気にお手上げ状態になります。

    そこで本書では、そもそもの使い方から、Gitを使っているときに遭遇しがちなエラーの対処法、より有用な設定ファイルの書き方、使い続ける上で留意しておくべきポイントなどを、Q&A形式で詳解します。「仕事でGitを使っていて、とりあえず使い方はレクチャされたけど、このエラーはどうすればいいの」という、Gitユーザーにおすすめです。

    ※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
    ※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
    ※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
    ※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

     
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    人気 20位
    本書の内容
    Gitは、業界の最先端を行く便利なバージョン管理ツールです。簡単に習得できるように見えますが、実はきちんと使いこなすのが難しいツールでもあります。本書は、Gitに興味がある人向けにインストールから使い方、よく遭遇するトラブルの解決方法などのノウハウを徹底的に学ぶ逆引き入門書です。「コミットをやり直したい」「ログを変更したい」「マージしていないブランチを消しちゃった」など、あなたのGitとGitHubの悩みが解消します。

    ※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    人気 21位
    本書の内容

    この商品は固定レイアウト作成されており、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能はご利用いただけません。


    本書は、プログラミングをしないMacユーザーをとくに意識した、Gitの入門書です。
    Gitの知識がまったくない段階から始めて、主要機能をしっかり理解し、GitHubの共有機能までたどり着くことを目標にしています。
    過去に挫折した方や、いまさら人に質問できない方、こっそりマスターして同僚に差をつけたい方にもおすすめです。

    プログラマーの間でGitの人気は高まる一方ですが、「最近では、ノンプログラマーにとってもその利便性が認められてきています。」
    たとえば、ソフトウェア開発のプロジェクトにプログラマー以外の立場で参加する場合や、
    そもそもプログラムではない一般的な文書作成の目的で、Gitの基礎知識を必要とされるケースが増えてきています。

    しかしGitはもともと大規模なソフトウェア開発のために作られたもので機能が多く、
    独特な用語が多い上に、ほとんどの解説書では読者がプログラマーであることを前提にしているため、
    ノンプログラマーにとっては最初の手掛かりにさえ悩むケースがあります。


    【本書の執筆方針】
    1. 一般的なMac用アプリケーションと同じ感覚でGitを利用できる「Sourcetree」というアプリケーションを使います。
    「ターミナル」やコマンド入力は扱いませんが、用語や機能を本書で学んでおけば、将来本格的に使いたくなったときにも役立つでしょう。

    2.サンプルには、単純な日本語の文書を使います。
    プログラミングの知識は必要ありませんし、操作結果の変化もわかりやすくしています。

    3. 採りあげるアプリケーションやサービスは、すべて無料です。
    規模が大きくなると有料になるものもありますが、独習や、少人数のプロジェクトであれば費用はかかりません。

     
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    人気 22位
    本書の内容
    バージョン管理システム「Git」の基本や仕組み、GitHubの使い方まで実際に手を動かしながら学ぶ入門書です。突然の人事異動でシステム開発室へ移動になったアリスが、以前からシステム開発室に在籍していて頼りになる同僚ボブに、バージョン管理システムの重要性から、Gitの利点や詳細な使い方まで順番に教えてもらいます。読者のみなさんは、アリスとボブが見せてくれるお手本の真似をしていくことで段階的にGitの使い方をわかりやすく学べます。Gitの概念、プロジェクトの始め方、ボブがアリスのプロジェクトを手伝うときの手順、共通のGitフォルダでの作業、GitHubでのプロジェクト公開、git configの設定など一通りの使用方法などがわかります。

    ※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    人気 23位
    発売日 2019/09/28
    (4)
    Amazon 2,420円
    本書の内容
    Gitは、ソフトウェアの開発現場でバージョン管理ソフトとして使われています。しかし、「おまじない」のようにGitのコマンドを使っているだけの人が少なくありません。本書は、Gitの基本的な使い方から、チーム開発で使うための機能「ブランチ」、そして高度なGitコマンドまでを解説した入門書です。さらにGitのブランチモデルである「Git flow」と「GitHub-flow」の二つも紹介。チーム開発の基本スキルが身につきます!  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    人気 24位
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    人気 25位
    本書の内容
    ※このKindle本はプリント・レプリカ形式で、Kindle Paperwhiteなどの電子書籍リーダーおよびKindle Cloud Readerではご利用いただけません。Fireなどの大きいディスプレイを備えたタブレット端末や、Kindle無料アプリ (Kindle for iOS、Kindle for Android、Kindle for PC、Kindle for Mac) でのみご利用可能です。また、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用については、一部機能しない場合があります。文字だけを拡大することはできません。
    ※プリント・レプリカ形式は見開き表示ができません。
    バージョン管理ツールGitは、高機能な反面、望みどおりの結果を得るには少し慣れが必要です。本書は、Gitを使っていて実際によく出会う状況やワークフローを例に、基本的な使い方からその先まで、場面に応じた使い方を解説します。  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    人気 26位
    本書の内容
    (概要)
    短時間で業務レベルの基礎知識を習得することを目指した独習形式の解説書です。本書では,2部構成でユーザ編と管理者編に分けて,それぞれの役割の人がスムーズにGitが導入できるような構成になっています。ユーザ編では,SourceTreeを中心とした直感的でわかりやすくGitを使える方法を,管理者編では,Gitリポジトリの環境構築はもちろんのこと,Subversionなどの既存のバージョン管理ツールからの移行や大規模なプロジェクトで運用するノウハウなどを紹介しつつ,より進んだ運用として,チケットシステムやCIツールとの運用取り上げます

    (こんな方におすすめ)
    ・これからファイルのバージョン管理およびGitをはじめようと思う人
    ・Gitを使っているけどコマンドが分かり難いと思っている人

    (目次)
    0時間目 さぁ,Gitをはじめよう!

    バージョン管理の必要性
    Gitの特徴
    GitのGUIツールの決定版 SourceTree

    Part1 使って覚えるGit入門
    1時間目 Gitの準備をしよう

    1-1 SourceTreeのインストール
    1-2 Githubアカウントとリポジトリの作成
    1-3 SourceTreeのオプションの設定
    1-4 コマンドラインでの操作の確認

    2時間目 SourceTreeによるGitの基本操作

    2-1 Gitによる作業の流れ
    2-2 コマンドラインでの操作の確認

    3時間目 リポジトリを共有しよう

    3-1 プル/フェッチ
    3-2 プッシュ
    3-3 競合の解決
    3-4 コマンドラインでの操作の確認

    4時間目 Gitの肝となるブランチって何?

    4-1 ブランチ
    4-2 マージの種類
    4-3 ブランチの削除
    4-4 タグの設定
    4-5 タグの削除
    4-6 コマンドラインでの操作の確認

    5時間目 ブランチを制す者はGitを制す

    5-1 リベース
    5-2 スタッシュ(一時退避)
    5-3 チェリーピック
    5-4 コマンドラインでの操作の確認

    6時間目 プロジェクトの足跡をたどろう

    7時間目 間違えたコミットを取り消そう

    8時間目 Git Flowによる高度なブランチ管理

    Part2 管理者のためのGit入門
    9時間目 Gitサーバを立ててみよう ~ALMinium編~

    10時間目 Gitサーバを立ててみよう ~Stash編~

    11時間目 リポジトリを引越ししよう

    12時間目 サブモジュールによるリポジトリの分割管理

    13時間目 便利な小人さん ~フックスクリプト~

    14時間目 メールで編集内容を共有しよう

    15時間目 いろんなツールとつながるGit

    付録A SSH鍵の生成と設定

    付録B コマンドラインを利用する場合のGit Flowのインストール  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    人気 27位
    発売日 2009/09/24
    (3.2)
    Amazon 7,018円
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    人気 28位
    本書の内容

    本書は、サイバーエージェントで開発に携わっている著者が、Gitの使い方を速習できるように逆引きという形でわかりやすく解説しています。Gitコマンドとあわせて、GUIツールのSourceTreeでの操作方法も掲載しているので、コマンド入力が苦手という方も安心です。もちろん、Git独特の基本用語や概念についてもきちんと解説していますので、初心者でも理解できる内容になっています。これからGitを使いたいと考えている方におすすめの1冊です。

    ●Chapter 1 Gitの基礎知識
    ●Chapter 2 [逆引き]Gitの準備と基本操作
    ●Chapter 3 [逆引き]リポジトリの操作
    ●Chapter 4 [逆引き]ブランチとタグの操作
    ●Chapter 5 [逆引き]リモートリポジトリの操作
    ●Chapter 6 [逆引き]リポジトリ内を調べる
    ●Chapter 7 困ったときの対応
    ●Appendix GitHub/Bitbucket/参考URL

     
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    人気 29位
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       

    Git 新書一覧

    本書の内容
    マンガと実践で学ぶGitの入門書が最新情報に対応して改訂しました!
    Gitの概念はもちろん、GitHubについても丁寧に解説しています。これからGitを使い始める人にオススメの1冊です。
    本書ではクリック操作でGitを使えるSourceTreeを中心に解説しているので、初心者でも安心です。

    はじめにより抜粋
    ■せっかく学ぶなら、やっぱり楽しい方がいい

    「Gitって難しそう」
    「勉強しようとは思っているけど、なかなか一歩が踏み出せない」

    そんな方のために、楽しくGitを理解できる本を作りました。

    ・個性的なキャラクターたちが登場するマンガ
    ・感覚的にわかる図解
    ・丁寧な実践パート

    上記3つの特長で、Gitを無理なく学べます。
    仕事に必要な基本の使い方はもちろん、サンプルデータが使えるので、プルリクエストの練習・GitHub PagesでのWebページ公開もできます!

    ■こんな人におすすめ
    新入社員……Gitが使えて当たり前の会社に就職したので、勉強したい
    Webデザイナー・コーダー……エンジニアと一緒に、Gitで共同作業したい
    Gitに乗り換えたいエンジニア ……今まで使っていたバージョン管理システムから、Gitに乗り換えたい
    小さな会社のWeb担当……そろそろ手動バックアップを卒業したい
    企画・営業担当……制作側のことも知っておきたい

    ・プロローグ/キャラクター紹介/はじめに
    ●CHAPTER 1 Gitって何?
    ●CHAPTER 2 個人でGitを使ってみよう
    ●CHAPTER 3 複数人でGitを使ってみよう
    ●CHAPTER 4 実用Git ~ こんなときはどうすればいい?
    ●CHAPTER 5 Gitで広がる世界
    ・おわり  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容
    Git&GitHubのいちばんやさしい本

    Git&GitHubの超入門書です。豊富な図と実際の操作手順を解説しているので、たった1日でひととおりGit&GitHubが使えるようになります。  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容
    字書き向けのWindowsの環境構築本です。
    主に、Windows10環境で小説系の同人誌を書かれる方に向けて書きました。
    おすすめのテキストエディタや、使えると便利なショートカットキー、Grep検索や簡単な正規表現について取り扱っています。また、GitHubを用いた原稿の管理についても触れました。

    目次
    第1章テキストエディタを選ぶ
    第2章校正しよう、してもらおう
    第3章ワープロソフトを選ぶ
    第4章キーボードショートカット
    第5章検索と置換、Grep、正規表現
    第6章Gitを使って書いてみよう!  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容

    ※※※ 必ずお読み下さい ※※※
    1.本書はコマンド入力に抵抗がない方(かつ不明点は検索などで自己解決できる方)を対象とした、Gitの入門書となります。
    2.Git のバージョンは、2020年4月での安定版である 2.26.0 を前提としてます。
    3.本書はWindowsのGitBushをもとに説明してます。Macのターミナルと比べ表示のされかた等に違いがあるので、予めご了承ください。
    4.本書はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
    5.サンプルコードや画像が見づらい場合は、縦持ちから横持ちにしたり、ダブルタップなど(この辺りはデバイスによって違う)すれば、見やすくなるかと思います。



    〜〜〜 Gitはコマンドで理解しよう 〜〜〜

    Gitは多くの開発現場で使われているバージョン管理システムです。
    便利な機能を持ち合わせてはいますが、それ故にとっつきにくい部分もあります。

    Gitの基礎を身につけるために必要なこととは何か?
    その効率な方法の一つがGitはコマンドで理解することだと、私は考えております。
    そして本書は『コマンドで理解するGitの入門書』です。

    もちろんGit未経験者の方にも吸収しやすいよう、意識して執筆をしました。
    Git習得のためにも、是非とも本書を活用して頂ければと思います。


    ●本書の対象読者
    ・バージョン管理システムに興味がある。
    ・コマンドベースでGitを使ってみたい。
    ・Gitを業務で使用しているが、いまいち基礎を理解していない。
    といった方へむけて本書を執筆しました。

    ●執筆における動作検証環境
    ・Windows
     Windows 8.1/10
     Git Bash 2.26.0
    ・Mac
     macOS Catalina バージョン 10.15.4
     Git 2.26.0
    (本書はWindowsのGitBushをもとに説明してます。Macのターミナルと比べ表示のされかた等に違いがあるので、予めご了承ください)

    ●学習の流れ

    ・第1章 Git入門
     Gitについての説明となります。
     実際の作業はなく、まずは目を通してGitの基本を理解します。

    ・第2/3章 Gitを導入する
     Windows/MacにGitを導入。
     学習用(サーバー、ユーザ1、ユーザ2とみなす)ディレクトリを作成し環境を作ります。

    ・第4章 Gitを使う
     実際にGitコマンドを打ちこんでいきます。
     リポジトリ作成からブランチのマージまで、Gitの基本的な使い方を学習します。

    ・第5章 もう一歩進んだ使い方
     リセットやチェリーピックなど、もう一歩進んだGitの使い方を学習します。
     第4章でコミットされたリポジトリを利用します。

    ・第6章 GitHubでプルリクエストを使う
     最終章ではプルリクエストについて学習します。
     (1)GitHubに登録
     (2)まずはHTTPS通信での接続を試す
     (3)SSH通信では秘密キー/公開キーを作成し、公開キーをGitHubに登録し接続
     (4)GitHub上でプルリクエストを使う

    ●コンテンツ内容について
    初学者にも吸収しやすいよう、取りあつかうGitコマンドは基本的なものに厳選しております(詳しくは目次にてご確認ください)。
    徐々にステップアップしていく教科書的な形式なので、最初のページから順々に学習すると内容を理解しやすいです。
    ※ディレクトリの中身など、最初から最後まで繋がっていることを前提として執筆しております。



    目次

     第1章 Git入門
      リポジトリ(repository)
      コミット/ステージ(commit/stage)
      ブランチ(branch)
      フェッチ(fetch)
      マージ(merge)
      プル(pull)
      プッシュ(push)
      クーロン(clone)
      HEAD指定
      リセット(reset)
      リバート(revert)
      チェリーピック(cherry-pick)
      スタッシュ(stash)
      タグ(tag)
      Git管理下から外す(.gitignore)
      プルリクエスト(pull request)
      メッセージエディタが開かれるとき/方針
      Bashコマンド

     第2章 WindowsにGitを導入する
      WindowsにGitBashをインストールする
      学習用の各ディレクトリを作成する(Windows編)
      Git Bash/初期設定(Windows編)

     第3章 MacにGitを導入する
      MacにHomebrewをインストールする
      MacのsedコマンドをGNUのものに合わせたい場合
      MacにGitをインストールする(brew編)
      MacにGitをインストールする(ダウンロード編)
      学習用の各ディレクトリを作成する(Mac編)
      Git初期設定(Mac編)

     第4章 Gitを使う
      ローカルリポジトリを作成する
      ステータス(状態)を確認する
      ステージング
      コミット
      ログ/詳細/差分をみる
      リモートリポジトリの作成
      リモートリポジトリを登録
      プッシュ
      クーロン
      追跡ブランチ
      新規ブランチ作成/チェックアウト/追跡指定
      プル
      フェッチ/マージ/競合と解決
      ブランチをマージする
      マージされているか確認

     第5章 もう一歩進んだ使い方
      リセット
      リバート
      チェリーピック
      スタッシュ
      タグ
      Git管理下から外す

     第6章 GitHubでプルリクエストを使う
      GitHubに登録する
      HTTPS通信で接続する
      SSH通信で接続する
      プルリクエストをする



    【おすすめ著書のご案内】

    プログラマーにおくるKotlin流し読み入門(2020年2月2日 初版発行)
    https://www.amazon.co.jp/dp/B084FXJJDP/
     流し読む感覚でスピーディーにKotlinの基礎を身につけるための入門書となります。
    KotlinはJavaをよりシンプルに、より安全にと、ジェットブレインズ社が開発したプログラミング言語です。
    興味はあるもの、なかなか学習の時間が取れないという方は、是非ご一読ください。

    開発エンジニアにおくる次世代プログラミング言語Juliaのすすめ[文法入門その2 編](2019年9月2日 初版発行)
    https://www.amazon.co.jp/dp/B07XBTYJZR/
     こちら[導入/文法入門その1 編]の続編である『[文法入門その2 編]』となります。
    [導入/文法入門その1 編]をお読みいただいた上で、データフレームやプロジェクト/パッケージ作成などにご興味のある方は、是非ご一読ください。

    開発エンジニアにおくる次世代プログラミング言語Juliaのすすめ[導入/文法入門その1 編](2019年8月9日 初版発行)
    https://www.amazon.co.jp/dp/B07WCX35QQ/
     開発エンジニアの方を対象とした、Julia習得を目的としたプログラミング技術書[導入/文法入門その1 編]です。
    Juliaという新しい言語に興味があり、試してみたいと思っている方は、是非ご一読ください。
     
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容
    本書は、開発現場に入りたてで、
    Gitの扱い方について不安を抱えている方のために、書いた本です。

    今の時代、プロジェクトの管理にGitを使用していないところは、まずないでしょう。

    どのような現場で働くにしても、
    また、どの分野のエンジニアになるにしても、Gitは避けては通れません。

    Gitはエンジニアの必須スキルです。
    駆け出しエンジニアの方は、早いうちにGitに慣れてしまうことを、おすすめします。

    本書では、エンジニアになって日が浅い方に、
    短期間でGitを使えるようになっていただくために、
    Gitの基本的な扱い方に焦点をしぼって、書いています。

    【目次】

    ◾︎Gitって何?
     Gitとは何か理解しよう
     GitHubとは何か?

    ◾︎GitHubでリポジトリを作成しよう
     GitHubのアカウント作成
     リポジトリを作成しよう
     リポジトリをクローンしよう
     SourceTreeをダウンロード

    ◾︎ブランチを理解しよう
     ブランチって何?
     ブランチの作成
     ブランチの削除

    ◾︎プロジェクトの管理
     テキストファイルの作成
     変更をコミットする
     リモートにプッシュする
     Featureブランチを作ろう

    ◾︎プルリクエストを使ってみよう
     プルリクエストを送る
     プルリクエストにコメント
     プルリクエストを修正しよう
     リモートの変更を取り込む

    ◾︎コンフリクトの直し方
     コンフリクトとは
     コミットの修正
     ブランチ名の修正

    【著者プロフィール】

    宮﨑 瞬

    エンジニア歴1年半。入社後すぐに、新規アプリの立ち上げ案件に参画。
    3ヶ月で応用情報技術者資格を取得。
    普段はAndroidアプリの開発を担当しております。  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容
    Gitは、業界の最先端を行く便利なバージョン管理ツールです。簡単に習得できるように見えますが、実はきちんと使いこなすのが難しいツールでもあります。本書は、Gitに興味がある人向けにインストールから使い方、よく遭遇するトラブルの解決方法などのノウハウを徹底的に学ぶ逆引き入門書です。「コミットをやり直したい」「ログを変更したい」「マージしていないブランチを消しちゃった」など、あなたのGitとGitHubの悩みが解消します。

    ※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    発売日 2019/09/28
    (4)
    Amazon 2,420円
    本書の内容
    Gitは、ソフトウェアの開発現場でバージョン管理ソフトとして使われています。しかし、「おまじない」のようにGitのコマンドを使っているだけの人が少なくありません。本書は、Gitの基本的な使い方から、チーム開発で使うための機能「ブランチ」、そして高度なGitコマンドまでを解説した入門書です。さらにGitのブランチモデルである「Git flow」と「GitHub-flow」の二つも紹介。チーム開発の基本スキルが身につきます!  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容
    タイトルの通り、Gitの「未経験者」を大急ぎで「初心者」にするための本です。
    本格的な勉強をするための本ではないのでご注意ください。
    本書では、Atlassian社のBitbucketとSourceTreeを使って「Gitを体験する」ことを目的とした内容になっています。
    また、環境はMacを前提としていますが、適宜読み替えればWindowsを使う人でも学習は可能だと思います。

    第1章 基礎知識
    Gitとは
    リポジトリ
    コミット
    ワークツリー/インデックス
    プッシュ/プル
    ブランチ
    ホスティングサービス

    第2章 SourceTree
    SourceTreeとは
    インストール
    初期設定

    第3章 実践
    最初のコミット
    複数のコミット
    プッシュ
    ブランチの利用
    プル
    コンフリクトの解決  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容
    ※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
    また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
    お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。


    はじめてチーム開発する人向け!
    Gitのいちばんやさしい入門書

    年々、Git を導入する開発チームは増えてきており、そうした現場で仕事をするデザイナーやプログラマーがGitを使えなければ仕事になりません。
    本書は、そうした「もうGitから逃れられない人たち」のための入門書です。

    【読者対象】
    ・そもそもGitって何?という方
    ・自分の操作がどんな影響を及ぼすか不安な方
    ・ブランチの動きが分からず不安という方
    ・プルとフェッチの違いって何?という方
    ・コミットやマージのタイミングが不安な方
    ・Gitで小規模なチームを立ち上げる予定の開発者
    ・進捗管理を効率化したい開発リーダー&マネージャー

    【特長】
    ・プログラマー、デザイナー、開発リーダーごとの役割分担が分かる
    ・操作によるデータの流れをすべて図解によってビジュアル化
    ・実務でよく使う機能を厳選、徹底的に分かりやすく解説
    ・実務でぶつかりがちなエラーへの解決策をパターン別に解説
    ・メンバーへの配慮・マナー・ルールなど「運用のコツ」を解説
    ・GitホスティングサービスはGitHubを例に解説

    プログラマーとして活躍する著者が、その豊富な経験を踏まえた上で、「現場で必要となる操作・機能」を厳選し、やさしく解説。トラブルシューティングも多数用意しました。

    もはや、Gitはチーム開発には欠かせません。

    本書で解説する操作はすべて1人で試し、学習できますので、Gitがはじめての方はここからスタートしてみてはいかがでしょうか。

    最速で基礎固めを行いたいプログラマーやデザイナー、開発リーダー、開発マネージャーの方におすすめです!  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容
    この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    〈電子書籍版に関する注意事項〉
    本書は固定レイアウト型の電子書籍です。リフロー型と異なりビューア機能が制限されるほか、端末によって見え方が異なりますので、ご購入前にお使いの端末にて「無料サンプル」をお試しください。

    【大ヒット入門書が改訂! Gitの活用法が短時間で身につきます】

    バージョン管理システム「Git」の初心者向け入門書の改訂版。コマンド操作が不要なGUIツール「Sourcetree」と、Gitのホスティングサービス「Bitbucket」を使った活用方法を解説しています。

    本書の特長は、Gitの広範な機能のうち「これだけは押さえておきたい基本」に絞り込んで解説している点。前半では、GitおよびSourcetreeのインストールから、リポジトリの作成方法、コミット、プッシュとプルといった基本的な使い方をマスターします。後半では、Gitを活用すると便利な状況にフォーカスしながら、GitとSourcetreeの実践的な活用法を紹介しています。

    初心者の方がGitやSourcetreeの活用シーンをイメージしやすいよう、イラストや図、実際の操作画面を豊富に掲載しており、実制作や業務の中に手軽にGitを取り入れ、生産性を向上したい方に最適です。

    ※本書で使用しているSourcetreeのバージョンはWindowsで3.1.3、macOSで3.1.2です。GitのバージョンはWindowsでは2.21.0、macOSでは2.20.1を使用しています。

    〈本書の内容〉
    Chapter 1 バージョン管理の基本
    Chapter 2 Gitの基本的な使い方
    Chapter 3 複数メンバーでの運用
    Chapter 4 Gitを使った実践開発  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容

    この商品は固定レイアウト作成されており、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能はご利用いただけません。


    本書は、プログラミングをしないMacユーザーをとくに意識した、Gitの入門書です。
    Gitの知識がまったくない段階から始めて、主要機能をしっかり理解し、GitHubの共有機能までたどり着くことを目標にしています。
    過去に挫折した方や、いまさら人に質問できない方、こっそりマスターして同僚に差をつけたい方にもおすすめです。

    プログラマーの間でGitの人気は高まる一方ですが、「最近では、ノンプログラマーにとってもその利便性が認められてきています。」
    たとえば、ソフトウェア開発のプロジェクトにプログラマー以外の立場で参加する場合や、
    そもそもプログラムではない一般的な文書作成の目的で、Gitの基礎知識を必要とされるケースが増えてきています。

    しかしGitはもともと大規模なソフトウェア開発のために作られたもので機能が多く、
    独特な用語が多い上に、ほとんどの解説書では読者がプログラマーであることを前提にしているため、
    ノンプログラマーにとっては最初の手掛かりにさえ悩むケースがあります。


    【本書の執筆方針】
    1. 一般的なMac用アプリケーションと同じ感覚でGitを利用できる「Sourcetree」というアプリケーションを使います。
    「ターミナル」やコマンド入力は扱いませんが、用語や機能を本書で学んでおけば、将来本格的に使いたくなったときにも役立つでしょう。

    2.サンプルには、単純な日本語の文書を使います。
    プログラミングの知識は必要ありませんし、操作結果の変化もわかりやすくしています。

    3. 採りあげるアプリケーションやサービスは、すべて無料です。
    規模が大きくなると有料になるものもありますが、独習や、少人数のプロジェクトであれば費用はかかりません。

     
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容
    GitHubは今やほとんどのプログラマーが愛用しているサイトだと思います。
    手軽にソースコードを共有/公開/バックアップ/マージしたりなどが行えるからです。

    しかし、どんなにがんばってみても、「GitHubは難しくて分からなかった!」
    「GitHub?面倒だからUSBメモリや外付けHDDやSDカードやBDやDVDやCDとかにバックアップしてるよ!」
    なんて人も一定数いるかと思います。

    本書はXAMPPでPHP開発している方々だけを対象に、
    GitHubの世界に案内・・・・・するのではなく
    DropboxでXAMPP上のソースコードを複数のPCで自動的にネットワーク同期できる便利な世界にご案内いたします。

    XAMPPでローカルサーバーを構築して複数PCでサイトをテストしたいときなどは非常に楽になるでしょう。

    GitHubをすでにつかっているという方々でさえも、便利な面は多々あるのでおすすめです。
    設定はさほど難しくなく、初心者でも1時間以内にできます!

    なお、本書は最後の最後に簡易的ではありますが、最近のGitHubの入門的な内容もあります。

    この本は、「XAMPP+Dropboxは確実にマスターできるよ!でも、もしさらに余裕があればGitHubの要点もほんのちょっとだけ習得してみよう!」
    という趣旨の、かなり変則的な超入門書です。本当に簡単な領域だけで、高度な内容や応用などは全くありませんので事前にお気をつけください。
    しかしながら、もしあなたが他の本で駄目だった経験があるのであれば、そんなあなたを次のステップに導くのは案外こういう本なのかもしれません。

    目次
    ■ なぜXAMPP+Dropboxなのか?
    ■ XAMPPとは
    ■ Dropboxとは
    ■ XAMPPとDropboxをお手軽にインストールする方法
    ■ Dropboxに専用フォルダーを作りOSの設定を変更
    ■ XAMPPのPHP設定を変更してDropboxと連動させる
    ■ テスト用のPHPスクリプトを作成し、同期を確認
    ■ ローカルサイトを自宅のPC/スマホ/タブレットのブラウザで遠隔テスト
    ■ Dropboxで簡易的なバージョン管理を行う
    ■ Dropboxで30日以内に削除した任意のファイルを復元する
    ■ 共有フォルダを作成して複数人でファイルを編集し合う
    ■ 疑似Github?新旧ファイルの差分を比較できる非常に簡単便利なソフト、サイトの紹介
    ■ GitHubほんのちょっとだけ超入門(究極の快適さ? XAMPP + Dropbox + Github)
    ■ 既存のフォルダーからGitHubリポジトリを作成する
    ■ コミットの差し戻しを覚えれば怖いものなし
    ■ プロジェクトを非公開のままWEB上にアップロード/保存/共有する
    ■ WEB公開されているテトリスのリポジトリをクローン
     
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容
    IT系のエンジニアであれば、「常識」として身につけていなければならないレベルのGitの知識について解説しています。
    専門家のような深い知識を得るための内容ではないため、ご注意ください。

    1.Gitを知る
     Gitとは
     Gitの特徴
     Gitのデメリット
     GitはCUIツールである

    2.サービスやソフトウェアを知る
     GitHub
     Bitbucket
     GitLab
     SourceTree

    3.用語を知る
     リポジトリ
     クローン
     ブランチ
     ワークツリー
     インデックス
     コミット
     ステージ
     プッシュ
     プル
     フェッチ
     マージ
     コンフリクト
     スタッシュ
     リベース
     リバート
     フォーク
     チェックアウト

    4.コマンドを知る
     リポジトリ関連のコマンド
     コミット関連のコマンド
     ワークツリー関連のコマンド
     ブランチ関連のコマンド  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容
    実際のワークフローをイメージしながら実践的なGit/GitHubの使い方が身につく「いちばんやさしい」入門書です。前半は、手元のパソコンでファイルを実際にバージョン管理しながら、Gitの基本的な使い方を解説。後半では、実践的なワークフローに沿ってGitHubを使い、チームメンバーと一緒に開発を進めるための知識が身につきます。全体を通し、コマンドラインを使った操作が中心であることも大きな特徴です。難しそうに思えるかもしれませんが、未経験者でも理解できるように配慮しているので、心配することはありません。概念や操作方法を丁寧に解説するのみならず、「なぜそうするのか」といった疑問に答えられるような説明も多く入れています。また、コマンドラインでの操作に便利なコマンドリファレンスも用意しました(PDFでのダウンロード)。本書はこんな人(企業)におすすめです。これからGit/GitHubを使いはじめる入門者、チームでプログラミングやWeb制作に携わる人(エンジニア、デザイナー、ディレクター、プロデューサーなど)、コマンドラインでの操作をちゃんと学びたい人、Webサイトを運営しているWeb担当者。

    ※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
    購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容
    本電子書籍は2014年3月20日初版発行のものを、後日電子化し、発売したものです。
    (概要)
    GitHubの実践的な使い方を,実際に手を動かす形で解説する書籍です。初学者の方にもわかりやすいよう,基本的なGitやGitHubの使い方から,「ソーシャルコーディング」の目玉機能であるPull Requestの送り方・受け方まで解説します。また,外部ツールとの連携,GitHub FlowやGit Flowなど,GitHubを中心とした開発手法についてもしっかり解説しているので,中・上級者の方にも参考になるはずです。

    (こんな方にオススメ)
    ・GitHubをこれから使いたい初学者の方
    ・GitHubをさらに使いこなしたい中級者の方

    (目次)
    第1章:GitHubの世界へようこそ

    第2章:Gitの導入

    第3章:GitHubを利用するための準備

    第4章:Gitを操作しながら学ぶ

    第5章:GitHubの機能を徹底解説

    第6章:はじめてのPull Request

    第7章:Pull Requestが送られてきたら

    第8章:GitHubと連携するツールとサービス

    第9章:GitHubを利用した開発フロー

    第10章:会社でGitHubを使おう

    Appendix A:GitHubをサポートするGUIクライアント

    Appendix B:Gistで手軽にコードを共有  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容
    Git入門の決定版「サルGit」がついに書籍化! 圧倒的な分かりやすさでバージョン管理を使いこなそう
    本書は、コレまでにGitを触ったことが無い方。もしくは一度勉強しようと思ったが、どうも手につかず普段はGitを利用していない。というような方々に向けたGitの操作を一から学べる内容となっています。無料のGitクライアントソフト「Sourcetree」と「Backlog」に含まれているGit機能を用いた手順を丁寧に解説しています。
    わかりやすさはそのままに、コマンドラインの利用が苦手なユーザーにも親しみやすくGitの操作を紹介しています。さあ、一緒にGitを学んでいきましょう。そして皆さんの仕事がより良く、進められますように。

    ※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
    購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容
    (概要)

    Webサービス開発を中心にGitHubを使用する企業が増えてきています。GitHubは使いやすいサービスですが,開発チームなどで活用していこうという場合は,あらゆる知識やノウハウが必要となります。
    本書はGitHubを初めて利用する,もしくは使い始めているが操作に慣れていない方を主な対象読者とし,第1部でGitとGitHubの概要,第2部はリファレンス形式でGitHubの実践的な使い方や知っておくとよいノウハウなどを解説しています。


    (こんな方におすすめ)

    ・GitHubを使い始めた人

    ・GitHubを開発で利用したい人


    (目次)

    Part 1 GitHubの基本

  • Gitの基本知識

  • GitHubの基本知識

  • GitHubを使う前の準備

  • Part 2 GitHub実践編

  • 利用設定

  • 履歴の記録

  • ファイルの管理

  • リポジトリの管理

  • Issueの管理

  • Pull Request

  • Project

  • グループでの利用

  • 公開

  • 検索

  • 通知

  • 外部サービス連携

  • GitHubの関連サービス
  •  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容
    ほんの少しの操作だけで、SSL対応のウェブサイトを公開できるGitHub Pagesをご存知でしょうか?

    この本を最後まで、読めばGitHub Pagesであなたのポートフォリオサイトを公開できるようになります。

    目次

    1. GitHub Pages

    1.1 GitHub Pagesとは?
    1.2 GitHub Pagesでできること、できないこと
    1.3 GitHub Pagesを使うべきかの判断基準

    2. GitHub Pagesを使ったウェブサイトの作成と公開
    2.1 レポジトリを作成
    2.2 ローカルPCでレポジトリを作成
    2.3 index.htmlを作成
    2.4 ページが公開されているか確認する

    3. 独自ドメイン
    3.1 独自ドメインをGitHub Pagesで利用するためのポイント
    3.2 独自ドメインを取得する
    3.3 ドメイン事業者のコンソールに移動
    3.4 DNSレコードの設定を開始する
    3.5 ドメイン事業者のコンソールでCNAMEを設定
    3.6 レポジトリの設定で独自ドメインのホスト名を指定
    3.7 DNS設定がネットワークに反映されるのを待つ
    3.8 HTTPSを使用する

    4. 静的サイトジェネレーター
    4.1 静的サイトジェネレーターとは?
    4.2 なぜ静的サイトジェネレータとGitHub Pagesとの相性が良いのか?
    4.3 静的サイトジェネレータの種類

    5. Hugo + GitHub Pages
    5.1 Hugoとは?
    5.2 インストール
    5.3 サイトを作成
    5.4 テーマを導入
    5.5 固定ページを追加
    5.6 記事を投稿する
    5.7 記事一覧にアクセスする
    5.8 画像を記事に追加する
    5.9 デプロイ用のデータを作成する
     
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容

    クラウド時代に適合した
    新インフラ管理のベストプラクティス!

    構成自動化ツールや仮想化/クラウドなどの技術が普及し、Infrastructure as Code(コードとしてのインフラ)が現実になりつつあります。インフラの定義をコード化できるようになると、今度はそれらを適切に管理し、最新状態を保持し、確実に本番システムに適用できる手法が求められるようになります。
    本書では、こうしたインフラの管理のためにCI(Continuous Integration:継続的インテグレーション)の技術を適応させる方法を紹介します。これにより、システムの変更を継続的に維持できる管理サイクルの実現を目指します。

    【本書の特長】
    ・新しいタイプのシステムインフラと、旧来のインフラ管理の問題点
    ・インフラ管理にCI手法を応用するメリットと適用のためのポイント
    ・実際のシステムを前提としたベストプラクティスをサンプルとして紹介
    ・AnsibleとGitLabをはじめとしたさまざまなOSSを活用
    ・インフラのための設定の管理と本番システムへの適用までをサイクルとして実現
    ・システムテストを自動化
    ・現場のシステムに組み込むためのさまざまなTIPSを紹介

    本書では、全体を通じて一貫したサンプルを紹介し、実際にダウンロードして試せることを目指しました。現場のさまざま条件や背景を越え、ツールとして広く使えるような手法の提供を目指しています。
    新しいシステムインフラに関わる知識とノウハウを手に入れられる解説書です。

    ※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
    ※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
    ※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
    ※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

     
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容
    近年、企業における迅速なソフトウェア開発において、DevOpsは必要不可欠な要素として認識されています。しかしその一方で、開発プロセス改善に関連する情報の飽和や、新しい開発支援ツールの乱立により、自社の開発チームにとってどれが最適な解なのかの見極めが難しくなっています。さらに、開発ツール導入後も、ツールやプラットフォームの運用に余計な時間を取られ、本来の目的であるコード開発に時間が割けないエンジニアが後を経ちません。このような開発現場の課題に取り組み、各企業にとって最適な開発スタイルを模索する中で、GitLabが注目を集め始めています。
     GitLabは、開発プロセスを支援する機能として、単なるリポジトリ管理だけにとどまらず、リポジトリの更新を起点とした継続的インテグレーションや継続的デプロイメントのジョブ機能や開発プロセス全体の改善サイクルを支援するプラットフォームを提供しています。さらに、組織文化の改革という点においても、GitLabではConversational Developmentという開発スタイルを提唱しており、チーム開発に不可欠なコミュニケーションの効率化を支援しています。これらの機能により、GitLabは、開発者における無駄なオペレーション工数を削減し、開発作業の効率化を実現します。
     本書はアプリケーション開発支援ツールであるGitLabの基礎から、実務の開発ワークフローの運用で使える機能までを網羅した実践ガイドです。まずGitLabが目指す開発スタイルを理解し、開発プロセスの改善を実践していただくことを目指しています。そのため、本書では単なるGitリポジトリ利用者に対する機能紹介ではなく、普段の開発プロセスの改善やデプロイオペレーションの効率化を図るために必要な情報を網羅しています。

    ※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
    購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容
    ※このKindle本はプリント・レプリカ形式で、Kindle Paperwhiteなどの電子書籍リーダーおよびKindle Cloud Readerではご利用いただけません。Fireなどの大きいディスプレイを備えたタブレット端末や、Kindle無料アプリ (Kindle for iOS、Kindle for Android、Kindle for PC、Kindle for Mac) でのみご利用可能です。また、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用については、一部機能しない場合があります。文字だけを拡大することはできません。
    ※プリント・レプリカ形式は見開き表示ができません。
    バージョン管理ツールGitは、高機能な反面、望みどおりの結果を得るには少し慣れが必要です。本書は、Gitを使っていて実際によく出会う状況やワークフローを例に、基本的な使い方からその先まで、場面に応じた使い方を解説します。  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容
    本書は、マンガと実践で学ぶGitの入門書です。Gitの概念はもちろん、GitHubやBitbucketについても丁寧に解説しています。これからGitを使い始める人にオススメの1冊です。

    <はじめにより抜粋>

    ■せっかく学ぶなら、やっぱり楽しい方がいい

    「Gitって難しそう」
    「勉強しようとは思っているけど、なかなか一歩が踏み出せない」

    そんな方のために、楽しくGitを理解できる本を作りました。

    ・個性的なキャラクターたちが登場するマンガ
    ・感覚的にわかる図解
    ・丁寧な実践パート

    上記3つの特長で、Gitを無理なく学べます。
    仕事に必要な基本の使い方はもちろん、サンプルデータが使えるので、プルリクエストの練習・GitHub PagesでのWebページ公開もできます!

    ■こんな人におすすめ

    新入社員……Gitが使えて当たり前の会社に就職したので、勉強したい
    Webデザイナー・コーダー……エンジニアと一緒に、Gitで共同作業したい
    Gitに乗り換えたいエンジニア ……今まで使っていたバージョン管理システムから、Gitに乗り換えたい
    小さな会社のWeb担当……そろそろ手動バックアップを卒業したい
    企画・営業担当……制作側のことも知っておきたい

    クリックしていくだけでGitを使えるツールを中心に解説しているので、初心者でも安心です。

    ※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容
    (概要)
    Gitを活用するためのバイブルとして読み継がれてきた「Gitポケットリファレンス」改訂新版が登場! 現場でGitを活用するための必携書として,「Gitコマンドのリファレンスと共に,エラーメッセージが出たときのトラブルシューティングも解説」というコンセプトはそのままに,GitリポジトリとSlackの連携や,GitBucket,GitLab,SourceTreeの紹介など,最新のチーム開発に対応!これからGitを利用する方に対しては導入部分から優しく解説し,Gitをすでに習熟している方に向けては最新動向をキャッチアップした懇切丁寧な書籍です!

    (こんな方におすすめ)
    ・Git を使い始めたが,初歩的な使い方しかしていない開発者
    ・Git ユーザ

    (目次)
    Chapter 1 まずはGitを使ってみよう

    Chapter 2 Gitリファレンス55

    Chapter 3 活用編311

    Column  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    発売日 2016/05/15
    (3.9)
    Kindle 100円
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    発売日 2016/02/26
    (4)
    Amazon 3,608円 Kindle 3,247円
    本書の内容
    分散型バージョン管理システム「Git」は、現代のプログラム開発では必須の技術となってきました。現在のソフトウェア開発は多人数のプロジェクトとなり、バグフィックス、バージョンアップ、異なるエディション(Windows版/Macintosh版など)への分岐が生じます。Gitは、プログラムの開発の履歴を管理し、以前のバージョンへ戻したり、改編箇所の衝突を回避したりといったソースコードの管理が可能です。本書は、いままでGitを使っていなかった方でもしっかりとした知識が身に付くように執筆された入門書です。バージョン管理システムは以前からありましたが、Gitは分散開発への対応が充実しており、「決定版」として普及しています。また、インターネットのGit Hubと組み合わせたオープンなソフトウェア開発も実現可能です。本書を読むことで、Gitの基礎が身につくのはもちろん、さまざまな使いこなし、プロジェクトへの適用方法、開発支援サービスの利用についての知識が得られます。たんなるGit解説書としてではなく、一から学べる入門書としてお読みいただけます。丁寧かつ充実した内容で、現場で応用可能な技術がしっかりと身に付く一冊です。  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容

    【本電子書籍は固定レイアウトのため7インチ以上の端末での利用を推奨しております。文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ご購入前に、無料サンプルにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください】

    これだけは知っておきたい、開発現場の本格スキル。

    本書は、Gitが実践で使えるようになるための本です。基本的な使い方はもちろん、分散型バージョン管理システムの仕組みを理解するところから、ブランチの設計・運用、継続的インテグレーションといった実践的なチーム開発手法まで解説していきます。Gitは「どういうものか」から、具体的に「どう使うか」まで、しっかり学べるので、脱初心者に最適な一冊です。Gitコマンド早見表付き。

    「古くならないGitの普遍的な部分、検索しても見つからない現場のノウハウを詰め込んだ一冊に仕上げました。Gitのバイブルとして長く使っていただけると幸いです」(著者前書より)

    【こんな方に最適】
    1. Git初学者で、開発の技術を学ぶのと同様に、必須のツールとして覚えておきたい、という方。
    2. Gitは覚えはじめで挫折してしまったという人が、今度こそちゃんと覚えたいという方。
    3. Gitを使いはじめて、もっと便利な使い方をしたい、問題の解決法がみつからない、あるいは、Gitの使い方は知っているが、チームでどのようにGit運用をしていくのかわからないといった方。

    ※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
    ※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
    ※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
    ※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

     
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容
    (概要)
    短時間で業務レベルの基礎知識を習得することを目指した独習形式の解説書です。本書では,2部構成でユーザ編と管理者編に分けて,それぞれの役割の人がスムーズにGitが導入できるような構成になっています。ユーザ編では,SourceTreeを中心とした直感的でわかりやすくGitを使える方法を,管理者編では,Gitリポジトリの環境構築はもちろんのこと,Subversionなどの既存のバージョン管理ツールからの移行や大規模なプロジェクトで運用するノウハウなどを紹介しつつ,より進んだ運用として,チケットシステムやCIツールとの運用取り上げます

    (こんな方におすすめ)
    ・これからファイルのバージョン管理およびGitをはじめようと思う人
    ・Gitを使っているけどコマンドが分かり難いと思っている人

    (目次)
    0時間目 さぁ,Gitをはじめよう!

    バージョン管理の必要性
    Gitの特徴
    GitのGUIツールの決定版 SourceTree

    Part1 使って覚えるGit入門
    1時間目 Gitの準備をしよう

    1-1 SourceTreeのインストール
    1-2 Githubアカウントとリポジトリの作成
    1-3 SourceTreeのオプションの設定
    1-4 コマンドラインでの操作の確認

    2時間目 SourceTreeによるGitの基本操作

    2-1 Gitによる作業の流れ
    2-2 コマンドラインでの操作の確認

    3時間目 リポジトリを共有しよう

    3-1 プル/フェッチ
    3-2 プッシュ
    3-3 競合の解決
    3-4 コマンドラインでの操作の確認

    4時間目 Gitの肝となるブランチって何?

    4-1 ブランチ
    4-2 マージの種類
    4-3 ブランチの削除
    4-4 タグの設定
    4-5 タグの削除
    4-6 コマンドラインでの操作の確認

    5時間目 ブランチを制す者はGitを制す

    5-1 リベース
    5-2 スタッシュ(一時退避)
    5-3 チェリーピック
    5-4 コマンドラインでの操作の確認

    6時間目 プロジェクトの足跡をたどろう

    7時間目 間違えたコミットを取り消そう

    8時間目 Git Flowによる高度なブランチ管理

    Part2 管理者のためのGit入門
    9時間目 Gitサーバを立ててみよう ~ALMinium編~

    10時間目 Gitサーバを立ててみよう ~Stash編~

    11時間目 リポジトリを引越ししよう

    12時間目 サブモジュールによるリポジトリの分割管理

    13時間目 便利な小人さん ~フックスクリプト~

    14時間目 メールで編集内容を共有しよう

    15時間目 いろんなツールとつながるGit

    付録A SSH鍵の生成と設定

    付録B コマンドラインを利用する場合のGit Flowのインストール  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容
    〈電子書籍版に関する注意事項〉
    本書は固定レイアウト型の電子書籍です。リフロー型と異なりビューア機能が制限されるほか、端末によって見え方が異なりますので、ご購入前にお使いの端末にて「無料サンプル」をお試しください。

    【必ず押さえておきたいGitの活用法が、短時間で身につく!】

    本書は、バージョン管理システム「Git」の初心者向け入門書です。Web制作者やWebディレクターなど、Gitをはじめて使う方でも実際の業務に取り入れやすいよう、CUIからのコマンド操作ではなく、SourceTree(GUIツール)を使った利用方法を掲載しています。また、主にクライアントワークにGitを活用することを想定し、非公開プロジェクトの管理が可能なホスティングサービス・Bitbucketを用いた解説内容になっています。

    本書の特長は、Gitの広範な機能のうち「これだけは覚えておきたい機能」に絞り込んで解説している点です。4章構成で、前半(1・2章)ではGitおよびSourceTreeのインストールから、基本的な使い方を紹介しています。後半(3・4章)はGitを活用すると便利な状況にフォーカスしながら、GitとSourceTreeの機能を紹介しています。初心者の方でもGitやSourceTreeを活用する状況をイメージしやすいように、イラストや図、実際のツール画面を豊富に掲載しており、実制作や業務の中に手軽にGitを取り入れ、生産性を向上したいという方に最適の1冊です。  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容
    Gitの使いこなしテクニックを完全網羅

    ※この電子書籍は、「固定レイアウト型」で配信されております。説明文の最後の「固定レイアウト型に関する注意事項」を必ずお読みください。

    Gitの基本操作からGUIツールの使い方まで、Gitのすべてを解説。Webデザイナーやプログラマーなど、Gitの実践的な活用法を知りたい人に最適な一冊です。

    近年のソフトウェア開発やWeb開発において、欠かすことのできないバージョン管理システム。中でもオープンソースのGitは、デザイナーからプログラマーまで多くのユーザーに利用されている注目のツールです。
    本書では、Gitを使い始めた初中級者を対象に、基本操作から実践的な活用法、Git関連ツール/サービスまでを詳しく解説します。また、gitコマンドのリファレンスも掲載するため、突然のトラブルにも対処可能。作業時に必ず手元に置いておきたい一冊です。

    ●目次
    第1章 Gitの基礎知識と準備
    第2章 バージョン管理はじめの一歩
    第3章 Gitにおける分散型バージョン管理
    第4章 リポジトリホスティングサービスGitHub
    第5章 gitコマンドの利用
    第6章 Gitリポジトリの管理
    第7章 さまざまなGit関連サービス/ツール
    第8章 覚えておきたいGit応用操作
    第9章 gitコマンドリファレンス

    固定レイアウト型に関する注意事項(必ずお読みください)
    この電子書籍は、全ページ画像の「固定レイアウト型」で配信されております。以下の点にご注意し、購入前にプレビュー表示をご確認の上、ご購入ください。

    ■使用できない機能
    ・文字拡大(ピンチイン・ピンチアウトは可能ですが、画面におさまらない場合は画面をスワイプ)/文字のコピー/マーク/ハイライト/文字列検索/辞書の参照/Web検索/引用

    ■推奨環境
    ・タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末
    ・Wi-Fiネットワーク経由でのダウンロード(Kindle端末の場合)
     
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容
    Web制作における「GitHub」(ギットハブ)の使い方を、
    実際のワークフローをイメージしながら理解できる解説書です。

    本書を読みながら具体的なシーンを疑似体験すれば、
    GitHubの使い方の流れがスムーズに把握できます。

    「そもそもどんなサービスなのかわからない」「どういうときにどの機能を使えばいいの?」
    「これは正しい使い方なの?」といった使いはじめのころに感じる疑問はもちろん、
    リポジトリの作成から複数デザインの提示、「Pull Request」を使った分担作業まで丁寧に解説。

    無料のGitクライアント「SourceTree」を使った操作方法も掲載しているので、
    コマンドラインでの操作が苦手な人も安心して読み進められます。

    ※本電子書籍は、2016年7月1日発行の紙書籍第1版第2刷を底本に作成しました。  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容

    【本電子書籍は固定レイアウトのため7インチ以上の端末での利用を推奨しております。文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ご購入前に、無料サンプルにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください】

    わかった“つもり”では対処できないGitを使うときの強い味方!

    もともとLinuxOSの大規模プロジェクトの、ソースコード管理ツールとして生まれたGit(ギット)は、いまや開発者にとどまらず、デジタルコンテンツを操作するプロジェクトなら、デザインやエディトリアルの現場でも導入されるほどポピュラーなものになりました。とはいえ、開発者目線のツールですから、その考え方や操作方法、テクニカルタームなどはなかなか理解しにくく、難解なイメージを与えます。とくに、日々の業務で同じようにGitを使用するだけならいいのですが、イレギュラーな操作が必要になったり、いつもどおりやったつもりでミスをしてエラーを吐かれたりすると、一気にお手上げ状態になります。

    そこで本書では、そもそもの使い方から、Gitを使っているときに遭遇しがちなエラーの対処法、より有用な設定ファイルの書き方、使い続ける上で留意しておくべきポイントなどを、Q&A形式で詳解します。「仕事でGitを使っていて、とりあえず使い方はレクチャされたけど、このエラーはどうすればいいの」という、Gitユーザーにおすすめです。

    ※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
    ※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
    ※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
    ※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

     
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容
    バージョン管理システム「Git」の基本や仕組み、GitHubの使い方まで実際に手を動かしながら学ぶ入門書です。突然の人事異動でシステム開発室へ移動になったアリスが、以前からシステム開発室に在籍していて頼りになる同僚ボブに、バージョン管理システムの重要性から、Gitの利点や詳細な使い方まで順番に教えてもらいます。読者のみなさんは、アリスとボブが見せてくれるお手本の真似をしていくことで段階的にGitの使い方をわかりやすく学べます。Gitの概念、プロジェクトの始め方、ボブがアリスのプロジェクトを手伝うときの手順、共通のGitフォルダでの作業、GitHubでのプロジェクト公開、git configの設定など一通りの使用方法などがわかります。

    ※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    本書の内容

    本書は、サイバーエージェントで開発に携わっている著者が、Gitの使い方を速習できるように逆引きという形でわかりやすく解説しています。Gitコマンドとあわせて、GUIツールのSourceTreeでの操作方法も掲載しているので、コマンド入力が苦手という方も安心です。もちろん、Git独特の基本用語や概念についてもきちんと解説していますので、初心者でも理解できる内容になっています。これからGitを使いたいと考えている方におすすめの1冊です。

    ●Chapter 1 Gitの基礎知識
    ●Chapter 2 [逆引き]Gitの準備と基本操作
    ●Chapter 3 [逆引き]リポジトリの操作
    ●Chapter 4 [逆引き]ブランチとタグの操作
    ●Chapter 5 [逆引き]リモートリポジトリの操作
    ●Chapter 6 [逆引き]リポジトリ内を調べる
    ●Chapter 7 困ったときの対応
    ●Appendix GitHub/Bitbucket/参考URL

     
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    発売日 2012/12/07
    (4.8)
    Kindle 864円
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    発売日 2010/02/19
    (4)
    Amazon 3,080円
    本書の内容
    オープンソースの分散バージョン管理システム「Git」の解説書。
    Gitには、開発および共同作業を進めるうえで便利な機能が数多く実装されています。しかし、その柔軟性の高さが原因でGitをどのように使うのが最も効率的か十分に理解していないユーザーが多いのも事実です。
    本書ではGitを使ってソフトウェアの開発プロジェクトを追跡、マージ、管理する方法をステップバイステップで明解かつ丁寧に解説します。読者はGitが持つ多くの機能を効率よく使えるようになるでしょう。
    日本語版では、Gitで日本語を利用する方法、Gitベースの開発プロジェクト用ホスティングサービスであるGitHubについての解説を加筆しました。  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    発売日 2009/09/24
    (3.2)
    Amazon 7,018円
    本書の内容
     
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       

    Git 高評価のおすすめ本 ランキング

    人気 1位
    本書の内容
    ※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
    また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
    お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。


    はじめてチーム開発する人向け!
    Gitのいちばんやさしい入門書

    年々、Git を導入する開発チームは増えてきており、そうした現場で仕事をするデザイナーやプログラマーがGitを使えなければ仕事になりません。
    本書は、そうした「もうGitから逃れられない人たち」のための入門書です。

    【読者対象】
    ・そもそもGitって何?という方
    ・自分の操作がどんな影響を及ぼすか不安な方
    ・ブランチの動きが分からず不安という方
    ・プルとフェッチの違いって何?という方
    ・コミットやマージのタイミングが不安な方
    ・Gitで小規模なチームを立ち上げる予定の開発者
    ・進捗管理を効率化したい開発リーダー&マネージャー

    【特長】
    ・プログラマー、デザイナー、開発リーダーごとの役割分担が分かる
    ・操作によるデータの流れをすべて図解によってビジュアル化
    ・実務でよく使う機能を厳選、徹底的に分かりやすく解説
    ・実務でぶつかりがちなエラーへの解決策をパターン別に解説
    ・メンバーへの配慮・マナー・ルールなど「運用のコツ」を解説
    ・GitホスティングサービスはGitHubを例に解説

    プログラマーとして活躍する著者が、その豊富な経験を踏まえた上で、「現場で必要となる操作・機能」を厳選し、やさしく解説。トラブルシューティングも多数用意しました。

    もはや、Gitはチーム開発には欠かせません。

    本書で解説する操作はすべて1人で試し、学習できますので、Gitがはじめての方はここからスタートしてみてはいかがでしょうか。

    最速で基礎固めを行いたいプログラマーやデザイナー、開発リーダー、開発マネージャーの方におすすめです!  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    人気 2位
    本書の内容
    マンガと実践で学ぶGitの入門書が最新情報に対応して改訂しました!
    Gitの概念はもちろん、GitHubについても丁寧に解説しています。これからGitを使い始める人にオススメの1冊です。
    本書ではクリック操作でGitを使えるSourceTreeを中心に解説しているので、初心者でも安心です。

    はじめにより抜粋
    ■せっかく学ぶなら、やっぱり楽しい方がいい

    「Gitって難しそう」
    「勉強しようとは思っているけど、なかなか一歩が踏み出せない」

    そんな方のために、楽しくGitを理解できる本を作りました。

    ・個性的なキャラクターたちが登場するマンガ
    ・感覚的にわかる図解
    ・丁寧な実践パート

    上記3つの特長で、Gitを無理なく学べます。
    仕事に必要な基本の使い方はもちろん、サンプルデータが使えるので、プルリクエストの練習・GitHub PagesでのWebページ公開もできます!

    ■こんな人におすすめ
    新入社員……Gitが使えて当たり前の会社に就職したので、勉強したい
    Webデザイナー・コーダー……エンジニアと一緒に、Gitで共同作業したい
    Gitに乗り換えたいエンジニア ……今まで使っていたバージョン管理システムから、Gitに乗り換えたい
    小さな会社のWeb担当……そろそろ手動バックアップを卒業したい
    企画・営業担当……制作側のことも知っておきたい

    ・プロローグ/キャラクター紹介/はじめに
    ●CHAPTER 1 Gitって何?
    ●CHAPTER 2 個人でGitを使ってみよう
    ●CHAPTER 3 複数人でGitを使ってみよう
    ●CHAPTER 4 実用Git ~ こんなときはどうすればいい?
    ●CHAPTER 5 Gitで広がる世界
    ・おわり  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    人気 3位
    発売日 2019/09/28
    (4)
    Amazon 2,420円
    本書の内容
    Gitは、ソフトウェアの開発現場でバージョン管理ソフトとして使われています。しかし、「おまじない」のようにGitのコマンドを使っているだけの人が少なくありません。本書は、Gitの基本的な使い方から、チーム開発で使うための機能「ブランチ」、そして高度なGitコマンドまでを解説した入門書です。さらにGitのブランチモデルである「Git flow」と「GitHub-flow」の二つも紹介。チーム開発の基本スキルが身につきます!  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    人気 4位
    本書の内容
    Git&GitHubのいちばんやさしい本

    Git&GitHubの超入門書です。豊富な図と実際の操作手順を解説しているので、たった1日でひととおりGit&GitHubが使えるようになります。  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    人気 5位
    本書の内容
    この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    〈電子書籍版に関する注意事項〉
    本書は固定レイアウト型の電子書籍です。リフロー型と異なりビューア機能が制限されるほか、端末によって見え方が異なりますので、ご購入前にお使いの端末にて「無料サンプル」をお試しください。

    【大ヒット入門書が改訂! Gitの活用法が短時間で身につきます】

    バージョン管理システム「Git」の初心者向け入門書の改訂版。コマンド操作が不要なGUIツール「Sourcetree」と、Gitのホスティングサービス「Bitbucket」を使った活用方法を解説しています。

    本書の特長は、Gitの広範な機能のうち「これだけは押さえておきたい基本」に絞り込んで解説している点。前半では、GitおよびSourcetreeのインストールから、リポジトリの作成方法、コミット、プッシュとプルといった基本的な使い方をマスターします。後半では、Gitを活用すると便利な状況にフォーカスしながら、GitとSourcetreeの実践的な活用法を紹介しています。

    初心者の方がGitやSourcetreeの活用シーンをイメージしやすいよう、イラストや図、実際の操作画面を豊富に掲載しており、実制作や業務の中に手軽にGitを取り入れ、生産性を向上したい方に最適です。

    ※本書で使用しているSourcetreeのバージョンはWindowsで3.1.3、macOSで3.1.2です。GitのバージョンはWindowsでは2.21.0、macOSでは2.20.1を使用しています。

    〈本書の内容〉
    Chapter 1 バージョン管理の基本
    Chapter 2 Gitの基本的な使い方
    Chapter 3 複数メンバーでの運用
    Chapter 4 Gitを使った実践開発  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    人気 6位
    本書の内容
    Gitは、業界の最先端を行く便利なバージョン管理ツールです。簡単に習得できるように見えますが、実はきちんと使いこなすのが難しいツールでもあります。本書は、Gitに興味がある人向けにインストールから使い方、よく遭遇するトラブルの解決方法などのノウハウを徹底的に学ぶ逆引き入門書です。「コミットをやり直したい」「ログを変更したい」「マージしていないブランチを消しちゃった」など、あなたのGitとGitHubの悩みが解消します。

    ※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。  
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       
    人気 7位
    本書の内容

    この商品は固定レイアウト作成されており、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能はご利用いただけません。


    本書は、プログラミングをしないMacユーザーをとくに意識した、Gitの入門書です。
    Gitの知識がまったくない段階から始めて、主要機能をしっかり理解し、GitHubの共有機能までたどり着くことを目標にしています。
    過去に挫折した方や、いまさら人に質問できない方、こっそりマスターして同僚に差をつけたい方にもおすすめです。

    プログラマーの間でGitの人気は高まる一方ですが、「最近では、ノンプログラマーにとってもその利便性が認められてきています。」
    たとえば、ソフトウェア開発のプロジェクトにプログラマー以外の立場で参加する場合や、
    そもそもプログラムではない一般的な文書作成の目的で、Gitの基礎知識を必要とされるケースが増えてきています。

    しかしGitはもともと大規模なソフトウェア開発のために作られたもので機能が多く、
    独特な用語が多い上に、ほとんどの解説書では読者がプログラマーであることを前提にしているため、
    ノンプログラマーにとっては最初の手掛かりにさえ悩むケースがあります。


    【本書の執筆方針】
    1. 一般的なMac用アプリケーションと同じ感覚でGitを利用できる「Sourcetree」というアプリケーションを使います。
    「ターミナル」やコマンド入力は扱いませんが、用語や機能を本書で学んでおけば、将来本格的に使いたくなったときにも役立つでしょう。

    2.サンプルには、単純な日本語の文書を使います。
    プログラミングの知識は必要ありませんし、操作結果の変化もわかりやすくしています。

    3. 採りあげるアプリケーションやサービスは、すべて無料です。
    規模が大きくなると有料になるものもありますが、独習や、少人数のプロジェクトであれば費用はかかりません。

     
    内容サンプル
     
    User Voice
     
       

    Copyrights hogehoge